経済上の連携に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の協定(本文:一章~六章)
     経済上の連携に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の協定
AGREEMENT BETWEEN JAPAN AND THE SOCIALIST REPUBLIC OF VIET NAM
FOR AN ECONOMIC PARTNERSHIP

  目次
Table of Contents

    前文
Preamble

    第一章 総則    
      第一条 目的
      第二条 一般的定義
      第三条 透明性
      第四条 公衆による意見提出の手続
      第五条 行政上の措置に関連する手続
      第六条 秘密の情報
      第七条 租税
      第八条 一般的例外及び安全保障のための例外
      第九条 他の協定との関係
      第十条 実施取極
      第十一条 合同委員会
      第十二条 両締約国間の連絡
Chapter 1 	General Provisions
	Article 1 	Objectives
	Article 2 	General Definitions
	Article 3 	Transparency
	Article 4 	Public Comment Procedures
	Article 5 	Administrative Procedures
	Article 6 	Confidential Information
	Article 7 	Taxation
	Article 8 	General and Security Exceptions
	Article 9 	Relation to Other Agreements
	Article 10 	Implementing Agreement
	Article 11 	Joint Committee
	Article 12 	Communications

                第二章 物品の貿易
      第十三条 定義
      第十四条 物品の分類
      第十五条 内国民待遇
      第十六条 関税の撤廃又は引下げ
      第十七条 関税上の評価
      第十八条 輸出補助金
      第十九条 非関税措置
      第二十条 二国間セーフガード措置
      第二十一条 国際収支の擁護のための措置
      第二十二条 包括的な経済上の連携に関する日本国及び東南アジア諸国連合構成国の間の協定との関係
Chapter 2 	Trade in Goods
	Article 13 	Definitions
	Article 14 	Classification of Goods
	Article 15 	National Treatment
	Article 16 	Elimination or Reduction of Customs Duties
	Article 17 	Customs Valuation
	Article 18	Export Subsidies
	Article 19 	Non-tariff Measures
	Article 20 	Bilateral Safeguard Measures
	Article 21 	Measures to Safeguard the Balance of Payments
	Article 22 	Relation to the Agreement on Comprehensive Economic Partnership among Japan and Member States of the Association of Southeast Asian Nations

    第三章 原産地規則
      第二十三条 定義
      第二十四条 原産品
      第二十五条 完全に得られ、又は生産される産品
      第二十六条  完全には得られず、又は生産されない産品
      第二十七条 原産資格割合の      算定
      第二十八条 僅(きん)少の非原産材料
      第二十九条 累積
      第三十条 原産資格を与えることとならない作業
      第三十一条 直接積送
      第三十二条 こん包材料及びこん包容器
      第三十三条 附属品、予備部品、工具及び解説資料その他の資料
      第三十四条 間接材料
      第三十五条 同一の又は交換可能な材料
      第三十六条 運用上の証明手続
      第三十七条 原産地規則に関する小委員会
Chapter 3 	Rules of Origin
	Article 23 	Definitions
	Article 24 	Originating Goods
	Article 25 	Goods Wholly Obtained or Produced
	Article 26 	Goods Not Wholly Obtained or Produced
	Article 27 	Calculation of Local Value Content
	Article 28 	De Minimis
	Article 29 	Accumulation
	Article 30 	Non-qualifying Operations
	Article 31 	Direct Consignment
	Article 32 	Packing Materials and Containers
	Article 33 	Accessories, Spare Parts, Tools, and Instructional or Other Information Materials
	Article 34 	Indirect Materials
	Article 35 	Identical and Interchangeable Materials
	Article 36 	Operational Certification Procedures
	Article 37 	Sub-Committee on Rules of Origin

    第四章 税関手続
      第三十八条 適用範囲
      第三十九条 定義
      第四十条 透明性
      第四十一条 通関
      第四十二条 通過物品
      第四十三条 協力及び情報の交換
      第四十四条 税関手続に関する小委員会
Chapter 4 	Customs Procedures
	Article 38	Scope
	Article 39	Definitions
	Article 40	Transparency
	Article 41	Customs Clearance
	Article 42	Goods in Transit
	Article 43	Cooperation and Exchange of Information
	Article 44	Sub-Committee on Customs Procedures

    第五章 衛生植物検疫措置
      第四十五条 適用範囲
      第四十六条 権利及び義務の再確認
      第四十七条 照会所
      第四十八条 衛生植物検疫措置に関する小委員会
      第四十九条 第十三章の規定の不適用
Chapter 5 	Sanitary and Phytosanitary Measures
	Article 45 	Scope
	Article 46 	Reaffirmation of Rights and Obligations
	Article 47 	Enquiry Points
	Article 48 	Sub-Committee on Sanitary and Phytosanitary Measures
	Article 49 	Non-application of Chapter 13

    第六章 強制規格、任意規格及び適合性評価手続
      第五十条 目的
      第五十一条 適用範囲
      第五十二条 権利及び義務の再確認
      第五十三条 協力
      第五十四条 照会所
      第五十五条 強制規格、任意規格及び適合性評価手続に関する小委員会
      第五十六条 第十三章の規定の不適用
Chapter 6 	Technical Regulations, Standards, and Conformity Assessment Procedures
	Article 50 	Objectives
	Article 51 	Scope
	Article 52 	Reaffirmation of Rights and Obligations
	Article 53 	Cooperation
	Article 54 	Enquiry Points
	Article 55 	Sub-Committee on Technical Regulation Standards, and Conformity Assessment Procedures
	Article 56 	Non-application of Chapter 13

    第七章 サービスの貿易
      第五十七条 適用範囲
      第五十八条 定義
      第五十九条 市場アクセス
      第六十条 内国民待遇
      第六十一条 追加的な約束
      第六十二条 特定の約束に係る表
      第六十三条 最恵国待遇
      第六十四条 特定の約束に係る表の修正
      第六十五条 資格、技術上の基準及び免許
      第六十六条 承認
      第六十七条 独占及び排他的なサービス提供者
      第六十八条 支払及び資金の移転
      第六十九条 国際収支の擁護のための制限
      第七十条 利益の否認
      第七十一条 サービスの貿易に関する小委員会
      第七十二条 約束の見直し
      第七十三条 セーフガード措置
Chapter 7	Trade in Services
	Article 57 	Scope
	Article 58	Definitions
	Article 59	Market Access
	Article 60	National Treatment
	Article 61	Additional Commitments
	Article 62	Schedule of Specific Commitments
	Article 63	Most-Favored-Nation Treatment
	Article 64	Modification of Schedules
	Article 65	Qualifications, Technical Standards, and Licensing
	Article 66	Recognition
	Article 67	Monopolies and Exclusive Service Suppliers
	Article 68	Payments and Transfers
	Article 69	Restrictions to Safeguard the Balance of Payments
	Article 70	Denial of Benefits
	Article 71	Sub-Committee on Trade in Services
	Article 72	Review of Commitments
	Article 73	Emergency Safeguard Measures

    第八章 自然人の移動
      第七十四条 適用範囲
      第七十五条 定義
      第七十六条 特定の約束
      第七十七条 要件及び手続
      第七十八条 自然人の移動に関する小委員会
      第七十九条 追加的な交渉
Chapter 8	Movement of Natural Persons
	Article 74	Scope

	Article 75	Definitions

	Article 76	Specific Commitments

	Article 77	Requirements and Procedures

	Article 78	Sub-Committee on Movement of Natural Persons

	Article 79	Further Negotiations

    第九章 知的財産
      第八十条 一般規定
      第八十一条 内国民待遇
      第八十二条 最恵国待遇
      第八十三条 手続事項の簡素化及び調和
      第八十四条 透明性
      第八十五条 知的財産の保護についての啓発の促進
      第八十六条 特許
      第八十七条 意匠
      第八十八条 商標
      第八十九条 著作権及び関連する権利
      第九十条 植物の新品種
      第九十一条 地理的表示
      第九十二条 不正競争
      第九十三条 国境措置に係る権利行使
      第九十四条 民事上の救済に係る権利行使
      第九十五条 刑事上の制裁に係る権利行使
      第九十六条 協力
      第九十七条 知的財産に関する小委員会
      第九十八条 安全保障のための例外
Chapter 9	Intellectual Property
	Article 80	General Provisions
	Article 81	National Treatment
	Article 82	Most-Favored-Nation Treatment
	Article 83	Streamlining and Harmonization of Procedural Matters
	Article 84	Transparency
	Article 85	Promotion of Public Awareness Concerning Protection of Intellectual Property
	Article 86	Patents
	Article 87	Industrial Designs
	Article 88	Trademarks
	Article 89	Copyright and Related Rights
	Article 90	New Varieties of Plants
	Article 91	Geographical Indications
	Article 92	Unfair Competition
	Article 93	Enforcement – Border Measures
	Article 94	Enforcement – Civil Remedies
	Article 95	Enforcement – Criminal Remedies
	Article 96	Cooperation
	Article 97	Sub-Committee on Intellectual Property
	Article 98	Security Exceptions

    第十章 競争
      第九十九条 反競争的行為に対する取組による競争の促進
      第百条 定義
      第百一条 反競争的行為に対する取組による競争の促進に関する協力
      第百二条 技術協力
      第百三条 第六条3及び第十三章の規定の不適用
      第百四条 雑則
Chapter 10	Competition
	Article 99	Promotion of Competition by Addressing Anti-competitive Activities
	Article 100	Definitions
	Article 101	Cooperation on Promoting Competition by Addressing Anti-competitive Activities
	Article 102	Technical Cooperation
	Article 103	Non-application of Paragraph 3 of Article 6 and Chapter 13
	Article 104	Miscellaneous

    第十一章 ビジネス環境の整備
      第百五条 基本原則
      第百六条 政府調達
      第百七条  ビジネス環境の整備に関する小委員会
      第百八条 協議の場
      第百九条 連絡事務所
      第百十条 第十三章の規定の不適用
Chapter 11	Improvement of the Business Environment
	Article 105	Basic Principles
	Article 106	Government Procurement
	Article 107	Sub-Committee on Improvement of the Business Environment
	Article 108	Consulting Fora
	Article 109	Liaison Office
	Article 110	Non-application of Chapter 13

    第十二章 協力
      第百十一条 基本原則
      第百十二条 協力の範囲及び形態
      第百十三条 実施
      第百十四条 協力に関する小委員会
      第百十五条 次章の規定の不適用
Chapter 12	Cooperation
	Article 111	Basic Principles
	Article 112	Areas and Forms of Cooperation
	Article 113	Implementation
	Article 114	Sub-Committee on Cooperation
	Article 115	Non-application of Chapter 13

    第十三章 紛争解決
      第百十六条 適用範囲
      第百十七条 協議
      第百十八条 あっせん、調停又は仲介
      第百十九条 仲裁裁判所の設置
      第百二十条 仲裁裁判所の任務
      第百二十一条 仲裁裁判手続
      第百二十二条 仲裁裁判手続の終了
      第百二十三条 裁定の実施
      第百二十四条 費用
Chapter 13	Dispute Settlement
	Article 116	Scope
	Article 117	Consultations
	Article 118	Good Offices, Conciliation, or Mediation
	Article 119 	Establishment of Arbitral Tribunals
	Article 120 	Functions of Arbitral Tribunals
	Article 121 	Proceedings of Arbitral Tribunals
	Article 122	Termination of Proceedings
	Article 123	Implementation of Award
	Article 124 	Expenses

    第十四章 最終規定
      第百二十五条 目次及び見出し
      第百二十六条 附属書及び注釈
      第百二十七条 改正
      第百二十八条 効力発生
      第百二十九条 終了
Chapter 14 Final Provisions
	Article 125 	Table of Contents and Headings
	Article 126 	Annexes and Notes
	Article 127 	Amendment
	Article 128 	Entry into Force
	Article 129 	Termination

    附属書一 第十六条に関する表
    附属書二 品目別規則
    附属書三 運用上の証明手続
    附属書四 金融サービス
    附属書五 第六十二条に関する特定の約束に係る表
    附属書六 第六十三条に関する最恵国待遇の免除に係る表
    附属書七 自然人の移動に関する特定の約束
Annex 1	Schedules in relation to Article 16
Annex 2	Product Specific Rules
Annex 3	Operational Certification Procedures
Annex 4	Financial Services
Annex 5	Schedules of Specific Commitments in relation to Article 62
Annex 6	Lists of Most-Favored-Nation Treatment Exemptions in relation to Article 63
Annex 7	Specific Commitments for the Movement of Natural Persons

      前文
Preamble

   日本国及びベトナム社会主義共和国(以下この協定において「ベトナム」という。)は、
	Japan and the Socialist Republic of Viet Nam (hereinafter referred to in this Agreement as “Viet Nam”),

   国際化及び技術の進歩によってもたらされる活発なかつ急速に変化する国際環境が、様々な経済上及び戦略上の課題及び機会を両締約国に提示していることを認識し、
	Recognizing that a dynamic and rapidly changing global environment brought about by globalization and technological progress presents various economic and strategic challenges and opportunities to the Parties;

   両締約国間の長年の実り多い互恵的な協力を通じて発展を遂げてきた多年にわたる友好関係並びに強固な経済的及び政治的きずなを意識し、
	Conscious of their longstanding friendship and strong economic and political ties that have developed through many years of fruitful and mutually beneficial cooperation between the Parties;

   そのような二国間関係が貿易の自由化及び円滑化並びに協力を通じた互恵的な経済上の連携を構築することにより高められることを信じ、
	Believing that such a bilateral relationship will be enhanced by forging a mutually beneficial economic partnership through trade liberalization, trade facilitation, and cooperation;

   両締約国間の開発に係る格差を認識し、
	Recognizing the development gap between the Parties;

   経済上の連携が協力の推進に向けた有益な枠組みを提供し、この協定において合意された様々な分野における両締約国の共通の利益に役立ち、並びに経済効率の向上並びに貿易、投資及び人的資源の発展をもたらすことを再確認し、
	Reaffirming that the economic partnership will provide a useful framework for enhanced cooperation and serve the common interests of the Parties in various fields as agreed in this Agreement and lead to the improvement of economic efficiency and the development of trade, investment, and human resources;

   そのような連携が一層拡大された新たな市場を創設し、並びに両締約国の市場の魅力及び活力を高めることを認識し、
	Recognizing that such a partnership will create a larger and new market, and enhance the attractiveness and vibrancy of their markets;

   千九百九十四年四月十五日にマラケシュで作成された世界貿易機関を設立するマラケシュ協定の附属書一A千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定第二十四条及び附属書一Bサービスの貿易に関する一般協定第五条を想起し、
	Recalling Article XXIV of the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 and Article V of the General Agreement on Trade in Services in Annex 1A and Annex 1B, respectively, to the Marrakesh Agreement Establishing the World Trade Organization, done at Marrakesh, April 15, 1994;

   この協定が両締約国間の関係において新たな時代を開くものとなるであろうことを確信し、
	Convinced that this Agreement would open a new era for the relationship between the Parties; and

   両締約国間の経済上の連携のための法的枠組みを設定することを決意して、
	Determined to establish a legal framework for an economic partnership between the Parties;

   次のとおり協定した。
	HAVE AGREED as follows:

Chapter 1
General Provisions
        第一章 総則

Article 1
Objectives
          第一条 目的

	The objectives of this Agreement are to:
   この協定の目的は、次のとおりとする。

	(a)	liberalize and facilitate trade in goods and services between the Parties;
    (a)  両締約国間の物品及びサービスの貿易を自由化し、及び円滑化すること。

	(b)	ensure protection of intellectual property and promote cooperation in the field thereof;
   (b) 知的財産の保護を確保し、及びその分野における協力を促進すること。

    (c) 各締約国における競争法の効果的な執行のための協力及び調整を促進すること。
	(c)	promote cooperation and coordination for the effective enforcement of competition laws in each Party; 

   (d) 両締約国間の自然人の移動を円滑化すること。
	(d)	facilitate the movement of natural persons between the Parties;

   (e)  各締約国におけるビジネス環境を整備すること。
	(e)	improve business environment in each Party;

   (f)  この協定において合意された分野における一層緊密な協力を強化するための枠組みを設定すること。
	(f)	establish a framework to enhance closer cooperation in the fields agreed in this Agreement; and

   (g)  この協定の実施及び紛争解決のための効果的な手続を創設すること。
	(g)	create effective procedures for the implementation of this Agreement and for the settlement of disputes.

