よくある質問集

外交政策

よくある質問集トップへ


問1.日本の外交政策の主要課題は何ですか。またそれらの課題に対してどのように臨むのですか。

 現在、我が国は、日米同盟の強化、北朝鮮問題への対応や中国、韓国、ロシアなど周辺諸国との関係強化、国連改革、テロとの闘い、中東における平和の定着、我が国経済に望ましい環境の整備等の様々な外交課題に直面しております。
 このような認識の下、政府として、我が国の国益を守り増進すること、すなわち、何よりも我が国の安全と繁栄を確保し、国民の生命及び財産を守ることが外交上の最優先課題であると考えており、そのため、国際社会全体の平和、安定、繁栄を確保するための外交を積極的に展開しています。

このページのトップへ

問2.日本の外交には戦略が無いという批判がありますが、外務省はこの点に関してどんな取り組みをしているのですか。

 日本の外交の目標は、国益すなわち何よりも日本及び日本国民の安全と繁栄を確保することであり、外務省では、この目標の実現のため、その時々の国際情勢のみならず、中長期的観点に立った理念・戦略をも念頭に置き、外交を展開しています。
 具体的には、2004年の機構改革により総合外交政策局を筆頭局とし、複数の「外交政策調整官」の配置により政策調整機能を強化しつつ、中長期的な政策の企画立案を担う政策企画室を再編する等して、引き続き戦略的外交の強化に努めています。

このページのトップへ

問3.外務省職員に外交政策について講演してほしいのですが、どこに問い合わせれば良いのですか。

 日本国内での講演については、国内広報室講演企画班(電話03-3580-3311 内線3849)までご連絡下さい。

このページのトップへ

問4.外交政策についての意見・要望はどこに送れば良いでしょうか。

 外交政策に関するご意見につきましては、「ご意見・ご感想コーナー」で、皆様からのご意見を受け付けております。

このページのトップへ

問5.外交について勉強したいのですが、どのような出版物があるのか教えてください。

 外務省が発行している定期刊行物、パンフレット等は、外務省ホームページの広報・出版、ODA関係はODA資料・統計で確認することができます。
 各府省が作成している「白書」にあたるものは、「外交青書」と呼ばれています。1年間の国際情勢や日本の外交活動について記述している他、国際的に活躍している方々からの投稿記事をコラムとして掲載しています。
 なお、ODAについては「政府開発援助(ODA)白書」、「政府開発援助(ODA)国別データブック」が刊行されています。
 ODA白書は、日本の援助方針、年度毎の援助実績、各種統計等を記載しており、国別データブックは、各地域、各国に対する我が国のODAの考え方、及び案件リストやプロジェクト所在図を含む援助実績等を記載しています。
 外交青書及びODA白書は、政府刊行物サービス・センターあるいはお近くの書店等にお問い合わせの上お求め下さい(外務省では販売を行っていません)。
 なお、過去の外務省の活動に関しては、外務省が編纂・刊行している『日本外交文書』があります。『日本外交文書』は、明治期以降の主要な外交文書を編年体や特集形式により編纂した外交史料集です。『日本外交文書』の紹介及び年度別刊行実績一覧については、こちらをご覧ください。

このページのトップへ


 
目次へ戻る