ODAと地球規模の課題

持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合(第4回)
及び第1回「ジャパンSDGsアワード」表彰式

平成29年12月26日

1 本26日午前10時20分から約25分間,安倍晋三内閣総理大臣は,菅義偉内閣官房長官,佐藤正久外務副大臣,他国務大臣等の出席のもと,総理大臣官邸において持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合(第4回)及び第1回「ジャパンSDGsアワード」表彰式を開催しました。

2 会合では,2019年に,G20サミットやTICAD等を主催し世界の注目が日本に集まる機会に向けて,日本の「SDGsモデル」を世界に発信することを目指し,その方向性や主要な取組を盛り込んだ『SDGsアクションプラン2018』を決定しました。具体的には,同『アクションプラン』において,(1)SDGsと連動した官民挙げた「Society 5.0」の推進,(2)SDGsを原動力とした地方創生,(3)SDGsの担い手である次世代・女性のエンパワーメントを柱として掲げるとともに,政府による主要な取組を打ち出しました。

 出席した,佐藤副大臣(副本部長である外務大臣代理),麻生太郎副総理兼財務大臣,野田聖子総務大臣,林芳正文部科学大臣,鈴木俊一国務大臣,世耕弘成経済産業大臣,上川陽子法務大臣,加藤勝信厚生労働大臣,江﨑鐵磨国務大臣,梶山弘志国務大臣,松山政司国務大臣,中川雅治環境大臣,齋藤健農林水産大臣,牧野京夫国土交通副大臣の計14名から,それぞれの府省のSDGsの実施に向けた取組や今後の意気込み等について発言がありました。

 会合の最後に,安倍総理大臣は,少子高齢化やグローバル化の中で,SDGsの推進を通じて実現できる「豊かで活力ある未来像」を,世界に先駆けて示していきたい旨述べました。また,安倍総理大臣から,来年年央に予定される次回会合までに,同『アクションプラン』の実施に注力しつつ,更なる取組の具体化と拡充を進めるよう指示がありました。

3 第1回「ジャパンSDGsアワード」表彰式では,安倍総理大臣からの挨拶や,アントニオ・マヌエル・デ・オリヴェイラ・グテーレス国連事務総長からの祝辞に続き,SDGs達成に資する優れた国内外の取組を行っている企業・団体を表彰しました。安倍総理大臣による本部長賞は,北海道下川町に,官房長官及び外務大臣による副本部長賞は,NPO法人しんせい,パルシステム生活協同連合会,金沢工業大学(以上,官房長官から),サラヤ株式会社,住友化学株式会社(以上,外務大臣から)に授与されました。また,SDGsパートナー賞(特別賞)が,吉本興業株式会社,株式会社伊藤園,江東区立八名川小学校,国立大学法人岡山大学,公益財団法人ジョイセフ,福岡県北九州市に授与されました。

  • 画像1
    挨拶する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    賞状を授与する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    記念撮影
    (写真提供:内閣広報室)

このページのトップへ戻る
ODAと地球規模の課題へ戻る