キューバ共和国
日・キューバ外相会談

平成27年5月3日

英語版 (English)

  • 日・キューバ外相会談1
  • 日・キューバ外相会談2

 5月2日(土曜日),キューバを訪問中の岸田文雄外務大臣は,現地時間9時30分頃(日本時間5月3日(日曜日)22時30分頃)から約1時間20分,ブルーノ・エドゥアルド・ロドリゲス・パリージャ外務大臣(H. E. Bruno Eduardo Rodríguez Parilla, Minister for Foreign Affairs of the Republic of Cuba)と日・キューバ外相会談を行いました。会談の概要は以下のとおりです。

1 岸田大臣からは,ロドリゲス大臣との再会を喜ぶと共に,この訪問を機に,両国関係を新しい段階に引き上げたい,そのため,具体的には,本格的な無償資金協力を開始すると伝えるとともに,経済関係を強化するための官民合同会議の立ち上げ,また国際場裡での諸課題についての対話を強化するため,「日・キューバ国連対話」の創設を提案しました。

2 ロドリゲス大臣からは,初めての日本の外務大臣の訪問により,二国間関係が大きく前進するとして,岸田大臣からの提案を歓迎し,国連に関する新たな対話の枠組みの下で緊密に協力していきたい旨の発言がありました。

3 双方は,二国間関係や,安保理改革,軍縮・不拡散等,地域・国際情勢について,幅広く意見交換を行いました。

4 なお,岸田大臣がロドリゲス大臣と会談したのは,今回が3回目となります。


このページのトップへ戻る
キューバ共和国へ戻る