          第二条 一般的定義
Article 2
General Definitions

   この協定の適用上、
	For the purposes of this Agreement, the term:

   (a) 「区域」とは、それぞれの締約国について、(i)当該締約国の領域(領海を含む。)並びに(ii)国際法に従い当該締約国が主権的権利又は管轄権を行使する排他的経済水域及び大陸棚をいう。
	(a)	“Area” means with respect to a Party, (i) the territory of the Party, including its territorial sea; and (ii) the exclusive economic zone and the continental shelf with respect to which the Party exercises sovereign rights or jurisdiction in accordance with international law;

        注釈 この(a)の規定は、海洋法に関する国際連合条約を含む国際法に基づく両締約国の権利及び義務に影響を及ぼすものではない。
		Note:	Nothing in this subparagraph shall affect the rights and obligations of the Parties under international law, including those under the United Nations Convention on the Law of the Sea.

   (b) 「税関当局」とは、関税に関する法令の運用及び執行について責任を負う権限のある当局をいう。
	(b)	“customs authority” means the competent authority that is responsible for the administration and enforcement of customs laws and regulations;

   (c) 「サービス貿易一般協定」とは、世界貿易機関設立協定附属書一Bサービスの貿易に関する一般協定をいう。
	(c)	“GATS” means the General Agreement on Trade in Services in Annex 1B to the WTO Agreement;

    (d) 「千九百九十四年のガット」とは、世界貿易機関設立協定附属書一A千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定をいう。この協定の適用上、千九百九十四年のガットの条項を引用する場合には、その解釈に係る注釈を含む。
	(d)	“GATT 1994” means the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 in Annex 1A to the WTO Agreement.  For the purposes of this Agreement, references to articles in the GATT 1994 include the interpretative notes;

    (e) 「統一システム」とは、商品の名称及び分類についての統一システムに関する国際条約附属書に定める商品の名称及び分類についての統一システムであって、両締約国によりそれぞれの国内法の下で採用され、及び実施されるものをいう。
	(e)	“Harmonized System” or “HS” means the Harmonized Commodity Description and Coding System set out in the Annex to the International Convention on the Harmonized Commodity Description and Coding System, and adopted and implemented by the Parties in their respective laws;

   (f) 「両締約国」とは、日本国及びベトナムをいい、「締約国」とは、日本国又はベトナムをいう。
	(f)	“Parties” means Japan and Viet Nam, and “Party” means either Japan or Viet Nam; and

   (g) 「世界貿易機関設立協定」とは、千九百九十四年四月十五日にマラケシュで作成された世界貿易機関を設立するマラケシュ協定をいう。
	(g)	“WTO Agreement” means the Marrakesh Agreement Establishing the World Trade Organization, done at Marrakesh, April 15, 1994.

          第三条 透明性
Article 3
Transparency

  1 各締約国は、法令、行政上の手続、一般に適用される行政上の決定及び司法上の決定並びに自国が締結している国際協定であって、この協定の対象となる事項に関するものを、自国の法令に従って、速やかに公表し、又は公に利用可能なものとする。
1.	Each Party shall, in accordance with its laws and regulations, promptly publish, or otherwise make publicly available, its laws, regulations, administrative procedures, and administrative rulings and judicial decisions of general application as well as international agreements to which the Party is a party, with respect to any matter covered by this Agreement.

  2 各締約国は、1に規定する法令、行政上の手続及び一般に適用される行政上の決定について責任を負う権限のある当局の名称及び所在地を公に利用可能なものとする。
2.	Each Party shall make available to the public the names and addresses of the competent authorities responsible for laws, regulations, administrative procedures, and administrative rulings, referred to in paragraph 1.

  3 一方の締約国は、他方の締約国の要請があった場合には、1に規定する事項に関して、合理的な期間内に、当該他方の締約国の個別の質問に応じ、及び当該他方の締約国に情報を提供する。
3.	Each Party shall, upon request by the other Party, within a reasonable period of time, respond to specific questions from, and provide information to, the other Party with respect to matters referred to in paragraph 1.

  4 各締約国は、この協定の実施及び運用に重大な影響を及ぼす法令又は行政上の手続を導入し、又は変更する場合には、緊急の場合を除くほか、導入され、又は変更された当該法令又は行政上の手続が公表され、又は公に利用可能なものとされる時と、当該法令又は行政上の手続の導入又は変更が効力を生ずる時との間に、自国の法令に従って、適当な期間を置くよう努める。
4.	When introducing or changing its laws, regulations, or administrative procedures that significantly affect the implementation and operation of this Agreement, each Party shall, in accordance with its laws and regulations, endeavor to provide, except in emergency situations, a reasonable interval between the time when such laws, regulations, or administrative procedures as introduced or changed are published or made publicly available and the time when they enter into force.

      第四条 公衆による意見提出の手続
Article 4
Public Comment Procedures

   各締約国政府は、次の事項を行うために、自国の法令に従って、公衆による意見提出の手続を採用し、又は維持するよう努める。
	The Government of each Party shall, in accordance with the laws and regulations of the Party, endeavor to adopt or maintain public comment procedures, in order to:

   (a) この協定の対象となる事項に影響を及ぼす一般に適用される規制を設定し、改正し、又は廃止する場合には、当該規制を事前に公表すること。
	(a)	make public in advance regulations of general application that affect any matter covered by this Agreement, when the Government adopts, amends, or repeals them; and

   (b) 公衆による意見提出のための合理的な機会を与え、(a)に規定する規制を設定し、改正し、又は廃止する前に、これらの意見を考慮すること。
	(b)	provide a reasonable opportunity for comments by the public and give consideration to those comments before adoption, amendment, or repeal of such regulations. 

      第五条 行政上の措置に関連する手続
Article 5
Administrative Procedures

  1 締約国の権限のある当局は、この協定の実施及び運用に関連し、又は影響を及ぼす行政上の決定を行う場合には、自国の法令に従って、次の事項を行う。
1.	Where administrative decisions which pertain to or affect the implementation and operation of this Agreement are taken by the competent authorities of a Party, the competent authorities shall, in accordance with the laws and regulations of the Party:

   (a) 3に規定する定められた標準的な期間を考慮して、自国の法令に基づき完全であると認められる申請が提出された後合理的な期間内に、当該申請に関する決定を申請者に通知すること。
	(a)	inform the applicant of the decision within a reasonable period of time after the submission of the application considered complete under the laws and regulations of the Party, taking into account the established standard periods of time referred to in paragraph 3; and

   (b) 申請者の要請があった場合には、申請の処理状況に関する情報を合理的な期間内に提供すること。
	(b)	provide, within a reasonable period of time, information concerning the status of the application, at the request of the applicant.

  2 締約国の権限のある当局は、自国の法令に従って、提出された申請に対して行う行政上の決定の基準を定めるよう努めるものとし、また、次の事項を行うよう努める。
2.	The competent authorities of a Party shall, in accordance with the laws and regulations of the Party, endeavor to establish standards for taking administrative decisions in response to submitted applications. The competent authorities shall endeavor to:

   (a) そのような基準をできる限り具体的なものとすること。
	(a)	make such standards as specific as possible; and

   (b) そのような基準を、それが自国政府にとって行政上特別の支障を来すことがない限り、公に利用可能なものとすること。
	(b)	make such standards publicly available except when it would extraordinarily raise administrative difficulties for the Government of the Party.

  3 締約国の権限のある当局は、自国の法令に従って、次の事項を行うよう努める。
3.	The competent authorities of a Party shall, in accordance with the laws and regulations of the Party, endeavor to:

   (a) 自己による申請の受理と提出された申請に対して行う行政上の決定との間の標準的な期間を定めること。
	(a)	establish standard periods of time between the receipt of applications by the competent authorities and the administrative decisions taken in response to the submitted applications; and

   (b) 標準的な期間が定められたときは、当該期間を公に利用可能なものとすること。
	(b)	make publicly available such periods of time, if established.

      第六条 秘密の情報
Article 6
Confidential Information

  1 一方の締約国は、自国の法令に従い、他方の締約国がこの協定に従って秘密のものとして提供する情報の秘密性を保持する。
1.	Each Party shall, in accordance with its laws and regulations, maintain the confidentiality of information provided in confidence by the other Party pursuant to this Agreement.

  2 1の規定にかかわらず、この協定に基づいて提供された情報は、当該情報を提供した締約国の事前の同意を条件として、第三者に伝達することができる。
2. 	Notwithstanding paragraph 1, the information provided pursuant to this Agreement may be transmitted to a third party subject to prior consent of the Party which provided the information.

  3 この協定のいかなる規定も、締約国に対し、秘密の情報であって、その開示が、自国の法令の実施を妨げ、その他公共の利益に反することとなり、又は公私の特定の企業の正当な商業上の利益を害することとなるものの提供を要求するものではない。
3.	Nothing in this Agreement shall require a Party to provide confidential information, the disclosure of which would impede the enforcement of its laws and regulations, or otherwise be contrary to the public interest, or which would prejudice the legitimate commercial interests of particular enterprises, public or private.

      第七条 租税
Article 7
Taxation

  1 この協定に別段の定めがある場合を除くほか、この協定の規定は、租税に係る課税措置については、適用しない。
1.	Unless otherwise provided for in this Agreement, the provisions of this Agreement shall not apply to any taxation measures.

  2 この協定のいかなる規定も、租税条約に基づく締約国の権利及び義務に影響を及ぼすものではない。この協定と当該租税条約とが抵触する場合には、その抵触の限度において、当該租税条約が優先する。
2.	Nothing in this Agreement shall affect the rights and obligations of either Party under any tax convention. In the event of any inconsistency between this Agreement and any such convention, that convention shall prevail to the extent of the inconsistency. 

  3 第三条及び前条の規定は、この協定の規定が租税に係る課税措置に適用される限度において、当該措置について適用する。
3.	Articles 3 and 6 shall apply to taxation measures, to the extent that the provisions of this Agreement are applicable to such taxation measures.

      第八条 一般的例外及び安全保障のための例外
Article 8
General and Security Exceptions

  1 次章から第四章までの規定の適用上、千九百九十四年のガット第二十条及び第二十一条の規定は、必要な変更を加えた上で、この協定に組み込まれ、この協定の一部を成す。
1.	For the purposes of Chapters 2, 3, and 4, Articles XX and XXI of the GATT 1994 are incorporated into and form part of this Agreement, mutatis mutandis.

  2  第七章及び第八章の規定の適用上、サービス貿易一般協定第十四条及び第十四条の二の規定は、必要な変更を加えた上で、この協定に組み込まれ、この協定の一部を成す。
2.	For the purposes of Chapters 7 and 8, Articles XIV and XIV bis of the GATS are incorporated into and form part of this Agreement, mutatis mutandis.

      第九条 他の協定との関係
Article 9
Relation to Other Agreements

  1 両締約国は、世界貿易機関設立協定又は両締約国が締結しているその他の協定に基づく権利及び義務を再確認する。
1.	The Parties reaffirm their rights and obligations under the WTO Agreement or any other agreements to which both Parties are parties.

  2 この協定と世界貿易機関設立協定とが抵触する場合には、その抵触の限度において、世界貿易機関設立協定が優先する。
2.	In the event of any inconsistency between this Agreement and the WTO Agreement, the WTO Agreement shall prevail to the extent of the inconsistency.

  3 この協定と両締約国が締結している協定(世界貿易機関設立協定を除く。)とが抵触する場合には、両締約国は、国際法の一般原則を考慮しつつ、相互に満足すべき解決を得るために直ちに相互に協議する。
3.	In the event of any inconsistency between this Agreement and any agreement other than the WTO Agreement to which both Parties are parties, the Parties shall immediately consult with each other with a view to finding a mutually satisfactory solution, taking into consideration general principles of international law.

  4 二千三年十一月十四日に東京で署名された投資の自由化、促進及び保護に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の協定(以下この条において「投資協定」という。)(その改正を含む。)は、第二十条の規定を除き、必要な変更を加えた上で、この協定に組み込まれ、この協定の一部を成す。
4.	The provisions of the Agreement between Japan and the Socialist Republic of Viet Nam for the Liberalization, Promotion and Protection of Investment, signed at Tokyo on November 14, 2003 (hereinafter referred to in this Article as “BIT”), except its Article 20, as may be amended, are incorporated into and form part of this Agreement, mutatis mutandis.

