ツバル

日・ツバル首脳会談

平成27年5月23日

英語版 (English)

 本23日,午後3時08分から約15分間,安倍晋三内閣総理大臣は,第7回太平洋・島サミット(PALM7)出席のため福島県いわき市滞在中のエネレ・ソシネ・ソポアンガ・ツバル首相(Hon. Enele Sosene SOPOAGA, Prime Minister of Tuvalu)と首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1  安倍総理大臣から,今年3月の選挙を経たソポアンガ首相の首相再任に祝意を表明しました。また,東日本大震災の際の支援に改めて謝意を表明するとともに,力強く復興するいわき市において,太平洋島しょ国との新たなパートナーシップの幕開けにふさわしいサミットを開催できたことへの謝意を示しました。

2  これに対し,ソポアンガ首相から,再任への祝意に謝意を表明するとともに,日本からの多様な分野に亘る長年の支援への感謝の意が述べられ,友好関係にある両国関係を人的交流等を通じて一層強化させたいと述べました。また,成功に終わったPALM7への高い評価が示されました。

3  また,安倍総理大臣から,気候変動対策のため1億円の資金協力を行う考えを表明し,ツバルの持続可能な開発を引き続き力強く支援していく旨述べました。これに対し,ソポアンガ首相から謝意が表明されるとともに,COP21に向け,気候変動分野でも日本と協力していきたいとの意向が示されました。

4  さらに,両首脳は,国連安保理改革等の国際社会における課題及び協力について意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
ツバルへ戻る