アフガニスタン・イスラム共和国
アフガニスタン・イスラム共和国(Islamic Republic of Afghanistan)

基礎データ

平成27年10月27日

  • アフガニスタン・イスラム共和国国旗

一般事情

1 面積

652,225平方キロメートル(日本の約1.7倍)

2 人口

2,860万人(2015-16年推定値、2014-15年アフガニスタン中央統計局 Afghanistan Statistical Yearbook)

3 首都

カブール

4 人種

パシュトゥーン人、タジク人、ハザラ人、ウズベク人等

5 言語

公用語であるダリー語、パシュトゥー語の他、ハザラ語、タジク語等

6 宗教

イスラム教(主にスンニー派のハナフイ学派であるが、ハザラ人はシーア派)

7 略史

 長年の他民族による支配の後、1747年ドゥラーニー王朝成立。バラクザイ王朝(1826~1973年)下の1880年、英国の保護領となるが、1919年独立を達成。1973年7月共和制に移行後、1978年4月軍部クーデターにより人民民主党政権成立。1979年12月ソ連の軍事介入のもとカルマル政権成立。1986年5月ナジブラが書記長就任。1989年2月ジュネーブ合意に基づき、駐留ソ連軍の撤退完了。1992年4月ムジャーヒディーン・ゲリラ勢力の軍事攻勢によりナジブラ政権が崩壊し、ムジャーヒディーン政権が成立するが、各派間の主導権争いにより内戦状態が継続。1994年頃から、イスラムへの回帰を訴えるタリバーンが勢力を伸ばし、1996年9月に首都カブールを制圧、1999年までには国土の9割を支配するに到った。2001年10月より、米国同時多発テロ事件を機とする米・英等によるアル・カーイダ及びタリバーンに対する軍事行動が行われ、12月には北部同盟等がタリバーン支配地域を奪還した。アフガニスタン各派の代表は今後の和平プロセスに関する合意を達成し(ボン合意)、2002年6月にはこの合意に基づき緊急ロヤ・ジェルガが開催され、カルザイ暫定政権議長を大統領とする移行政権が成立した。ボン合意の要請を受け、安保理決議により国際治安支援部隊(ISAF)の設立が承認され、アフガニスタン国内の治安維持について同国政府を支援することになった。その後、憲法制定ロヤ・ジェルガの開催により、2004年1月に新しい憲法が制定された。同年10月9日に第一回大統領選挙が行われ、カルザイ大統領が当選(12月7日、大統領就任式典)。2009年8月、第二回大統領選挙が実施され、カルザイ大統領は当選の要件である過半数の得票に届かなかったものの、対立候補が決選投票を辞退したために再選(同年11月19日大統領就任式典)。2014年の第三回大統領選挙は、4月5日の第一回投票と6月14日の決選投票を経ても当選者が決まらず、決選投票で劣勢となったアブドッラー・アブドッラー候補(元外相)支持者が、アシュラフ・ガーニ候補(元財務相)側による不正投票を厳しく追及して投票結果を受け入れなかったことから、事態が緊迫化した。ケリー米国務長官が二度カブールを訪問し仲介に乗り出した結果、9月29日、ガーニ候補が大統領、アブドッラー候補が新設の行政長官のポストに就任して政治権力を分け合う国家統一政府(National Unity Government)が発足した。アフガニスタン史上初めての民主的な政権交代が実現した。2014年末、ISAFからアフガニスタン治安部隊に治安権限が委譲され、翌2015年からアフガニスタン政府が自らの治安に責任を負うことになった。