  5 一方の締約国が投資協定に基づいて他方の締約国に対して義務を負う場合において、当該他方の締約国に対しこの協定の下で与えられる待遇よりも有利な待遇が投資協定の下で与えられるときは、この協定のいかなる規定も、当該義務に影響を及ぼすものと解してはならない。
5.	Nothing in this Agreement shall be construed so as to derogate from any of obligations of a Party under the BIT, if such an obligation entitles the other Party to treatment more favorable than that accorded by this Agreement.

      第十条 実施取極
Article 10
Implementing Agreement

   両締約国政府は、この協定を実施するための詳細及び手続を定める別の取極(以下この協定において「実施取極」という。)を締結する。
	The Governments of the Parties shall conclude a separate agreement setting forth the details and procedures for the implementation of this Agreement (hereinafter referred to in this Agreement as “the Implementing Agreement”).

      第十一条 合同委員会
Article 11
Joint Committee

  1 この協定に基づき合同委員会を設置する。
1.	A Joint Committee shall be established under this Agreement.

  2 合同委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Joint Committee shall be:

    (a) この協定の実施及び運用について見直し及び監視を行うこと。
	(a)	reviewing and monitoring the implementation and operation of this Agreement;

   (b) この協定の改正について検討し、及び両締約国に勧告すること。
	(b)	considering and recommending to the Parties any amendments to this Agreement;

   (c) この協定に基づいて設置されるすべての小委員会の作業を監督し、及び調整すること。
	(c)	supervising and coordinating the work of all Sub-Committees established under this Agreement; 

   (d) 次のものを採択すること。
	(d)	adopting:

    (i)  附属書一第二部及び附属書三第十一規則に規定する運用上の規則
		(i)	the Implementing Regulations referred to in Part 2 of Annex 1 and Rule 11 of Annex 3; and

      (ii)  必要な決定
		(ii)	any necessary decisions; and

   (e) 両締約国が合意するその他の任務を遂行すること。
(e)	carrying out other functions as the Parties may agree.

  3(a) 合同委員会は、両締約国政府の代表者から成る。
3.	The Joint Committee:
	(a)	shall be composed of representatives of the Governments of the Parties; and 

   (b) 合同委員会は、小委員会を設置し、自己の任務の遂行を委任することができる。
	(b)	may establish, and delegate its responsibilities to, Sub-Committees.

  4 合同委員会は、その規則及び手続を定める。
4.	The Joint Committee shall establish its rules and procedures. 

  5 合同委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
5.	The Joint Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties. 

      第十二条 両締約国間の連絡
Article 12
Communications

   各締約国は、この協定に関するすべての事項について両締約国間の連絡を円滑にするため、連絡部局を指定する。
	Each Party shall designate a contact point to facilitate communications between the Parties on any matter relating to this Agreement.

        第二章 物品の貿易
Chapter 2
Trade in Goods

          第十三条 定義
Article 13
Definitions

   この章の規定の適用上、
	For the purposes of this Chapter, the term: 

    (a) 「二国間セーフガード措置」とは、第二十条4に規定する二国間セーフガード措置をいう。
	(a)	“bilateral safeguard measure” means a bilateral safeguard measure provided for in paragraph 4 of Article 20;

    (b)  「関税」とは、産品の輸入に関連して課される関税、輸入税その他あらゆる種類の課徴金をいう。ただし、次のものを含まない。
 	(b) 	“customs duty” means any customs or import duty and a charge of any kind imposed in connection with the importation of a good, but does not include any:

     (i) 締約国の産品であって、当該輸入産品と同種のもの、直接に競合するもの若しくは代替可能なものに対し、又は当該輸入産品の全部若しくは一部がそれから製造され、若しくは生産されている産品に対して、千九百九十四年のガット第三条2の規定に適合して課される内国税に相当する課徴金
	(i)	charge equivalent to an internal tax imposed consistently with the provisions of paragraph 2 of Article III of the GATT 1994, in respect of the like goods or, directly competitive or substitutable goods of the Party or in respect of goods from which the imported goods have been manufactured or produced in whole or in part;

     (ii) 締約国の法令により、かつ、千九百九十四年のガット第六条、世界貿易機関設立協定附属書一A千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定第六条の実施に関する協定及び世界貿易機関設立協定附属書一A補助金及び相殺措置に関する協定の規定に適合して課されるダンピング防止税又は相殺関税
	(ii)	anti-dumping or countervailing duty applied pursuant to a Party’s law and applied consistently with the provisions of Article VI of the GATT 1994, the Agreement on Implementation of Article VI of the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 in Annex 1A to the WTO Agreement, and the Agreement on Subsidies and Countervailing Measures in Annex 1A to the WTO Agreement; or

     (iii)  提供された役務の費用に応じた手数料その他の課徴金
	(iii)	fees or other charges commensurate with the cost of services rendered;  

    (c) 「物品の課税価額」とは、従価による関税の賦課のための輸入物品の価額をいう。
	(c)	“customs value of goods” means the value of goods for the purposes of levying ad valorem customs duties on imported goods;

    (d) 「国内産業」とは、締約国内で活動する同種の若しくは直接に競合する産品の生産者の全体又はこれらの生産者のうち当該産品の生産高の合計が当該産品の国内総生産高の相当な部分を占めている生産者をいう。
	(d)	“domestic industry” means the producers as a whole of the like or directly competitive goods operating in a Party, or those whose collective output of the like or directly competitive goods constitutes a major proportion of the total domestic production of those goods;

    (e)  「原産品」とは、次章の規定に従って原産品とされる産品をいう。
	(e) 	“originating good” means a good that qualifies as originating in accordance with the provisions of Chapter 3;

    (f)  「暫定的な二国間セーフガード措置」とは、第二十条11(a)に規定する暫定的な二国間セーフガード措置をいう。
	(f) 	“provisional bilateral safeguard measure” means a provisional bilateral safeguard measure provided for in subparagraph 11(a) of Article 20;

    (g) 「重大な損害」とは、国内産業の状態の著しい全般的な悪化をいう。
	(g) 	“serious injury” means a significant overall impairment in the position of a domestic industry; and

    (h) 「重大な損害のおそれ」とは、事実に基づき、明らかに差し迫った重大な損害と認められるものをいい、申立て、推測又は希薄な可能性のみに基づくものは含まない。
	(h) 	“threat of serious injury” means serious injury that, on the basis of facts and not merely on allegation, conjecture, or remote possibility, is clearly imminent.

        第十四条 物品の分類
Article 14
Classification of Goods

   両締約国間で取引される物品の分類は、統一システムに適合したものとする。
	The classification of goods in trade between the Parties shall be in conformity with the Harmonized System.

       第十五条 内国民待遇
Article 15
National Treatment

    一方の締約国は、千九百九十四年のガット第三条の規定の例により、他方の締約国の産品に対して内国民待遇を与える。
	Each Party shall accord national treatment to the goods of the other Party in accordance with Article III of the GATT 1994.

       第十六条 関税の撤廃又は引下げ
Article 16
Elimination or Reduction of Customs Duties

  1 この協定に別段の定めがある場合を除くほか、一方の締約国は、他方の締約国の原産品について、附属書一の自国の表に従って、関税を撤廃し、又は引き下げる。
1.	Except as otherwise provided for in this Agreement, each Party shall, in accordance with its Schedule in Annex 1, eliminate or reduce its customs duties on originating goods of the other Party.

  2 両締約国は、附属書一の表において交渉の対象として指定した原産品に関する市場アクセスの条件の改善その他の事項について、当該表に定める条件に従って交渉する。
2.	The Parties shall negotiate on issues such as improving market access conditions on originating goods designated for negotiation in the Schedules in Annex 1, in accordance with the terms and conditions set out in such Schedules.

  3 特定の産品に関する自国の実行最恵国税率が、当該産品と同じ関税品目に分類される原産品について1の規定に従って適用される税率より低い場合には、各締約国は、自国の法令及び手続に従い、当該原産品について、その低い税率を適用する。
3.	In cases where its most-favored-nation applied rate of customs duty on a particular good is lower than the rate of customs duty to be applied in accordance with paragraph 1 on the originating good which is classified under the same tariff line as that particular good, each Party shall apply the lower rate with respect to that originating good in accordance with its laws, regulations, and procedures.

      第十七条 関税上の評価
Article 17
Customs Valuation

   世界貿易機関設立協定附属書一A千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定第七条の実施に関する協定(以下この協定において「関税評価協定」という。)第一部の規定は、両締約国間で取引される物品の課税価額の決定について準用する。
	For the purposes of determining the customs value of goods traded between the Parties, provisions of Part I of the Agreement on Implementation of Article VII of the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 in Annex 1A to the WTO Agreement (hereinafter referred to in this Agreement as “the Agreement on Customs Valuation”) shall apply mutatis mutandis.

         第十八条 輸出補助金
Article 18
Export Subsidies

   いずれの締約国も、世界貿易機関設立協定に基づく自国の義務に従い、いかなる輸出補助金も新設し、又は維持してはならない。
	Neither Party shall, in accordance with its obligations under the WTO Agreement, introduce or maintain any export subsidies. 

       第十九条 非関税措置
Article 19
Non-tariff Measures

  1 一方の締約国は、他方の締約国の産品の輸入について又は他方の締約国に仕向けられる産品の輸出若しくは輸出のための販売について、世界貿易機関設立協定に基づく自国の義務に適合しないいかなる非関税措置も新設し、又は維持してはならない。
1.	Each Party shall not introduce or maintain any non-tariff measures on the importation of any good of the other Party or on the exportation or sale for export of any good destined for the other Party which are inconsistent with its obligations under the WTO Agreement.

  2 各締約国は、1の規定において認められた自国の非関税措置(数量制限を含む。)の透明性を確保する。各締約国は、貿易にもたらされ得るゆがみを可能な限り最小にするため、世界貿易機関設立協定に基づく義務の完全な遵守を確保する。
2.	Each Party shall ensure transparency of its non-tariff measures permitted under paragraph 1, including quantitative restrictions.  Each Party shall ensure full compliance with the obligations under the WTO Agreement with a view to minimizing possible distortions to trade to the maximum extent possible.

          第二十条 二国間セーフガード措置
Article 20
Bilateral Safeguard Measures

  1 一方の締約国は、千九百九十四年のガット第十九条及び世界貿易機関設立協定附属書一Aセーフガードに関する協定(以下この条において「セーフガード協定」という。)又は世界貿易機関設立協定附属書一A農業に関する協定(以下この条において「農業協定」という。)第五条の規定に従い、他方の締約国の原産品に対してセーフガード措置をとることができる。この協定の第十三章の規定は、千九百九十四年のガット第十九条及びセーフガード協定又は農業協定第五条の規定に従ってとったいかなる行為についても、適用しない。
1.	Each Party may apply a safeguard measure to an originating good of the other Party in accordance with Article XIX of the GATT 1994 and the Agreement on Safeguards in Annex 1A to the WTO Agreement (hereinafter referred to in this Article as “the Agreement on Safeguards”), or Article 5 of the Agreement on Agriculture in Annex 1A to the WTO Agreement (hereinafter referred to in this Article as “Agreement on Agriculture”).  Any action taken pursuant to Article XIX of the GATT 1994 and the Agreement on Safeguards, or Article 5 of the Agreement on Agriculture shall not be subject to Chapter 13 of this Agreement.

  2 一方の締約国は、自国がこの協定に基づいて負う義務(関税の譲許を含む。)の効果により、又は事情の予見されなかった発展の結果及び自国がこの協定に基づいて負う義務の効果により、他方の締約国の原産品が自国において同種の又は直接に競合する産品を生産する自国の国内産業に重大な損害を与え、又は与えるおそれがあるような増加した数量(絶対量であるか国内生産量に比較しての相対量であるかを問わない。)で、及びそのような条件で、自国に輸入されているときは、当該重大な損害を防止し、又は救済し、かつ、調整を容易にするために必要な最小限度の範囲において、二国間セーフガード措置をとることができるものとする。 
2.	Each Party shall be free to apply a bilateral safeguard measure, to the minimum extent necessary to prevent or remedy the serious injury to a domestic industry of that Party and to facilitate adjustment, if as an effect of the obligations incurred by that Party under this Agreement, including tariff concessions, or if as a result of unforeseen developments and of the effects of the obligations incurred by that Party under this Agreement, an originating good of the other Party is being imported in such increased quantities, in absolute terms or relative to domestic production, and under such conditions as to cause or threaten to cause serious injury to the domestic industry of the former Party that produces like or directly competitive goods in the former Party.

  3 締約国は、附属書一の自国の表に従って適用される関税割当てに基づいて与えられる割当数量を限度として輸入される原産品について、二国間セーフガード措置をとってはならない。
3.	A Party shall not apply a bilateral safeguard measure to an originating good imported up to the limit of quota quantities granted under tariff rate quotas applied in accordance with its Schedule in Annex 1.

  4 二国間セーフガード措置をとる締約国は、次のいずれかの措置をとることができる。
4.	A Party applying a bilateral safeguard measure may:

   (a) この章の規定に基づく関税の段階的な引下げの対象となる他方の締約国の原産品の関税の更なる引下げを停止すること。
	(a)	suspend the further reduction of any customs duty on the originating good of the other Party provided for under this Chapter; or

   (b) 次の関税のうちいずれか低い方を超えない水準まで他方の締約国の原産品の関税を引き上げること。
	(b)	increase the customs duty on the originating good of the other Party to a level not to exceed the lesser of:

    (i) 二国間セーフガード措置をとる日における当該原産品の実行最恵国税率
	(i)	the most-favored-nation applied rate on the good in effect on the day when the bilateral safeguard measure is applied; and

    (ii) この協定が効力を生ずる日の前日における当該原産品の実行最恵国税率
	(ii)	the most-favored-nation applied rate on the good in effect on the day immediately preceding the date of entry into force of this Agreement.

  5(a) 締約国は、セーフガード協定第三条及び第四条2に定める手続と同様の手続に従い、自国の権限のあ る当局が調査を行った後においてのみ二国間セーフガード措置をとることができる。
5.	(a)	A Party may apply a bilateral safeguard measure only after an investigation has been carried out by the competent authorities of that Party in accordance with the same procedures as those provided for in Article 3 and paragraph 2 of Article 4 of the Agreement on Safeguards.

