安倍総理大臣

日・コモロ首脳会談

平成25年6月2日

  • 日・コモロ首脳会談
 本2日午前11時30分から約15分間、横浜において、安倍晋三内閣総理大臣は、イキリル・ドイニン・コモロ連合大統領(H.E. Dr. Ikililou Dhoinine, President of the Union of Comoros)との間で日・コモロ首脳会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。なお、イキリル大統領は6月1日から3日まで開催中の第5回アフリカ開発会議(TICADV)に参加するため来日中です。

1. 冒頭、安倍総理から、イキリル大統領の訪日を歓迎するとともに、日・アフリカ双方の発展を目指して、20周年となるTICADを共に成功させたい旨発言しました。これに対してイキリル大統領より、歓迎に感謝するとともに、大統領就任以降、長い歴史のある二国間関係が更に進展していることは喜ばしい旨述べました。

2. 続けて、イキリル大統領から、日本の食糧援助に対する謝意を示しつつ、社会インフラ整備やガバナンス、気候変動への適応等の分野での日本の支援への期待が示されました。また、イキリル大統領から、安倍総理の東アフリカ訪問への期待が表明されました。

3. 安倍総理から、東アフリカ訪問の招待に感謝した上で、二国間及び国際場裡でコモロと緊密な協力関係を維持・発展させたい旨述べました。また、コモロの貧困削減や開発努力を引き続き支援していく旨述べた上で、先般決定した母子保健の支援や水、医療等の支援がコモロの平和と安定に貢献することを期待する旨述べました。

4. この他、アフリカの開発を含む国際場裡における協力等に関し、意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る