政治体制・内政

1 和平プロセス

(1)ボン合意(2001年12月5日)
 国連の呼びかけで開催されたアフガニスタン各派代表者会議において達成。
1)暫定行政機構、緊急ロヤ・ジェルガ招集のための特別独立委員会、最高裁判所からなる暫定政権を設立。
2)暫定政権はアフガニスタンの主権を有し、対外的にアフガニスタンを代表する。
3)暫定政権設立後6ヶ月以内に緊急ロヤ・ジェルガを招集。移行政権を決定。
4)移行政権設立後18ヶ月以内の憲法制定ロヤ・ジェルガ招集、緊急ロヤ・ジェルガ開催から2年以内の選挙を経て、国民を完全に代表する政権樹立。
(2)暫定政権発足
 2001年12月22日に暫定政権が発足。
 暫定行政機構は、カルザイ議長以下、5名の副議長を含む30名の閣僚で構成。
(3)緊急ロヤ・ジェルガ(2002年6月11~19日)
 6月11日~19日まで、カブールにおいて緊急ロヤ・ジェルガ(代議員1,650名が参加)が開催され、1)カルザイ暫定政権議長がアフガニスタン移行政権の大統領に選出され、2)移行政権主要閣僚及び最高裁判所長官の人事が承認された。
(4)憲法制定ロヤ・ジェルガ(2003年12月14日~2004年1月4日)
 アフガニスタン全土から502名の代議員が出席し、憲法制定ロヤ・ジェルガが行われ、民主的な手続きを通じて新しいアフガニスタンの憲法が採択(同月26日発布)された。
(5)大統領選挙(2004年10月9日)
 アフガニスタン全土およびイラン、パキスタンで投票が実施され、11月3日、カルザイ大統領が55.4%を得票して当選した。
(6)国会下院・県議会選挙(2005年9月18日)
 アフガニスタン全土で実施され、下院議員249人と県議会議員420人が当選した。得票率は約50%。同年12月19日の国会開会をもってボンプロセスは完了した。
(7)大統領選挙(2009年8月20日)
 アフガニスタン全土で実施。カルザイ大統領をはじめとするいずれの候補者も当選の要件である過半数の得票に届かなかったものの、対立候補(アブドッラー元外相)が決選投票を辞退したためにカルザイ大統領が再選した。
(8)国会下院選挙(2010年9月18日)
 アフガニスタン全土で実施され、下院議員249人が当選した。2011年1月26日に国会が開会。
(9)大統領選挙・県議会選挙(2014年4月5日 第一回投票、6月14日 大統領選挙 決選投票)
 アフガニスタン全土で実施。カルザイ大統領は、憲法上3選が禁止されているため立候補せず。投票不正疑惑による混乱を経て、ガーニ大統領とアブドッラー行政長官が政治権力を分け合う国家統一政府が成立。

2 政体

共和制

3 元首

アシュラフ・ガーニ大統領

4 議会

  • 上院(定数、102議席、県議会(任期4年)及び郡議会(任期3年)から選出される各34名と大統領が指名する34名(任期5年)により構成)
  • 下院(任期5年、最大議席数250、現議員数は249)

経済

1 主要産業

サービス産業(GDP寄与率 51.3%)、農業(同 24.3%)、鉱工業・製造業(同 20.9%)(2014-15年アフガニスタン中央統計局 Afghanistan Statistical Yearbook)

2 GDP

210億ドル(同上)

3 経済成長率

2.2%(同上)

4 物価上昇率

6.4%(2012-13年:アフガニスタン中央統計局 Afghanistan Statistical Yearbook)

5 失業率

不明

6 総貿易額

  • (輸出) 5.71億ドル(2014-15年:アフガニスタン中央統計局 Afghanistan Statistical Yearbook)
  • (輸入) 77.29億ドル(同上)

7 主要貿易品

  • (輸出) じゅうたん、レーズン、ピスタチオ、甘草、羊毛、干しイチジク、アーモンド、羊皮等
  • (輸入) 石油、セメント、鉄棒、電化製品、小麦、機械類等(2012-13年アフガニスタン中央統計局 Afghanistan Statistical Yearbook)

8 主要貿易相手国

  • (輸出) パキスタン、インド、トルコ、イラン、ロシア、アラブ首長国連邦
  • (輸入) パキスタン、アラブ首長国連邦、イラン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、中国(2012-13年アフガニスタン中央統計局 Afghanistan Statistical Yearbook)

9 通貨

アフガニー

10 為替レート

1$=約64アフガニー

11 経済概況

 アフガニスタンでは、20年以上の内戦を通じて経済社会インフラが壊滅的な打撃を受けたが、タリバン政権崩壊後、国際社会の支援を通じて復興が進展。これまでに国家統治機構整備プロセスが完了した他、避難民の帰還(500万人)、教育(就学人数が100万人以下(2001年)から800万人(2011年)等の分野で改善がみられている。他方、同国は依然として最貧国であり、2012年のUNDP人間開発指数でアフガニスタンは187ヶ国中175位。今後の復興・開発に不可欠の基礎的インフラは未だ未整備の部分が多く、麻薬依存経済からの脱却、地方への支援拡大も課題。