   (b) (a)に規定する調査については、その開始の日の後一年以内に完了させなければならない。
	(b)	The investigation referred to in subparagraph (a) shall be completed within one year following its date of initiation.

  6 次の条件及び制限は、二国間セーフガード措置について適用する。
6.	The following conditions and limitations shall apply with regard to a bilateral safeguard measure: 

   (a) 一方の締約国は、次の場合には、他方の締約国に対し直ちに書面による通報を行う。
	(a)	A Party shall immediately give a written notice to the other Party upon:

      (i) 重大な損害又は重大な損害のおそれ及びこれらの理由に関する5(a)に規定する調査を開始する場合
	(i)	initiating an investigation referred to in subparagraph 5(a) relating to serious injury, or threat of serious injury, and the reasons for it;

      (ii) 輸入の増加により引き起こされた重大な損害又は重大な損害のおそれの認定を行う場合
	(ii)	making a finding of serious injury or threat of serious injury caused by increased imports; and

      (iii) 二国間セーフガード措置をとり、又は延長する決定を行う場合
	(iii)	taking a decision to apply or extend a bilateral safeguard measure.

    (b) (a)に規定する書面による通報を行う一方の締約国は、すべての関連する情報を他方の締約国に提供する。この情報には、次の事項を含める。
	(b)	The Party giving the written notice referred to in subparagraph (a) shall provide the other Party with all pertinent information, which shall include:

      (i) (a)(i)の場合における書面による通報については、調査の開始の理由、調査の対象となる原産品の正確な説明及び当該原産品が分類される統一システムの項又は号(附属書一の表において用いられているもの)、調査の対象となる期間並びに調査の開始の日付 
	(i)	in the written notice referred to in subparagraph (a)(i), the reason for the initiation of the investigation, a precise description of an originating good subject to the investigation and its heading or subheading of the Harmonized System, on which the Schedules in Annex 1 are based, the period subject to the investigation, and the date of initiation of the investigation; and

      (ii) (a)(ii)及び(iii)の場合における書面による通報については、原産品の輸入の増加により引き起こされた重大な損害又は重大な損害のおそれがあることについての証拠、とろうとする二国間セーフガード措置の対象となる原産品の正確な説明及び当該原産品が分類される統一システムの項又は号(附属書一の表において用いられているもの)、当該二国間セーフガード措置の正確な説明並びに当該二国間セーフガード措置を導入しようとする日付及び予定適用期間
	(ii)	in the written notice referred to in subparagraphs (a)(ii) and (iii), the evidence of serious injury or threat of serious injury caused by the increased imports of the originating good, a precise description of the originating good subject to the proposed safeguard measure and its heading or subheading of the Harmonized System, on which the Schedules in Annex 1 are based, a precise description of the bilateral safeguard measure, the proposed date of its introduction, and its expected duration.

    (c) 二国間セーフガード措置をとろうとし、又は延長しようとする一方の締約国は、5(a)に規定する調査から得られる情報を検討し、当該二国間セーフガード措置に関し意見を交換し、及び7に規定する補償について合意に達するため、他方の締約国と事前の協議を行うための十分な機会を与える。
	(c)	A Party proposing to apply or extend a bilateral safeguard measure shall provide adequate opportunity for prior consultations with the other Party with a view to reviewing the information arising from the investigation referred to in subparagraph 5(a), exchanging views on the bilateral safeguard measure and reaching an agreement on compensation set out in paragraph 7.

  (d)  二国間セーフガード措置は、重大な損害を防止し、又は救済し、かつ、調整を容易にするために必要な限度及び期間を超えて維持されてはならず、また、その適用期間は、三年を超えてはならない。二国間セーフガード措置は、この条に定める条件が満たされる場合には、延長することができる。ただし、二国間セーフガード措置の適用期間の合計は、その延長の期間を含めて、四年を超えるものであってはならない。二国間セーフガード措置の予定適用期間が一年を超える場合において、調整を容易にするため、当該二国間セーフガード措置を維持している締約国は、その適用期間中一定の間隔で当該二国間セーフガード措置を漸進的に緩和する。
 
	(d)	No bilateral safeguard measure shall be maintained except to the extent and for such time as may be necessary to prevent or remedy serious injury and to facilitate adjustment, provided that such time shall not exceed a period of three years.  A bilateral safeguard measure may be extended, provided that the conditions set out in this Article are met. The total duration of the bilateral safeguard measure, including any extensions thereof, shall not exceed four years. In order to facilitate adjustment in a situation where the expected duration of a bilateral safeguard measure is over one year, the Party maintaining the bilateral safeguard measure shall progressively liberalize the bilateral safeguard measure at regular intervals during the period of application. 

    (e) 二国間セーフガード措置の対象とされた原産品の輸入については、当該二国間セーフガード措置がとられた期間と等しい期間又は一年のうちいずれか長い期間が経過するまで、二国間セーフガード措置を再度とってはならない。
	(e)	No bilateral safeguard measure shall be applied again to the import of a particular originating good which has been subject to such a bilateral safeguard measure, for a period of time equal to the duration of the previous safeguard measure or one year, whichever is longer.

    (f) ある産品に対する二国間セーフガード措置の適用期間の終了後における当該産品に対する関税率は、当該二国間セーフガード措置をとる締約国の附属書一の表に従い、当該二国間セーフガード措置がとられなかったとしたならば適用したであろう税率とする。
	(f)	Upon the termination of a bilateral safeguard measure on a good, the rate of the customs duty for that good shall be the rate which, in accordance with the Schedule of the Party applying the bilateral safeguard measure set out in Annex 1, would have been in effect had the bilateral safeguard measure not been applied.

  7(a) 二国間セーフガード措置をとろうとし、又は延長しようとする一方の締約国は、他方の締約国に対し、この協定に基づいて存在する譲許その他の義務と実質的に等価値の対応を譲許その他の義務について講ずることを約束することにより、相互に合意される貿易上の補償の適切な方法を提供する。
7. 	(a)	A Party proposing to apply or extend a bilateral safeguard measure shall provide to the other Party mutually agreed adequate means of trade compensation in the form of substantially equivalent level of concessions or other obligations to that existing under this Agreement.

   (b) 両締約国は、(a)に規定する補償を追求するに当たり、合同委員会において協議を行う。当該協議から生ずるいずれの手続も、二国間セーフガード措置がとられた日から三十日以内に完了するものとする。
	(b)	In seeking compensation provided for in subparagraph (a), the Parties shall hold consultations in the Joint Committee.  Any proceedings arising from such consultations shall be completed within 30 days from the date on which the bilateral safeguard measure was applied.

   (c) (b)に規定する期間内に補償についての合意が得られない場合には、その原産品について二国間セーフガード措置がとられる締約国は、この協定に基づく関税の譲許であって、当該二国間セーフガード措置と実質的に等価値のもの            を停止することができる。当該締約国は、実質的に同等の効果を達成するために必要最小限度の、かつ、当該二国間セーフガード措置が維持されている期間に限り、当該譲許の停止を行うことができる。この(c)に定める譲許を停止する権利は、当該二国間セーフガード措置が輸入の絶対量の増加の結果としてとられたものであり、かつ、当該二国間セーフガード措置がこの条の規定に適合する場合には、当該二国間セーフガード措置がとられている最初の二年間については、行使されてはならない。
	(c)	If no agreement on the compensation is reached within the time frame specified in subparagraph (b), the Party against whose originating good the bilateral safeguard measure is taken shall be free to suspend concessions of customs duties under this Agreement, which is substantially equivalent to the bilateral safeguard measure.  That Party may suspend the concessions only for the minimum period necessary to achieve the substantially equivalent effects and only while the bilateral safeguard measure is maintained. The right of suspension provided for in this subparagraph shall not be exercised for the first two years that a bilateral safeguard measure is in effect, provided that the bilateral safeguard measure has been applied as a result of an absolute increase in imports and that such a bilateral safeguard measure conforms to the provisions of this Article.

  8(a) 千九百九十四年のガット第十九条及びセーフガード協定又は農業協定第五条の規定に従って他方の締約国の原産品の輸入に関してセーフガード措置をとる一方の締約国は、当該輸入に対して二国間セーフガード措置をとってはならない。
8.	(a)	A Party applying a safeguard measure in connection with an importation of an originating good of the other Party in accordance with Article XIX of the GATT 1994 and the Agreement on Safeguards, or Article 5 of the Agreement on Agriculture, shall not apply the bilateral safeguard measure to that importation.

   (b) 6(d)に規定する二国間セーフガード措置の適用期間は、締約国が(a)の規定に従って二国間セーフガード措置をとらないことによって中断されない。
		(b)	The period of application of the bilateral safeguard measure referred to in subparagraph 6(d) shall not be interrupted by the Party’s non-application of the bilateral safeguard measure in accordance with subparagraph (a).

 9 各締約国は、二国間セーフガード措置に関する法令の運用が、一貫した、公平な、かつ、合理的なものであることを確保する。
9.	Each Party shall ensure the consistent, impartial, and reasonable administration of its laws and regulations relating to bilateral safeguard measures.

 10  各締約国は、二国間セーフガード措置に関し、公平な、時宜を得た、透明性のある、かつ、効果的な手続を採用し、又は維持する。
10.	Each Party shall adopt or maintain equitable, timely, transparent, and effective procedures relating to bilateral safeguard measures.

 11(a) 遅延すれば回復し難い損害を引き起こすような危機的な事態が存在する場合には、締約国は、原産品の輸入の増加が国内産業に対する重大な損害を引き起こしていること又は引き起こすおそれがあることについての明白な証拠があるという仮の決定に基づき、4(a)又は(b)に規定する措置の形態をとる暫定的な二国間セーフガード措置をとることができる。
11.	(a)	In critical circumstances, where delay would cause damage which it would be difficult to repair, a Party may apply a provisional bilateral safeguard measure, which shall take the form of the measure set out in subparagraph 4(a) or 4(b), pursuant to a preliminary determination that there is clear evidence that increased imports of an originating good have caused or are threatening to cause serious injury to a domestic industry.

  (b) 一方の締約国は、暫定的な二国間セーフガード措置をとる前に、他方の締約国に対し書面による通報を行う。暫定的な二国間セーフガード措置の適用については、これがとられた後速やかに合同委員会において両締約国による協議を開始する。
	(b)	A Party shall give a written notice to the other Party prior to applying a provisional bilateral safeguard measure.  Consultations by the Parties in the Joint Committee on the application of the provisional bilateral safeguard measure shall be initiated immediately after the provisional bilateral safeguard measure is applied.

  (c) 暫定的な二国間セーフガード措置の期間は、二百日を超えてはならない。その期間中、5に定める関連する要件が満たされるものとする。暫定的な二国間セーフガード措置の期間は、6(d)に規定する期間に算入される。
	(c)	The duration of a provisional bilateral safeguard measure shall not exceed 200 days. During that period, the pertinent requirements of paragraph 5 shall be met.  The duration of the provisional bilateral safeguard measure shall be counted as a part of the period referred to in subparagraph 6(d).

  (d) 6(f)の規定は、暫定的な二国間セーフガード措置について準用する。
	(d)	Subparagraph 6(f) shall apply, mutatis mutandis, to the provisional bilateral safeguard measure.

  (e) 暫定的な二国間セーフガード措置の結果として課された関税は、その後行われる5(a)に規定する調査により原産品の輸入の増加が国内産業に対する重大な損害を引き起こしているとの、又は引き起こすおそれがあるとの決定が行われない場合には、払い戻される。
	(e)	The customs duty imposed as a result of the provisional bilateral safeguard measure shall be refunded if the subsequent investigation referred to in subparagraph 5(a) does not determine that increased imports of the originating good have caused or threatened to cause serious injury to a domestic industry.

  12 両締約国間で交換されるすべての公式の連絡及び文書であって、二国間セーフガード措置に関するものは、書面によるものとし、英語で行うものとする。
12.	All official communications and documentations exchanged between the Parties relating to a bilateral safeguard measure shall be in writing and shall be in the English language.

  13(a)  両締約国は、この協定が効力を生じた後十年以内に、二国間セーフガード措置に関する制度を維持する必要があるか否かを決定するため、この条の規定について見直しを行う。
13.	(a)	Within 10 years after the entry into force of this Agreement, the Parties shall review this Article with a view to determining whether there is a need to maintain the bilateral safeguard mechanism.

   (b) 両締約国は、(a)の規定に基づく見直しの間に二国間セーフガード措置に関する制度を撤廃することに合意しない場合には、その後は合同委員会において、二国間セーフガード措置に関する制度を維持する必要があるか否かを決定するための見直しを行う。
	(b)	If the Parties do not agree to remove the bilateral safeguard mechanism during the review pursuant to subparagraph (a), the Parties shall thereafter conduct reviews to determine the necessity of the bilateral safeguard mechanism in the Joint Committee.

          第二十一条 国際収支の擁護のための措置
Article 21
Measures to Safeguard the Balance of Payments

        締約国において国際収支及び対外資金に関して重大な困難が生じている場合又は生ずるおそれのある場合には、当該締約国は、千九百九十四年のガット及び世界貿易機関設立協定附属書一A千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の国際収支に係る規定に関する了解に従い、輸入制限的な措置をとることができる。
	Where a Party is in serious balance of payments and external financial difficulties or threat thereof, the Party may, in accordance with the GATT 1994 and the Understanding on the Balance-of-Payments Provisions of the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 in Annex 1A to the WTO Agreement, adopt restrictive import measures. 

          第二十二条 包括的な経済上の連携に関する日本国及び東南アジア諸国連合構成国の間の協定との関係
Article 22
Relation to the Agreement on Comprehensive
Economic Partnership among Japan and Member States of
the Association of Southeast Asian Nations

    両締約国は、本章の規定に基づくいかなる約束も、第九条に規定するとおり、包括的な経済上の連携に関する日本国及び東南アジア諸国連合構成国の間の協定に基づく両締約国の約束に影響を及ぼすものではないことを再確認する。
	The Parties reaffirm that, as is provided for in Article 9 of this Agreement, any commitments of the Parties under this Chapter shall not affect the commitments of the Parties under the Agreement on Comprehensive Economic Partnership among Japan and Member States of the Association of Southeast Asian Nations.

