ニュージーランド

日・ニュージーランド外相会談

平成26年11月8日

英語版 (English)

  • (写真1)
  • (写真2)

 11月8日(土曜日)9時15分から約40分間,APEC閣僚会議出席のため北京を訪問中の岸田文雄外務大臣は,マレー・マカリー・ニュージーランド外務大臣(Hon. Murray McCully, Minister of Foreign Affairs of New Zealand)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 岸田大臣から,先般のNZ議会総選挙での国民党の勝利とマカリー大臣の再任に祝意を表しつつ,日NZ関係の更なる発展のために共に尽力したい旨述べたところ,マカリー大臣から,謝意及び賛意が示されました。
  2. 両大臣は,経済,安全保障・防衛協力,スポーツ・人物交流を含む様々な分野において,7月の日・NZ首脳会談の成果をしっかりとフォローアップし,基本的価値を共有する両国間の「戦略的協力パートナーシップ」を更に強化していくことを確認しました。
  3. 岸田大臣から,ニュージーランドが2015年から2016年の任期で国連安保理非常任理事国に選出されたことに祝意を示したのに対し,マカリー大臣から謝意が示されました。両大臣は,安保理改革を含め,国連の場で引き続き協力していくことで一致しました。
  4. 両大臣は,ISILやエボラ出血熱等の地球規模課題についても,国際社会と共に連携し,協力して取り組んでいくことを確認しました。

このページのトップへ戻る
ニュージーランドへ戻る