経済協力

日本の援助実績

(1)1990年までの累計
(ア)有償資金協力 7.20億円
(イ)無償資金協力 61.90億円
(ウ)技術協力   22.96億円、研修員受入437人、専門家派遣121人等
(2)1997年
緊急無償地震災害0.75億円
(3)1998~1999年:アズラ計画
UNHCR等の国際機関に221万ドル拠出
(4)1999~2001年:拡大アズラ計画
UNHCR等の国際機関に340万ドル拠出
(5)2001年10月~2015年3月
日本のアフガニスタン復興支援
 総額約57.91億ドル(約5,666億円)
(分野:1)政治プロセス・ガバナンス、2)治安改善、3)開発・復興支援、4)人道支援)。
(内訳)
1 政治プロセス・ガバナンス:総額約8億9,330万ドル
(ア)アフガニスタン政府の行政経費支援:約7億2,358万ドル
(イ)メディア支援:約2,613万ドル
(ウ)選挙支援:約1億2,721万ドル
(エ)国勢調査:約1,638万ドル
2 治安改善:総額約17億1,105万ドル
(ア)DDR、DIAG、再統合約3億3,104万ドル
(イ)地雷除去:約7,775万ドル
(ウ)警察支援:約12億1,639万ドル
(エ)麻薬対策・国境管理:約7,419万ドル
(オ)弾薬管理:約380万ドル
(カ)刑事司法:約788万ドル
3 復興支援:総額25億3,361万ドル
(ア)インフラ整備:約7億783万ドル
(イ)保健・医療:約2億3,107万ドル
(ウ)教育:約1億6,882万ドル
(エ)難民・国内避難民支援:約2億4,686万ドル
(オ)農業・農村開発:約3億7,834万ドル
(カ)NGOを通じた支援:約1億9,653万ドル
(キ)JICAによる技術協力:約4億9,057万ドル
(ク)その他:約1億1,359万ドル
4 人道支援:総額約6億5,334万ドル

二国間関係

1 政治関係

  • (1)1930年11月19日、修好条約署名(1931年7月26日発効)。1979年12月以降アフガニスタンの累次政権を政府として承認していなかったが、2001年12月22日、アフガニスタン暫定政権への政府承認を行った。
  • (2)1934年11月、在カブール日本国公使館開設。(1955年12月、大使館に昇格)。1979年12月以降臨時代理大使レベルであったが、1989年2月より一時閉鎖。2002年2月19日再開(駒野臨時代理大使、4月26日大使に昇格)。
  • (3)1933年10月、在京アフガニスタン公使館開設。(1956年5月、大使館に昇格)。1997年より事実上閉館状態にあったが、2002年12月16日再開。

2 経済関係

対日貿易(出典:財務省貿易統計)
(ア)日本への輸出  5256万3千円(2013年)
(イ)日本からの輸入 61億700万5千円(2013年)

3 日本のアフガニスタン支援(今後の方針)

 2001年以降、我が国はアフガニスタンに対し、総額約57.91億ドルの支援を実施。2012年7月の「アフガニスタンに関する東京会合」において、「2012年より概ね5年間で開発分野及び治安維持能力の向上に対し、最大約30億ドル規模の支援」を行うことを表明。2012年以降これまでに以下の3分野を柱として約24.51億ドルの支援を実施。

(1)アフガニスタン自身の治安能力の向上のための支援
 警察支援(給与、訓練、識字教育)等を実施し、アフガニスタン自身の治安維持能力の向上を支援する。
(2)元タリバーン等兵士の社会への再統合のための支援
 反政府勢力の社会への再統合と長期的な和解のため、元タリバーン等兵士に対する職業訓練、雇用機会創出のための小規模プログラム等に対する支援を行う。
(3)開発:アフガニスタンの持続的・自立的発展のための支援
 アフガニスタンの開発戦略を踏まえ、農業、インフラ整備、人づくりを重視しつつ、教育・保健医療等を含め持続的発展のための支援を行う。