     第三章 原産地規則
Chapter 3
Rules of Origin

      第二十三条 定義
Article 23
Definitions

   この章の規定の適用上、
	For the purposes of this Chapter, the term:

    (a) 「輸出者」とは、輸出締約国に所在する自然人又は法人であって、当該輸出締約国から産品を輸出するものをいう。
	(a)	“exporter” means a natural or juridical person located in an exporting Party who exports a good from the exporting Party;

    (b) 「当該締約国の工船」又は「当該締約国の船舶」とは、それぞれ、次のすべての条件を満たす工船又は船舶をいう。
	(b)	“factory ships of the Party” or “vessels of the Party” respectively means factory ships or vessels:

      (i) 当該締約国において登録されていること。
(i)	which are registered in the Party;

      (ii) 当該締約国の旗を掲げて航行すること。
(ii)	which sail under the flag of the Party; 

      (iii) 両締約国の国民又は法人(いずれかの締約国に本店を有する法人であって、代表者、役員会の長及び当該役員会の構成員の過半数が両締約国の国民であり、かつ、両締約国の国民又は法人が五十パーセント以上の持分を所有しているものに限る。)が五十パーセント以上の持分を所有していること。
(iii)	which are owned to an extent of at least 50 percent by nationals of the Parties, or by a juridical person with its head office in either Party, of which the representatives, chairman of the board of directors, and the majority of the members of such board are nationals of the Parties, and of which at least 50 percent of the equity interest is owned by nationals or juridical persons of the Parties; and

      (iv) 船長、上級乗組員及び乗組員の総数の七十五パーセント以上が両締約国又は東南アジア諸国連合の構成国である第三国の国民であること。
(iv)	of which at least 75 percent of the total of the master, officers, and crew are nationals of the Parties or non-Parties which are Member States of the Association of Southeast Asian Nations (hereinafter referred to in this Agreement as “ASEAN”);

    (c) 「一般的に認められている会計原則」とは、収入、経費、費用、資産又は負債の記録、情報の開示及び財務書類の作成に関して、締約国において一般的に認められている、又は十分に権威のある支持を得ている会計原則をいう。これらの規準には、一般的に適用される概括的な指針並びに詳細な基準、慣行及び手続を含む。
	(c)	“generally accepted accounting principles” means the recognized consensus or substantial authoritative support in a Party, with respect to the recording of revenues, expenses, costs, assets, and liabilities; the disclosure of information; and the preparation of financial statements.  These standards may encompass broad guidelines of general application as well as detailed standards, practices, and procedures;

    (d) 「産品」とは、商品、生産品、製品又は材料をいう。
	(d)	“good” means any merchandise, product, article, or material;

    (e) 「同一の又は交換可能な材料」とは、同一の技術的及び物理的特性を有し、かつ、種類及び商業上の品質が同一である材料であって、産品に組み込まれた後は、いかなる表示に基づいても、原産品であるか否かを決定する上でそれぞれを区別することができないものをいう。
	(e)	“identical and interchangeable materials” means materials being of the same kind and commercial quality, possessing the same technical and physical characteristics, and which once they are incorporated into the good cannot be distinguished from one another for origin purposes by virtue of any markings;

    (f) 「輸入者」とは、輸入締約国に産品を輸入する自然人又は法人をいう。
	(f)	“importer” means a natural or juridical person who imports a good into the importing Party;

    (g) 「材料」とは、物又は物質であって、産品の生産において使用され、若しくは消費され、物理的に産品に組み込まれ、又は他の産品の生産に使用されるものをいう。
	(g)	“materials” means any matter or substance used or consumed in the production of a good, physically incorporated into a good, or used in the production of another good;

    (h) 「原産品」又は「原産材料」とは、この章の規定に従って原産品とされる産品又は材料をいう。
	(h)	“originating good” or “originating material” means a good or material that qualifies as originating in accordance with the provisions of this Chapter; 

    (i) 「輸送用及び船積み用のこん包材料及びこん包容器」とは、産品を輸送中又は船積み中に保護するために使用される産品であって、その産品の小売用の容器及び材料以外のものをいう。
	(i)	“packing materials and containers for transportation and shipment” means the goods used to protect a good during its transportation and shipment, different from those containers or materials used for its retail sale;

    (j) 「関税上の特恵待遇」とは、第十六条1の規定に従って輸出締約国の原産品について適用する関税率をいう。
	(j)	“preferential tariff treatment” means the rate of customs duties applicable to an originating good of the exporting Party in accordance with  paragraph 1 of Article 16; and

    (k) 「生産」とは、産品を得る方法をいい、栽培、採掘、収穫、成育、繁殖、抽出、採集、収集、捕獲、漁ろう、わなかけ、狩猟、製造、加工及び組立てを含む。
	(k)	“production” means methods of obtaining a good including growing, mining, harvesting, raising, breeding, extracting, gathering, collecting, capturing, fishing, trapping, hunting, manufacturing, processing, or assembling.

        第二十四条 原産品
Article 24
Originating Goods

   この協定の適用上、次のいずれかの産品であって、この章に規定する他のすべての関連する要件を満たすものは、締約国の原産品とする。
	For the purposes of this Agreement, a good shall qualify as an originating good of a Party if it: 

    (a) 当該締約国において完全に得られ、又は生産される産品であって、次条に定めるもの
(a)	is wholly obtained or produced entirely in the Party as provided for in Article 25;

    (b) 非原産材料を使用する場合には、第二十六条に定める要件を満たすもの
(b)	satisfies the requirements of Article 26 when using non-originating materials; or

    (c) 当該締約国の原産材料のみから当該締約国において完全に生産される産品
(c)	is produced entirely in the Party exclusively from originating materials of the Party,
 
and meets all other applicable requirements of this Chapter.

       第二十五条 完全に得られ、又は生産される産品
Article 25
Goods Wholly Obtained or Produced

    前条(a)の規定の適用上、次に掲げる産品は、締約国において完全に得られ、又は生産される産品とする。
	For the purposes of paragraph (a) of Article 24, the following shall be considered as wholly obtained or produced entirely in a Party: 

    (a) 当該締約国において栽培され、かつ、収穫され、採取され、又は採集される植物及び植物性生産品
	(a) 	plant and plant products grown and harvested, picked, or gathered in the Party; 

       注釈 この(a)の規定の適用上、「植物」とは、すべての植物(果実、花、野菜、樹木、海草、菌類及び生きている植物を含む。)をいう。
	Note:	For the purposes of this paragraph, the term “plant” refers to all plant life, including fruit, flowers, vegetables, trees, seaweed, fungi, and live plants.

    (b) 生きている動物であって、当該締約国において生まれ、かつ、成育されたもの
	(b)	live animals born and raised in the Party;

       注釈 この(b)及び(c)の規定の適用上、「動物」とは、すべての動物(哺(ほ)乳類、鳥類、魚、甲殻類、軟体動物、爬(は)虫類、細菌及びウィルスを含む。)をいう。
	Note:	For the purposes of paragraphs (b) and (c), the term “animals” covers all animal life, including mammals, birds, fish, crustaceans, molluscs, reptiles, bacteria, and viruses.

    (c) 当該締約国において生きている動物から得られる産品
	(c)	goods obtained from live animals in the Party;

    (d) 当該締約国において行われる狩猟、わなかけ、漁ろう、採集又は捕獲により得られる産品
	(d)	goods obtained from hunting, trapping, fishing, gathering, or capturing conducted in the Party; 

    (e) 当該締約国の土壌、水域、海底又はその下において抽出され、又は得られる鉱物その他の天然の物質 ((a)から(d)までに規定するものを除く。)
	(e)	minerals and other naturally occurring substances, not included in paragraphs (a) through (d), extracted or taken from soil, waters, seabed or beneath the seabed of the Party; 

    (f) 当該締約国の領水外の水域、海底又はその下から得られる産品。ただし、当該締約国が、自国の国内法令及び国際法に基づき、当該水域、海底又はその下を開発する権利を有することを条件とする。
	(f)	goods taken from the waters, seabed or beneath the seabed outside the territorial waters of the Party, provided that the Party has the rights to exploit such waters, seabed and beneath the seabed in accordance with its laws and regulations and international law;

       注釈 この協定のいかなる規定も、海洋法に関する国際連合条約を含む国際法に基づく両締約国の権利及び義務に影響を及ぼすものではない。
	Note:	Nothing in this Agreement shall affect the rights and obligations of the Parties under international law, including those under the United Nations Convention on the Law of the Sea.

    (g) 当該締約国の船舶により、両締約国の領海外から得られる水産物その他の海洋からの生産品
	(g)	goods of sea-fishing and other marine products taken by vessels of the Party from outside the territorial seas of the Parties;

    (h) 当該締約国の工船上において(g)に規定する産品のみから加工され、又は生産される産品
	(h)	goods processed and/or made on board factory ships of the Party exclusively from products referred to in paragraph (g); 

    (i) 当該締約国において収集される産品であって、当該締約国において本来の目的を果たすことができず、又は回復若しくは修理が不可能であり、かつ、処分、部品若しくは原材料の回収又は再利用のみに適するもの
	(i)	articles collected in the Party which can no longer perform their original purpose or be restored or repaired, and are fit only for disposal, for the recovery of parts or raw materials, or for recycling purposes; 

    (j) 本来の目的を果たすことができず、かつ、回復又は修理が不可能な産品から、当該締約国において回収される部品又は原材料
	(j)	parts or raw materials recovered in the Party from articles which can no longer perform their original purpose nor are capable of being restored or repaired; 

    (k) 当該締約国における製造若しくは加工作業(採掘、農業、建設、精製、焼却及び下水処理作業を含む。)又は消費から生ずるくず及び廃品であって、処分又は原材料の回収のみに適するもの
	(k)	scrap and waste derived from manufacturing or processing operations, including mining, agriculture, construction, refining, incineration and sewage treatment operations, or from consumption, in the Party, and fit only for disposal or for the recovery of raw materials; and

    (l) 当該締約国において(a)から(k)までに規定する産品のみから得られ、又は生産される産品
	(l)	goods obtained or produced in the Party exclusively from goods referred to in paragraphs (a) through (k). 

      第二十六条 完全には得られず、又は生産されない産品
Article 26
Goods Not Wholly Obtained or Produced

  1 第二十四条(b)の規定の適用上、次に掲げる産品は、締約国の原産品とする。
1.	For the purposes of paragraph (b) of Article 24, a good shall qualify as an originating good of a Party if:

    (a) 次条に定める計算式を用いて算定する当該産品の原産資格割合(以下この協定において「LVC」という。)が四十パーセント以上の産品であって、生産の最終工程が当該締約国において行われたもの
(a)	the good has a local value content (hereinafter referred to in this Agreement as “LVC”), calculated using the formula set out in Article 27, of not less than 40 percent, and the final process of production has been performed in the Party; or

    (b) 当該産品の生産に使用されたすべての非原産材料について、当該締約国において統一システムの関税分類の変更(以下この協定において「CTC」という。)であって四桁番号の水準におけるもの(すなわち、項の変更)が行われた産品
(b)	all non-originating materials used in the production of the good have undergone in the Party a change in tariff classification (hereinafter referred to in this Agreement as “CTC”) at the 4-digit level (i.e. a change in tariff heading) of Harmonized System.

       注釈 この(b)の規定の適用上、「統一システム」とは、附属書二に定める品目別規則において用いられているものをいう。
	Note:	For the purposes of this paragraph, “Harmonized System” is that on which the product specific rules set out in Annex 2 are based.

     産品が当該締約国の原産品であるか否かを決定するに当たり、各締約国は、当該産品の輸出者がこの(a)又は(b)の規定のいずれを用いるかについて決定することを認める。
Each Party shall permit the exporter of the good to decide whether to use subparagraph (a) or (b) when determining whether the good qualifies as an originating good of the Party.

  2 1の規定にかかわらず、品目別規則の対象となる産品は、附属書二に定める適用可能な品目別規則を満たす場合には、原産品とする。品目別規則がLVCに基づく原産地規則、CTCに基づく原産地規則、特定の製造若しくは加工作業が行われること又はこれらのいずれかのものの組合せを選択することを規定する場合には、産品が締約国の原産品であるか否かを決定するに当たり、各締約国は、当該産品の輸出者がいずれの規則を用いるかについて決定することを認める。   
2.	Notwithstanding paragraph 1, a good subject to product specific rules shall qualify as an originating good if it satisfies the applicable product specific rules set out in Annex 2.  Where a product specific rule provides a choice of rules from an LVC-based rule of origin, a CTC-based rule of origin, a specific manufacturing or processing operation, or a combination of any of these, each Party shall permit the exporter of the good to decide which rule to use in determining whether the good qualifies as an originating good of the Party.

  3 1(a)の規定の適用上、及び附属書二に定める関連する品目別規則であって、特定のLVCを定めるものの適用上、次条に定める計算式を用いて算定する産品のLVCは、当該産品の規則に定める割合以上であることを要件とする。
3.	For the purposes of subparagraph 1(a) and the relevant product specific rules set out in Annex 2 which specify a certain LVC, it is required that the LVC of a good, calculated using the formula set out in Article 27, is not less than the percentage specified by the rule for the good.  

    4 1(b)の規定の適用上、及び附属書二に定める関連する品目別規則の適用上、使用された材料についてCTC又は特定の製造若しくは加工作業が行われることを求める規則は、非原産材料についてのみ適用する。
4. 	For the purposes of subparagraph 1(b) and the relevant product specific rules set out in Annex 2, the rules requiring that the materials used have undergone CTC, or a specific manufacturing or processing operation, shall apply only to non-originating materials.

  	 第二十七条  原産資格割合の算定
Article 27
Calculation of Local Value Content

  1 産品のLVCは、次の計算式を用いて算定する。
1.	For the purposes of calculating the LVC of a good, the following formula shall be used: 

           FOB-VNM              
      LVC=─────────×100 %                                                     
            FOB              
LVC =	FOB	-	VNM	x 100 %
	FOB	

  2 この条の規定の適用上、
2.	For the purposes of this Article:

    (a)     「FOB」とは、3に規定する場合を除くほか、産品の本船渡しの価額(生産者から外国に向けた最終的な積込みを行う港又は場所まで輸送するために要する運賃を含む。)をいう。
(a)	“FOB” is, except as provided for in paragraph 3, the free-on-board value of a good, inclusive of the cost of transport from the producer to the port or site of final shipment abroad; 

    (b) 「LVC」とは、百分率で表示される産品のLVCをいう。
(b)	“LVC” is the LVC of a good, expressed as a percentage; and

    (c) 「VNM」とは、産品の生産において使用されるすべての非原産材料の価額をいう。
(c)	“VNM” is the value of non-originating materials used in the production of a good. 

