外務副大臣・外務大臣政務官

牧野外務大臣政務官のグルジア・アルメニア訪問(概要)

平成25年11月22日

  • 大統領就任式
 11月16日から21日まで,牧野たかお外務大臣政務官はグルジアのトビリシ及びアルメニア共和国のエレヴァンを訪問しました。
 グルジアにおいては大統領就任式へ総理特使として出席したほか、マルグヴェラシヴィリ大統領をはじめとする同国政府要人と会談等を行い、アルメニアにおいては、サルグシャン大統領をはじめとする同国政府要人との会談等を行ったところ,概要は以下のとおりです。

(グルジア)
  • マルグヴェラシヴィリ大統領への表敬
  • ガリバシヴィリ次期首相への表敬
  • パンジキゼ外相との会談
  • オルタチャラ地区145幼稚園視察
1 大統領就任式出席
 10月27日に実施された大統領選挙の結果、次期大統領に選出された与党連合「グルジアの夢」のギオルギ・マルグヴェラシヴィリ大統領就任への祝意を伝達するため、総理特使として出席しました。

2 マルグヴェラシヴィリ大統領への表敬
(1) 牧野大臣政務官から、総理特使として安倍総理からの親書を手交しつつ、マルグヴェラシヴィリ大統領就任に対する心からの祝意に加え、大統領の指導の下、日グルジア関係を更に発展させるべく協力していきたいとの、安倍総理の言葉を伝えました。

(2) これに対し、マルグヴェラシヴィリ大統領からは、グルジア国民は日本の伝統文化及び先進的な技術を尊敬している、日本によるグルジアにおける様々な支援プロジェクトに対し個人的に、またグルジア国民を代表して感謝申し上げる旨述べたほか、良好な日グルジア関係を今後更に発展させていきたいとの言葉がありました。

3 ガリバシヴィリ次期首相への表敬
(1) 牧野大臣政務官から、総理特使としてマルグヴェラシヴィリ大統領就任に対する心からの祝意を伝達しつつ、グルジアとのビジネス関係の強化及び経済協力等を通じてグルジアの平和的かつ民主的な発展及び日グルジア間の関係を深化させていきたい旨述べました。

(2) これに対し、ガリバシヴィリ次期首相からは、本年5月のパンジキゼ外相訪日はじめ要人往来が活発化していることは喜ばしい、日本によるグルジアへの経済協力をはじめとする一貫した支援に感謝する、日本企業のグルジアへの投資を歓迎するので、自分(次期首相)が責任を持って日本企業にとり良いビジネス環境を提供したい旨述べました。

4 パンジキゼ外相との会談
(1) 牧野大臣政務官から、本年5月の同外相訪日にも触れつつ、日グルジア間で築いてきた相互の協力関係を更に発展させていきたい、そのための更なる協力の可能性につき検討していきたい旨述べ、国際場裡における協力についても確認しました。

(2) これに対し、パンジキゼ外相からは、今回の訪問に対する謝意に加え、日本からの経済協力をはじめとする支援に対する謝意が表明されたほか、アフガニスタン等についても意見交換を行いました。

5 経済協力案件の視察
 日本政府の草の根・人間の安全保障無償資金協力で平成19年に改修工事を実施した、「オルタチャラ地区第145幼稚園」を視察しました。

(アルメニア)
  • サルグシャン大統領への表敬
  • ナルバンジャン外相との会談
  • マナサリャン外務次官との会談
  • エチミアジン(アルメニア使従教会)訪問
  • ロシア・アルメニア大学視察
  • ひかりセンター視察
1 サルグシャン大統領への表敬
(1) 牧野大臣政務官から、東日本大震災後のアルメニア側主催の追悼行事に、大統領をはじめ多くの要人にも参加していただいたこと、及び昨年6月の大統領訪日の際に被災地を訪問していただいたことについて感謝を伝えました。また、経済協力等を通じ、日アルメニア関係の更に発展させていきたい旨述べました。

(2) これに対し、サルグシャン大統領からは、同国の得意分野であるIT分野をはじめとして、経済・教育等あらゆる分野で二国間関係が発展していることは喜ばしい、日本の支援による様々なプロジェクトは同国にとり非常に重要であり、今後も引き続き支援をお願いしたいとの言葉がありました。

2 ナルバンジャン外相との会談
(1) 牧野大臣政務官から、日アルメニア関係が良好に推移していることは喜ばしいと述べつつ、東日本大震災後のアルメニア側主催の追悼行事に、外相にも参加していただいたこと、及び昨年6月の大統領に同行して訪日された際に被災地を訪問していただいたことについて感謝を伝えました。

(2) これに対し、ナルバンジャン外相からは、日アルメニア関係の発展のためには何でもしたい、日本とは二国間関係のみならず、地域情勢や国際場裡においても協力を深化させていきたい、経済協力に加え、人的・文化交流も更に活性化させていきたいと考えているとの言葉がありました。また、在アルメニア日本大使館の開設の要請がなされたほか、コーカサス地域における諸問題についても話がおよびました。

3 マナサリャン外務次官との会談(同次官主催昼食会)
 双方は、日アルメニア間協力関係の更なる発展について幅広く意見交換を行い、両国外務省間で定期的に実施している政務協議の場を通じ、地域における協力関係を一層進めていくことで一致しました。

4 エチミアジン(アルメニア正教総本山)訪問
 ムシェフ・アルメニア使従教会大主教に対し、2011年の東日本大震災の際にアルメニアから受けた支援、及びガレギンII世・アルメニア使従教会総主教が主催した震災犠牲者の追悼行事に対する感謝の言葉を伝えました。

5 ロシア・アルメニア大学視察
 同大学の副学長及びアルメニアにおける日本語教師会会長を務めるカラミャン女史の案内のもと、同大学で日本語を学ぶ学生との交流を行ったほか、日アルメニアの教育分野における協力について、同大学幹部との意見交換を行いました。

6 ひかりセンター視察
 アルメニアにおいて日本文化の普及活動に恒常的に取り組む唯一の団体である日本科学・教育・文化センター「ひかり」(平成25年度草の根・文化無償資金協力によって改修及び必要機材を供与)を訪問し、日本の情報・文化の発信に務めるアルメニア人スタッフに感謝を述べるとともに、日本語文化普及のための書籍等の寄贈しつつ激励を行いました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
外務副大臣・外務大臣政務官へ戻る