4 文化関係

 日本は、2003年7月のユネスコ世界遺産委員会で世界遺産リストに登録されたバーミヤンの仏教遺跡等、アフガニスタンの文化財の保護に高い関心を有しており、現在、ユネスコを通じて、バーミヤン遺跡保存事業に対する支援を実施中。

 その他、アフガニスタン人留学生の日本への受け入れが活発に行われている(2013年5月1日時点で国費留学生49名を受け入れているほか、私費留学生106名が在籍)。

5 要人往来

(1)往訪
年月 要人名
1971年 皇太子同妃両殿下(当時)
2001年12月 植竹外務副大臣
2002年1月、6月 緒方貞子アフガニスタン支援総理特別代表
2002年4月、8月 松浪外務大臣政務官
2002年5月 川口外務大臣
2002年5月 岸田文部科学副大臣
2002年8月 渡部衆議院副議長
2002年9月 杉浦外務副大臣
2002年12月 新藤外務大臣政務官
2003年7月 緒方貞子アフガニスタン支援総理特別代表
2003年11月 田中外務大臣政務官
2004年7月、12月 逢沢外務副大臣
2004年12月 緒方貞子アフガニスタン支援総理特別代表
2005年4月 町村外務大臣
2006年11月 関口外務大臣政務官(総理特使)
2007年7月 松浪政府特派大使(ザーヒル・シャー国父葬儀参列)
2007年12月 緒方JICA理事長
2008年5月 高村外務大臣
2008年11月 緒方JICA理事長(総理特使)
2009年3月 山崎拓衆議院議員(総理特使)
2009年10月 岡田外務大臣
2009年11月 福山外務副大臣(大統領就任式)
2010年3月 緒方JICA理事長
2010年7月 岡田外務大臣(カブール会議出席)
2012年1月 玄葉外務大臣
2012年5月 山根外務副大臣
2012年6月 山根外務副大臣(イスタンブール・プロセス閣僚級会合出席)
2014年1月 牧野外務大臣政務官
(2)来訪
年月 要人名
2002年1月 カルザイ議長、アルサラ副議長、アブドラ外相
2002年4月 アミン教育相
2002年7月 ラヒーン情報文化相
2002年12月 アブドラ外相
2003年2月 カルザイ大統領
2003年3月 アブドラ外相
2004年2月 ワルダック殉教者、障害者相
2004年3月 カヌニ教育相
2004年3月 ガーニ財務相
2004年8月 ファエズ高等教育相
2005年5月 アブドラ外相
2005年10月 ラヒーン情報文化相
2006年1月 アハディ財務相
2006年6月 スバンタ外相
2006年7月 カルザイ大統領、ジア農村開発復興相
2006年11月 ムジャディディ上院議長
2007年2月 スタネクザイ大統領顧問
2007年5月 アトマル教育相
2007年6月 ハリリ副大統領、ジア農村開発復興相
2007年11月 アハディ財務相
2008年2月 スパンタ外相他閣僚計13名
2008年11月 アルサラ筆頭大臣
2009年3月 スタネクザイ大統領顧問
2009年3月 ポパル・アフガニスタン独立地方ガバナンス局長官
2010年3月 ラヒーミー農業灌漑牧畜相
2010年3月 ワルダック教育相
2010年6月 カルザイ大統領、ラスール外相、ザヒールワル財務相
スパンタ大統領顧問、スタネクザイ大統領顧問
2011年2月 ダウドザイ大統領府官房長官
2011年12月 ガーニ大統領顧問
2012年2月 ルーディン外務副大臣
2012年7月 カルザイ大統領、ラスール外相、ザヒルワル財務相、スタネクザイ大統領顧問
2012年10月 ザヒルワル財務相
2012年11月 ナジャフィ運輸民間航空相
2013年10月 サンギーン通信相
2014年2月 ザヒルワル財務相
2015年3月 ドゥラニ農村復興開発相
2015年7月 ムラド・アフガニスタン国軍副参謀長
2015年8月 ガーニ大統領夫人

6 外交使節

  • (1)アフガニスタン・イスラム共和国駐箚日本国大使 髙橋博史特命全権大使
  • (2)日本国駐箚 アフガニスタン・イスラム共和国大使 セイエド・ムハンマド・アミーン・ファテミ特命全権大使
このページのトップへ戻る
アフガニスタン・イスラム共和国へ戻る