        3(a) 産品の本船渡しの価額は存在するが、その価額が不明で確認することができない場合には、2(a)に規定するFOBは、当該産品の買手から当該産品の生産者への確認可能な最初の支払に係る価額に調整される価額とする。
3. 	FOB referred to in subparagraph 2(a) shall be the value:
(a) 	adjusted to the first ascertainable price paid for a good from the buyer to the producer of the good, if there is free-on-board value of the good, but it is unknown and cannot be ascertained; or

    (b) 産品の本船渡しの価額が存在しない場合には、2(a)に規定するFOBは、関税評価協定第一条から第八条までの規定に従って決定される価額とする。
(b) 	determined in accordance with Articles 1 through 8 of the Agreement on Customs Valuation, if there is no free-on-board value of a good.

  4 1の規定の適用上、締約国における産品の生産に使用される非原産材料の価額は、次のいずれかの価額とする。
4. 	For the purposes of paragraph 1, the value of non-originating materials used in the production of a good in a Party:

    (a) 関税評価協定に従って決定される価額であって、当該産品の生産者の所在する締約国の輸入港に当該非原産材料を輸送するために要する運賃、保険料、適当な場合のこん包費その他のすべての費用を含むもの
(a) 	shall be determined in accordance with the Agreement on Customs Valuation and shall include freight, insurance, and where appropriate, packing and all other costs incurred in transporting the materials to the importation port in the Party where the producer of the good is located; or

    (b) 当該非原産材料の価額が不明で確認することができない場合には、当該非原産材料についての当該締約国における確認可能な最初の支払に係る価額。ただし、当該非原産材料の供給者の倉庫から当該産品の生産者の所在地まで当該非原産材料を輸送するために当該締約国において要する運賃、保険料、こん包費その他のすべての費用及び当該締約国において要する他の費用(一般的に認められており、かつ、確認可能なものに限る。)を除外することができる。
(b) 	if such value is unknown and cannot be ascertained, shall be the first ascertainable price paid for the materials in the Party, but may exclude all the costs incurred in the Party in transporting the materials from the warehouse of the supplier of the materials to the place where the producer is located such as freight, insurance and packing as well as any other known and ascertainable costs incurred in the Party.

  5 1の規定の適用上、産品のVNMには、当該産品の生産に当たって使用される当該締約国の原産材料の生産において使用される非原産材料の価額を含めない。
5. 	For the purposes of paragraph 1, the VNM of a good shall not include the value of non-originating materials used in the production of originating materials of the Party which are used in the production of the good.

  6 3(b)又は4(a)の規定の適用において産品又は非原産材料の価額を決定するために関税評価協定を適用するに当たり、関税評価協定は、必要な変更を加えて、国内取引の場合又は当該産品若しくは非原産材料の国内取引が存在しない場合について適用する。
6. 	For the purposes of subparagraph 3(b) or 4(a), in applying the Agreement on Customs Valuation to determine the value of a good or non-originating materials, the Agreement on Customs Valuation shall apply, mutatis mutandis, to domestic transactions or to the cases where there is no domestic transaction of the good or non-originating material.

      第二十八条 僅(きん)少の非原産材料
Article 28
De Minimis

  1 第二十六条1(b)に定める要件又は附属書二に定めるCTCに基づく適用可能な原産地規則を満たさない産品については、次の場合には、締約国の原産品とみなす。ただし、当該産品が原産品とされるためのこの章に定める他のすべての関連する基準を満たしている場合に限る。
1.	A good that does not satisfy the requirements of subparagraph 1(b) of Article 26 or an applicable CTC-based rule of origin set out in Annex 2 shall be considered as an originating good of a Party if:

        (a) 統一システムの第一六類、第一九類、第二〇類、第二二類、第二三類、第二八類から第四九類までの各類及び第六四類から第九七類までの各類に分類される産品については、当該産品の生産に使用された非原産材料(必要なCTCが行われていないものに限る。)の総額が当該産品のFOBの十パーセント以下の場合
	(a)	in the case of a good classified under Chapters 16, 19, 20, 22, 23, 28 through 49, and 64 through 97 of the Harmonized System, the total value of non-originating materials used in the production of the good that have not undergone the required CTC does not exceed 10 percent of the FOB; 

    (b) 統一システムの第九類、第一八類及び第二一類に分類される特定の産品については、当該産品の生産に使用された非原産材料(必要なCTCが行われていないものに限る。)の総額が、附属書二に定められているとおり、当該産品のFOBの十パーセント又は七パーセント以下の場合
	(b)	in the case of a particular good classified under Chapters 9, 18, and 21 of the Harmonized System, the total value of non-originating materials used in the production of the good that have not undergone the required CTC does not exceed 10 percent or seven percent of the FOB, as specified in Annex 2; or

    (c) 統一システムの第五〇類から第六三類までの各類に分類される産品については、当該産品の生産に使用された非原産材料(必要なCTCが行われていないものに限る。)の総重量が当該産品の総重量の十パーセント以下の場合
	(c)	in the case of a good classified under Chapters 50 through 63 of the Harmonized System, the weight of all non-originating materials used in the production of the good that have not undergone the required CTC does not exceed 10 percent of the total weight of the good,


							
provided that it meets all other applicable criteria set out in this Chapter for qualifying as an originating good.

              注釈 この1の規定の適用上、前条2(a)の規定を適用する。
Note: For the purposes of this paragraph, subparagraph 2(a) of Article 27 shall apply.

  2 もっとも、1に規定する非原産材料の価額は、産品に適用可能なLVCに基づく原産地規則においては、非原産材料の価額に含める。
2.	The value of non-originating materials referred to in paragraph 1 shall, however, be included in the value of non-originating materials for any applicable LVC-based rule of origin for the good.

      第二十九条 累積
Article 29
Accumulation

    一方の締約国の原産材料であって、他方の締約国において産品を生産するために使用されたものについては、当該他方の締約国の原産材料とみなす。
	Originating materials of a Party used in the production of a good in the other Party shall be considered as originating materials of that other Party. 

            第三十条 原産資格を与えることとならない作業
Article 30
Non-qualifying Operations

   産品については、次の作業が行われることのみを理由として、CTC又は特定の製造若しくは加工作業の要件を満たすものとしてはならない。
	A good shall not be considered to satisfy the requirements of CTC or specific manufacturing or processing operation merely by reason of:

    (a) 輸送又は保管の間に産品を良好な状態に保管することを確保する作業(乾燥、冷凍、塩水漬け等)その他これに類する作業
	(a)	operations to ensure the preservation of products in good condition during transport and storage (such as drying, freezing, keeping in brine) and other similar operations;

    (b) 改装及び仕分
	(b)	changes of packaging and breaking up and assembly of packages;

    (c) 組み立てられたものを分解する作業
	(c)	disassembly; 

    (d) 瓶、ケース及び箱に詰めることその他の単純な包装作業
	(d)	placing in bottles, cases, and boxes and other simple packaging operations;

    (e) 統一システムの解釈に関する通則2(a)の規定に従って一の産品として分類される部品及び構成品の収集
	(e)	collection of parts and components classified as a good pursuant to Rule 2(a) of the General Rules for the Interpretation of the Harmonized System;

    (f) 物品を単にセットにする作業
	(f)	mere making-up of sets of articles; or

    (g) (a)から(f)までの作業の組合せ
	(g)	any combination of operations referred to in subparagraphs (a) through (f).

      第三十一条  直接積送
Article 31
Direct Consignment

  1 関税上の特恵待遇は、この章に規定する要件を満たし、かつ、輸出締約国から輸入締約国へ直接積送される原産品に対して与える。
1.	Preferential tariff treatment shall be accorded to an originating good satisfying the requirements of this Chapter and which is consigned directly from the exporting Party to the importing Party.

  2 次のいずれかの産品は、輸出締約国から輸入締約国へ直接積送されるものとみなす。
2.	The following shall be considered as consigned directly from the exporting Party to the importing Party:

    (a) 輸出締約国から輸入締約国に直接輸送される産品
	(a)	a good transported directly from the exporting Party to the importing Party; or

    (b) 一又は二以上の第三国を経由して輸送される産品。ただし、当該産品について、積替え又は一時蔵置、積卸し及び当該産品を良好な状態に保存するために必要なその他の作業以外の作業が行われていない場合に限る。
	(b)	a good transported through one or more non-Parties, provided that the good does not undergo operations other than transit or temporary storage in warehouses, unloading, reloading, and any other operation to preserve it in good condition. 

        第三十二条 こん包材料及びこん包容器
Article 32
Packing Materials and Containers

  1 産品の輸送又は船積み用のこん包材料及びこん包容器は、当該産品が原産品であるか否かを決定するに当たって考慮しない。
1.	Packing materials and containers for transportation and shipment of a good shall not be taken into account in determining the origin of any good.

  2 産品の生産に使用されたすべての非原産材料について、当該産品に適用可能なCTCに基づく原産地規則を満たしているか否かを決定するに当たり、当該産品の小売用の包装材料及び包装容器については、当該産品に含まれるものとして分類される場合には、考慮しない。
2.	Packing materials and containers in which a good is packaged for retail sale, when classified together with the good, shall not be taken into account in determining whether all of the non-originating materials used in the production of the good have met the applicable CTC-based rule of origin for the good.

  3 産品がLVCに基づく原産地規則の対象となる場合には、当該産品のLVCを算定するに当たり、当該産品の小売用の包装材料及び包装容器の価額を、場合に応じて原産材料又は非原産材料の価額として考慮する。
3.	If a good is subject to an LVC-based rule of origin, the value of the packing materials and containers in which the good is packaged for retail sale shall be taken into account as originating or non-originating materials, as the case may be, in calculating the LVC of the good.

          第三十三条 附属品、予備部品、工具及び解説資料その他の資料
Article 33
Accessories, Spare Parts, Tools,
 and Instructional or Other Information Materials

  1 産品がCTC又は特定の製造若しくは加工作業の要件の対象となる場合には、当該産品が原産品であるか否かを決定するに当たり、当該産品とともに提供される附属品、予備部品、工具及び解説資料その他の資料については、次の(a)及び(b)に定める要件を満たす場合には、考慮しない。
1.	If a good is subject to the requirements of CTC or specific manufacturing or processing operation, the accessories, spare parts, tools, and instructional or other information materials presented with the good shall not be taken into account in determining whether the good qualifies as an originating good, provided that:

    (a) 当該附属品、予備部品、工具及び解説資料その他の資料に係る仕入書が当該産品の仕入書と別立てにされないこと。
	(a)	the accessories, spare parts, tools, and instructional or other information materials are not invoiced separately from the good; and

    (b) 当該附属品、予備部品、工具及び解説資料その他の資料の数量及び価額が当該産品について慣習的なものであること。
	(b)	the quantities and value of the accessories, spare parts, tools, and instructional or other information materials are customary for the good.

  2 産品がLVCに基づく原産地規則の対象となる場合には、当該産品のLVCを算定するに当たり、附属品、予備部品、工具及び解説資料その他の資料の価額を、場合に応じて原産材料又は非原産材料の価額として考慮する。
2.	If a good is subject to an LVC-based rule of origin, the value of the accessories, spare parts, tools, and instructional or other information materials shall be taken into account as the value of the originating or non-originating materials, as the case may be, in calculating the LVC of the good.

     第三十四条 間接材料
Article 34
Indirect Materials

  1 間接材料については、生産される場所のいかんを問わず、原産材料とみなす。
1.	Indirect materials shall be treated as originating materials regardless of where they are produced. 

  2 この条の規定の適用上、「間接材料」とは、他の産品の生産、試験若しくは検査に使用される産品(当該他の産品に物理的に組み込まれないものに限る。)又は他の産品の生産に関連する建物の維持若しくは設備の稼働のために使用される産品をいい、次のものを含む。
2.	For the purposes of this Article, the term “indirect materials” means goods used in the production, testing, or inspection of a good but not physically incorporated into the good, or goods used in the maintenance of buildings or the operation of equipment associated with the production of a good, including:

    (a) 燃料及びエネルギー
	(a)	fuel and energy;

    (b) 工具、ダイス及び鋳型
	(b)	tools, dies, and moulds;

    (c) 設備及び建物の維持のために使用される予備部品及び材料
	(c)	spare parts and materials used in the maintenance of equipment and buildings;

    (d) 生産の過程で使用され、又は設備及び建物の稼働のために使用される潤滑剤、グリース、コンパウンド材その他の材料
	(d)	lubricants, greases, compounding materials, and other materials used in production or used to operate equipment and buildings;

    (e) 手袋、眼鏡、履物、衣類、安全のための設備及び備品
	(e)	gloves, glasses, footwear, clothing, safety equipment, and supplies;

    (f) 産品の試験又は検査に使用される設備、装備及び備品
	(f)	equipment, devices, and supplies used for testing or inspecting the good;  

    (g) 触媒及び溶剤
	(g)	catalysts and solvents; and 

    (h) 他の産品に組み込まれていないその他の産品であって、当該他の産品の生産における使用が当該生産の一部であると合理的に示すことのできるもの
	(h)	any other goods that are not incorporated into the good but whose use in the production of the good can reasonably be demonstrated to be a part of that production.

      第三十五条 同一の又は交換可能な材料
Article 35
Identical and Interchangeable Materials

   同一の又は交換可能な材料が  原産材料であるか否かについての決定は、輸出締約国において適用可能な又は実施されている在庫管理方式についての一般的に認められている会計原則を用いて行う。
	The determination of whether identical and interchangeable materials are originating materials shall be made by the use of generally accepted accounting principles of stock control applicable, or those of inventory management practiced, in the exporting Party.

      第三十六条  運用上の証明手続
Article 36
Operational Certification Procedures

    附属書三に規定する運用上の証明手続は、原産地証明書及び関連事項に関する手続について適用する。
	The operational certification procedures, as set out in Annex 3, shall apply with respect to procedures regarding certificate of origin and related matters.

      第三十七条 原産地規則に関する小委員会
Article 37
Sub-Committee on Rules of Origin

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、原産地規則に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, a Sub-Committee on Rules of Origin (hereinafter referred to in this Article as “the Sub-Committee”) shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a) 次の事項に関し、見直しを行い、及び必要な場合には合同委員会に対し適当な勧告を行うこと。
	(a)		reviewing and making appropriate recommendations, as needed, to the Joint Committee on:

      (i) この章の規定の実施及び運用
	(i)	the implementation and operation of this Chapter;

      (ii) いずれかの締約国が提案する附属書二及び附属書三の付録の改正
	(ii)		any amendments to Annex 2 and Attachment  to Annex 3, proposed by either Party; and

      (iii) 附属書三第十一規則に規定する運用上の規則
	(iii)		the Implementing Regulations referred to in Rule 11 of Annex 3;

    (b) この章の規定に関連する他の問題であって両締約国が合意するものについて検討すること。
	(b)	considering any other matter related to this Chapter, as the Parties may agree; 

    (c) 合同委員会に対し小委員会の所見を報告すること。
	(c)	reporting the findings of the Sub-Committee to the Joint Committee; and

    (d) 合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
	(d)	carrying out other functions as may be delegated by the Joint Committee pursuant to Article 11.

  3 小委員会は、両締約国政府の代表者から成るものとし、また、両締約国の合意に基づき、両締約国政府以外の関係団体の代表者であって、討議される問題に関連する必要な専門知識を有するものを招請することができる。
3.	The Sub-committee shall be composed of representatives of the Governments of the Parties, and may invite representatives of relevant entities other than the Governments of the Parties with necessary expertise relevant to the issues to be discussed, upon agreement of the Parties.

  4 小委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
4.	The Sub-Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties.

        第四章 税関手続
Chapter 4
Customs Procedures

          第三十八条  適用範囲
Article 38
Scope

  1 この章の規定は、税関手続に係る次の事項を促進するために、両締約国間で取引される物品の通関に必要な税関手続について適用する。
1.	This Chapter shall apply to customs procedures required for the clearance of goods traded between the Parties, to promote the following aspects of the customs procedures:

    (a)  透明性
	(a)	transparency;

    (b) 簡素化及び調和
	(b)	simplification and harmonization; and 

    (c)  協力及び情報の交換
	(c)	cooperation and exchange of information. 

  2 この章の規定は、両締約国により、各締約国の法令に従い、かつ、各締約国の税関当局の利用可能な資源の範囲内で実施される。
2.	This Chapter shall be implemented by the Parties in accordance with the laws and regulations of each Party and within the available resources of their respective customs authorities.

          第三十九条 定義
Article 39
Definitions

   この章の規定の適用上、    「関税法令」とは、物品の輸入、輸出及び通過に関して各締約国の税関当局が運用し、及び執行する法令であって、関税、手数料及び他の税に関するもの又は各締約国の関税領域の境界を越える規制物品の移動の禁止、制限その他これらに類する規制に関するものをいう。
For the purposes of this Chapter, the term “customs laws” means such laws and regulations administered and enforced by the customs authority of each Party concerning the importation, exportation, and transit of goods, as they relate to customs duties, charges, and other taxes, or to prohibitions, restrictions, and other similar controls with respect to the movement of controlled items across the boundary of the customs territory of each Party.

          第四十条  透明性
Article 40
Transparency

  1 各締約国は、自国の関税法令に関して一般に利用されるすべての関連情報を、いかなる利害関係者についても、容易に利用可能なものとすることを確保する。
1.	Each Party shall ensure that all relevant information of general application pertaining to its customs laws is readily available to any interested person.

  2 各締約国は、利用可能なものとされた情報を自国の関税法令の改正により修正しなければならない場合には、利害関係者が当該改正を考慮することができるよう、修正された情報を当該改正の効力発生に十分先立って容易に利用可能なものとする。ただし、そのような事前の周知を行うことができない場合は、この限りでない。
2.	When information that has been made available must be revised due to changes in its customs laws, each Party shall make the revised information readily available sufficiently in advance of the entry into force of the changes to enable interested persons to take account of them, unless such an advance notice is precluded.

  3 各締約国は、両締約国の利害関係者の要請があった場合であって適当なときは、自国の関税法令に関し当該利害関係者が提起した個別的な税関に係る事項についての情報をできる限り迅速かつ正確に提供する。各締約国は、特に要請された情報のみでなく、利害関係者が知るべきであると考えるその他の適切な情報も併せて提供する。
3.	At the request of any interested person of the Parties, each Party shall, wherever appropriate, provide, as quickly and as accurately as possible, information relating to the specific customs matters raised by the interested person and pertaining to its customs laws.  Each Party shall supply not only the information specifically requested but also any other pertinent information which it considers the interested person should be made aware of. 

          第四十一条 通関
Article 41
Customs Clearance

  1 両締約国は、予見可能であり、かつ、一貫性及び透明性のある方法でそれぞれの税関手続を適用する。
1.	The Parties shall apply their respective customs procedures in a predictable, consistent, and transparent manner.

  2 各締約国は、両締約国間で取引される物品の速やかな通関のため、次の事項を行う。
2.	For prompt customs clearance of goods traded between the Parties, each Party shall:

    (a)  情報通信技術を利用するよう努めること。
	(a)	endeavor to make use of information and communications technology;

    (b) 税関手続を簡素化すること。
	(b)	simplify its customs procedures;

    (c)  関税協力理事会の主催の下で作成される標準規定及び勧告規定その他の関連する国際的な基準及び勧告された慣行に自国の税関手続を可能な限り調和させること。
	(c)	harmonize its customs procedures, as far as possible, with relevant international standards and recommended practices such as those made under the auspices of the Customs Co-operation Council; and

    (d)  適当な場合には、自国の税関当局と次の当局等との間の協力を促進すること。
	(d)	promote cooperation, wherever appropriate, between its customs authority and:

      (i) 自国の他の国内当局
		(i)	other national authorities of the Party;

      (ii) 自国の貿易関係者
		(ii)	the trading communities of the Party; and

      (iii) 第三国の税関当局
		(iii)	the customs authorities of non-Parties.

  3 各締約国は、影響を受ける当事者に対し、税関に係る事項に関する自国の行政上の行為についての行政上及び司法上の審査手続であって、容易に利用可能なものを提供する。
3.	Each Party shall provide affected parties with easily accessible processes of administrative and judicial review of its administrative actions relating to customs matters.

          第四十二条  通過物品
Article 42
Goods in Transit

   一方の締約国は、千九百九十四年のガット第五条3の規定に従い、他方の締約国からの通過物品又は他方の締約国への通過物品の通関を引き続き円滑に行う。
	Each Party shall continue to facilitate customs clearance of goods in transit from or to the other Party in accordance with paragraph 3 of Article V of the GATT 1994.

          第四十三条  協力及び情報の交換
Article 43
Cooperation and Exchange of Information

  1 両締約国は、税関手続(禁制品の取引の取締り並びに知的財産権を侵害する疑いのある物品の輸入及び輸出の取締りを含む。)の分野において相互に協力し、及び情報を交換する。
1.	The Parties shall cooperate and exchange information with each other in the field of customs procedures, including their enforcement against the trafficking of prohibited goods and the importation and exportation of goods suspected of infringing intellectual property rights.

  2 そのような協力及び情報の交換は、実施取極で定めるところによって実施される。
2.	Such cooperation and exchange of information shall be implemented as provided for in the Implementing Agreement.

  3 第六条3の規定は、この条の規定に基づく情報の交換については、適用しない。
3.	Paragraph 3 of Article 6 shall not apply to the exchange of information under this Article.

          第四十四条  税関手続に関する小委員会
Article 44
Sub-Committee on Customs Procedures

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、税関手続に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Customs Procedures (hereinafter referred to in this Article as “the Sub-Committee”) shall be established in accordance with Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a) この章の規定の実施及び運用について見直しを行うこと。
	(a)	reviewing the implementation and operation of this Chapter;

    (b) 合同委員会に対し小委員会の所見を報告すること。
	(b)	reporting the findings of the Sub-Committee to the Joint Committee;

    (c) この章に関して、両締約国間の貿易を円滑化するために改善されるべき分野を特定すること。
	(c)	identifying areas, relating to this Chapter, to be improved for facilitating trade between the Parties; and

    (d)  合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
	(d)	carrying out other functions as may be delegated by the Joint Committee pursuant to Article 11.

  3  小委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
3.	The Sub-Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties.

  4 小委員会の組織については、実施取極で定める。
4.	The composition of the Sub-Committee shall be specified in the Implementing Agreement.

        第五章 衛生植物検疫措置
Chapter 5
Sanitary and Phytosanitary Measures

          第四十五条 適用範囲
Article 45
Scope

    この章の規定は、両締約国間の物品の貿易に直接又は間接に影響を及ぼす可能性がある両締約国のすべての衛生植物検疫措置であって、世界貿易機関設立協定附属書一A衛生植物検疫措置の適用に関する協定(以下この協定において「衛生植物検疫措置の適用に関する協定」という。)に基づくものについて適用する。
	This Chapter shall apply to all sanitary and phytosanitary (hereinafter referred to in this Chapter as "SPS") measures of the Parties under the Agreement on the Application of Sanitary and Phytosanitary Measures in Annex 1A to the WTO Agreement (hereinafter referred to in this Agreement as “SPS Agreement”), that may, directly or indirectly, affect trade in goods between the Parties. 

      第四十六条 権利及び義務の再確認
Article 46
Reaffirmation of Rights and Obligations

   両締約国は、衛生植物検疫措置の適用に関する協定に基づく衛生植物検疫措置に関する権利及び義務を再確認する。
	The Parties reaffirm their rights and obligations relating to SPS measures under the SPS Agreement.

      第四十七条 照会所
Article 47
Enquiry Points

   一方の締約国は、衛生植物検疫措置に関する他方の締約国からの妥当な照会に応ずることができ、及び適当な場合には関連する情報を提供することができる照会所を指定する。
	Each Party shall designate an enquiry point which is able to answer all reasonable enquiries from the other Party regarding SPS measures and, if appropriate, to provide the relevant information.

      第四十八条 衛生植物検疫措置に関する小委員会
Article 48
Sub-Committee on Sanitary and Phytosanitary Measures

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、衛生植物検疫措置に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Sanitary and Phytosanitary Measures (hereinafter referred to in this Article as “the Sub-Committee”) shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a) 両締約国及び第三国における衛生植物検疫に係る事件の発生等の事項並びに衛生植物検疫に関する規制及び基準の変更又は導入(両締約国間の物品の貿易に直接又は間接に影響を及ぼす可能性があるものに限る。)について情報の交換を行うこと。
	(a)	exchange of information on such matters as occurrences of SPS incidents in the Parties and non-Parties, and change or introduction of SPS-related regulations and standards of the Parties, which may, directly or indirectly, affect trade in goods between the Parties;

    (b)  相互に受け入れることができる解決を得ることを目的として、衛生植物検疫措置の適用から生ずることのある特定の問題を明らかにし、及びこれに取り組むため、科学に立脚した協議を行うこと。
	(b)	science-based consultations to identify and address specific issues that may arise from the application of SPS measures with the objective of achieving mutually acceptable solutions;

    (c)  衛生植物検疫措置に関する国際的な場における両締約国間の協同の努力について協議すること。
	(c)	consulting on cooperative efforts between the Parties in international fora in relation to SPS measures;

    (d) 両締約国間の衛生植物検疫措置に関する技術協力を強化するため、これについて討議すること。
	(d)	discussing technical cooperation between the Parties on SPS measures with a view to strengthening it;

    (e)  この章の規定の実施及び運用について見直しを行うこと。
	(e)	reviewing the implementation and operation of this Chapter;

    (f)  合同委員会に対し小委員会の所見を報告すること。
	(f)	reporting the findings of the Sub-Committee to the Joint Committee; and

    (g)  合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
	(g)	carrying out other functions as may be delegated by the Joint Committee pursuant to Article 11.

  3 小委員会は、衛生植物検疫措置について責任を負う両締約国政府の職員から成る。
3.	The Sub-Committee shall be composed of government officials of the Parties with responsibility for SPS measures.

  4 小委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
4.	The Sub-Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties.

  5 小委員会は、必要な場合には、衛生植物検疫措置に係る特定の分野に関する特別技術作業部会をその補助機関として設置することができる。
5.	The Sub-Committee may, if necessary, establish ad hoc technical working groups as its subsidiary bodies relating to a specific area of SPS measures.

          第四十九条 第十三章の規定の不適用
Article 49
Non-application of Chapter 13

   第十三章の規定は、この章の規定については、適用しない。
	Chapter 13 shall not apply to this Chapter.

        第六章 強制規格、任意規格及び適合性評価手続
Chapter 6
Technical Regulations, Standards, and 
Conformity Assessment Procedures

          第五十条 目的
Article 50
Objectives

   この章の規定は、次の事項によって両締約国間の貿易を促進することを目的とする。
	The objectives of this Chapter are to promote trade between the Parties by:

    (a) 強制規格、任意規格及び適合性評価手続が貿易に不必要な障害をもたらすことのないようにすることを確保すること。
	(a)	ensuring that technical regulations, standards, and conformity assessment procedures do not create unnecessary obstacles to trade;

    (b) 各締約国内の強制規格、任意規格及び適合性評価手続についての相互理解を促進すること。
	(b)	promoting mutual understanding of the technical regulations, standards, and conformity assessment procedures in each Party;

    (c) 強制規格、任意規格及び適合性評価手続の立案、制定及び適用について両締約国間の情報の交換及び協力を強化すること。
	(c)	strengthening information exchange and cooperation between the Parties in relation to the preparation, adoption, and application of technical regulations, standards, and conformity assessment procedures;

    (d) 標準化及び適合性評価に関する作業について、国際的及び地域的な場における両締約国間の協力を強化すること。
	(d)	strengthening cooperation between the Parties at international and regional fora on the work related to standardization and conformity assessments; and 

    (e) この条に規定する目的を実現するための枠組みを提供すること。
	(e)	providing a framework to realize these objectives.

        第五十一条 適用範囲
Article 51
Scope

  1 この章の規定は、世界貿易機関設立協定附属書一A貿易の技術的障害に関する協定(以下この章において「貿易の技術的障害に関する協定」という。)に定義する強制規格、任意規格及び適合性評価手続について適用する。
1.	This Chapter shall apply to technical regulations, standards, and conformity assessment procedures as defined in the Agreement on Technical Barriers to Trade in Annex 1A to the WTO Agreement (hereinafter referred to in this Chapter as “TBT Agreement”).

  2 この章の規定は、政府機関が自らの生産又は消費の必要上作成する購入仕様及び衛生植物検疫措置の適用に関する協定附属書Aに定義する衛生植物検疫措置については、適用しない。
2.	This Chapter shall not apply to purchasing specifications prepared by governmental bodies for production or consumption requirements of governmental bodies and sanitary and phytosanitary measures as defined in Annex A of the SPS Agreement.

  3 この章のいかなる規定も、正当な目的の達成のために必要な限度において、強制規格及び任意規格を立案し、制定し、及び適用する締約国の権利を制限するものではない。正当な目的とは、特に、国家の安全保障上の必要、詐欺的な行為の防止及び人の健康若しくは安全の保護、動物若しくは植物の生命若しくは健康の保護又は環境の保全をいう。
3.	Nothing in this Chapter shall limit the right of a Party to prepare, adopt, and apply technical regulations and standards, to the extent necessary, to fulfill a legitimate objective. Such legitimate objectives are, inter alia, national security requirements; the prevention of deceptive practices; and protection of human health or safety, animal or plant life or health, or the environment. 

        第五十二条 権利及び義務の再確認
Article 52
Reaffirmation of Rights and Obligations

   両締約国は、貿易の技術的障害に関する協定に基づく強制規格、任意規格及び適合性評価手続に関する権利及び義務を再確認する。
	The Parties reaffirm their rights and obligations relating to technical regulations, standards, and conformity assessment procedures under the TBT Agreement.

        第五十三条 協力
Article 53
Cooperation

  1 両締約国は、強制規格、任意規格及び適合性評価手続が両締約国間の物品の貿易に不必要な障害をもたらすことのないことを確保するため、可能な場合には、強制規格、任意規格及び適合性評価手続の分野において協力する。
1.	For the purposes of ensuring that technical regulations, standards, and conformity assessment procedures do not create unnecessary obstacles to trade in goods between the Parties, the Parties shall, where possible, cooperate in the field of technical regulations, standards, and conformity assessment procedures.

  2 1の規定に基づく協力の形態には、次の事項を含めることができる。
2.	The forms of cooperation pursuant to paragraph 1 may include the following: 

    (a) 各締約国内の強制規格、任意規格及び適合性評価手続についての相互理解を増進させるため、共同研究を行い、及びセミナーを開催すること。
	(a)	conducting joint studies and holding seminars, in order to enhance mutual understanding of technical regulations, standards, and conformity assessment procedures in each Party;

    (b) 研修を目的とした両締約国の政府職員の交流を行うこと。
	(b)	exchanging government officials of the Parties for training purposes;

    (c) 強制規格、任意規格及び適合性評価手続について情報の交換を行うこと。
	(c)	exchanging information on technical regulations, standards, and conformity assessment procedures;

    (d)  適当な場合には、国際的及び地域的な場において強制規格、任意規格及び適合性評価手続に関する活動に共同で貢献すること。
	(d)	contributing, where appropriate, jointly to the activities related to technical regulations, standards, and conformity assessment procedures in international and regional fora; 

    (e) 各締約国内の強制規格、任意規格及び適合性評価手続について責任を負う団体が相互に関心を有する事項について協力することを奨励すること。
	(e)	encouraging the bodies responsible for technical regulations, standards, and conformity assessment procedures in each Party to cooperate on matters of mutual interest; and

    (f) 相互承認のための既存の枠組みであって、国際協定に基づき設立され、又は関連する国際的及び地域的な機関によって形成されたものへの参加を拡大すること。
	(f)	enhancing participation in the existing framework for mutual recognition established under international agreements or developed by relevant international and regional bodies.

  3 この条の規定の実施は、各締約国の予算上の資金の利用可能性及び関係法令に従うことを条件とする。
3.	The implementation of this Article shall be subject to the availability of appropriated funds and the applicable laws and regulations of each Party.

      第五十四条 照会所
Article 54
Enquiry Points

  1 各締約国は、この章の規定の実施の調整について責任を負う照会所を指定する。
1.	Each Party shall designate an enquiry point which shall have the responsibility to coordinate the implementation of this Chapter.

  2 一方の締約国は、他方の締約国に対し自国の指定された照会所の名称及び当該照会所の関係職員の連絡先についての詳細(電話、ファクシミリ、電子メールその他の関連する詳細についての情報を含む。)を通報する。
2.	Each Party shall provide the other Party with the name of its designated enquiry point and the contact details of relevant officials in that organization including information on telephone, facsimile, e-mail, and other relevant details.

  3 一方の締約国は、他方の締約国に対し自国の照会所の変更及び関係職員の情報の修正を速やかに通報する。
3.	Each Party shall notify the other Party promptly of any change of its enquiry point or any amendments to the information of the relevant officials.

      第五十五条 強制規格、任意規格及び適合性評価手続に関する小委員会
Article 55
Sub-Committee on Technical Regulations, Standards, and Conformity Assessment Procedures

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、強制規格、任意規格及び適合性評価手続に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Technical Regulations, Standards and Conformity Assessment Procedures (hereinafter referred to in this Article as “the Sub-Committee”) shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a) 第五十三条の規定に基づく協力を調整すること。
	(a)	coordinating cooperation pursuant to Article 53;

    (b) 協力の強化のために相互に合意する優先分野を明らかにすること(いずれかの締約国から提起されるいかなる提案に対しても好意的な考慮を払うことを含む。)。
	(b)	identifying mutually agreed priority sectors for enhanced cooperation, including giving favorable consideration to any proposal made by either Party;

    (c) 他方の締約国の適合性評価の結果及び強制規格の同等性の受入れを円滑にするため、相互に合意する優先分野における事業計画を作成すること。
	(c)	establishing work programs in mutually agreed priority areas to facilitate the acceptance of conformity assessment results of the other Party and equivalence of technical regulations;

    (d) 事業計画の進状(ちよく)況を監視すること。
	(d)	monitoring the progress of work programs;

    (e) この章の規定の実施及び運用について見直しを行うこと。
	(e)	reviewing the implementation and operation of this Chapter;

    (f) 技術的な協議を円滑にすること。
	(f)	facilitating technical consultations;

    (g)  適当な場合には、合同委員会に対し小委員会の所見を報告すること。
	(g)	reporting, where appropriate, its findings to the Joint Committee; and

    (h) 合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
	(h)	carrying out other functions as may be delegated by the Joint Committee pursuant to Article 11.

  3 小委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
3.	The Sub-Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties.

  4(a) 小委員会は、両締約国政府の代表者から成る。
4.	The Sub-Committee shall be:
	(a)	composed of representatives of the Governments of the Parties; and

   (b) 小委員会は、両締約国政府の職員をその共同議長とする。
	(b)	co-chaired by officials of the Governments of the Parties.

                    第五十六条 第十三章の規定の不適用
Article 56
Non-application of Chapter 13

   第十三章の規定は、この章の規定については、適用しない。
Chapter 13 shall not apply to this Chapter.

        第七章 サービスの貿易
Chapter 7
Trade in Services

          第五十七条 適用範囲
Article 57
Scope

  1 この章の規定は、サービスの貿易に影響を及ぼす締約国の措置について適用する。
1.	This Chapter shall apply to measures by a Party affecting trade in services.

  2 この章の規定は、次のものについては、適用しない。
2.	This Chapter shall not apply to:

    (a) 航空運送サービスに関し、運輸権(いかなる方法で与えられるものであるかを問わない。)に影響を及ぼす措置又は運輸権の行使に直接関係するサービスに影響を及ぼす措置。ただし、次に掲げる事項に影響を及ぼすものを除く。
	(a)	in respect of air transport services, measures affecting traffic rights, however granted; or to measures affecting services directly related to the exercise of traffic rights, other than measures affecting:

      (i) 航空機の修理及び保守のサービス
(i)	aircraft repair and maintenance services;

      (ii) 航空運送サービスの販売及びマーケティング
	(ii)	the selling and marketing of air transport services; and

      (iii) コンピュータ予約システムのサービス
		(iii)	computer reservation system services;

    (b) 海上運送サービスのうち内航海運に係るもの
	(b)	cabotage in maritime transport services;

    (c) 出入国管理に関する法令に基づく措置
	(c)	measures pursuant to immigration laws and regulations; 

    (d) 一方の締約国の自然人であって、他方の締約国の雇用市場への進出を求めるものに影響を及ぼす措置及び国籍又は永続的な居住若しくは雇用に関する措置
	(d)	measures affecting natural persons of a Party seeking access to employment market of the other Party, nor measures regarding nationality, or residence or employment on a permanent basis; and

    (e) 政府調達
	(e)	government procurement.

  3 附属書四は、金融サービスに関し、この章の補足規定(適用範囲及び定義を含む。)を定める。
3.	Annex 4 provides supplementary provisions to this Chapter on financial services, including scope and definitions.

                    第五十八条 定義
Article 58
Definitions

   この章の規定の適用上、
	For the purposes of this Chapter, the term:

    (a) 「航空機の修理及び保守のサービス」とは、航空機がサービスを提供していない間に当該航空機又はその一部に対して行われる活動をいい、いわゆるライン・メンテナンスを含まない。
	(a)	“aircraft repair and maintenance services” means such activities when undertaken on an aircraft or a part thereof while it is withdrawn from service and does not include so-called line maintenance;

    (b) 「業務上の拠点」とは、業務を行うための又は自由職業のための事業所をいい、これらの事業所には、サービスの提供を目的として締約国の区域内で行われる次のいずれかの行為により置かれるものを含む。
	(b)	“commercial presence” means any type of business or professional establishment, including through:

      (i) 法人の設立、取得又は維持
		(i)	the constitution, acquisition, or maintenance of a juridical person; or

      (ii) 支店又は代表事務所の設置又は維持
		(ii)	the creation or maintenance of a branch or a representative office,

		within the Area of a Party for the purposes of supplying a service;

    (c) 「コンピュータ予約システムのサービス」とは、航空機の発着予定、空席状況、運賃及び運賃規則に関する情報が組み込まれたコンピュータ・システムを通じて予約を受け付け、又は発券を行うことにより提供するサービスをいう。
	(c)	“computer reservation system services” means services provided by computerized systems that contain information about air carriers’ schedules, availability, fares and fare rules, through which reservations can be made or tickets may be issued;

    (d) 「法人」とは、営利目的であるか否かを問わず、また、民間の所有であるか政府の所有であるかを問わず、関係の法律に基づいて適正に設立され、又は組織される法定の事業体(社団、信託、組合、合弁企業、個人企業及び団体を含む。)をいう。
	(d)	“juridical person” means any legal entity duly constituted or otherwise organized under applicable law, whether for profit or otherwise, and whether privately-owned or governmentally-owned, including any corporation, trust, partnership, joint venture, sole proprietorship, or association;

    (e) 「他方の締約国の法人」とは、次のいずれかの法人をいう。
	(e)	“juridical person of the other Party” means a juridical person which is either:

      (i) 他方の締約国の法律に基づいて設立され、又は組織される法人であって、当該他方の締約国の区域内において実質的な事業活動を行っているもの
		(i)	constituted or otherwise organized under the law of the other Party and is engaged in substantive business operations in the Area of the other Party; or

      (ii) 業務上の拠点を通じてサービスが提供される場合には、次のいずれかの者が所有し、又は支配する法人
		(ii)	in the case of the supply of a service through commercial presence, owned or controlled by:

        (A) 他方の締約国の自然人
			(A)		natural persons of the other Party; or

        (B) (i)に規定する他方の締約国の法人
			(B)	juridical persons of the other Party identified under subparagraph (i);

    (f)(i) 法人が締約国の者又は第三国の者によって「所有」されるとは、当該締約国の者又は当該第三国の者が当該法人の五十パーセントを超える持分を受益者として所有する場合をいう。
	(f)	a juridical person is: 
		(i)	“owned” by persons of a Party or persons of a non-Party if more than 50 percent of the equity interest in it is beneficially owned either by the former persons or by the latter persons;

      (ii) 法人が締約国の者又は第三国の者によって「支配」されるとは、当該締約国の者又は当該第三国の者が当該法人の役員の過半数を指名し、又は当該法人の活動につき法的に指示する権限を有する場合をいう。
		(ii)	“controlled” by persons of a Party or persons of a non-Party if either the former persons or the latter persons have the power to name a majority of its directors or otherwise to legally direct its actions; and

                  (iii) 法人が他の者と「提携」するとは、当該法人が当該他の者を支配し、若しくは当該他の者によって支配される場合又は当該法人及び当該他の者の双方が同一の者によって支配される場合をいう。
		(iii)		“affiliated” with another person when it controls, or is controlled by, that other person; or when it and the other person are both controlled by the same person;

    (g) 「措置」とは、あらゆる措置(法令、規則、手続、決定、行政上の行為その他のいずれの形式であるかを問わない。)をいう。
	(g)	“measure” means any measure, whether in the form of a law, regulation, rule, procedure, decision, administrative action or any other form;

        注釈 「措置」には、サービス貿易一般協定が対象とする範囲内の租税に係る課税措置を含める。
		Note:“measure” shall include taxation measures to the extent covered by the GATS.

        (h) 「締約国の措置」とは、次の措置をいう。
	(h)	“measures by a Party” means any measures taken by:

      (i) 締約国の中央又は地方の政府及び機関がとる措置
		(i)	the central or local governments or authorities of a Party; and

      (ii) 非政府機関が、締約国の中央又は地方の政府又は機関によって委任された権限を行使するに当たってとる措置
		(ii)	non-governmental bodies in the exercise of powers delegated by the central or local governments or authorities of a Party;

    (i) 「サービスの貿易に影響を及ぼす締約国の措置」には、次の措置を含む。
	(i)	“measures by a Party affecting trade in services” includes measures in respect of:

      (i) サービスの購入、支払又は利用に係る措置
		(i)	the purchase, payment, or use of a service;

      (ii) サービスの提供に関連して、当該締約国が公衆一般に提供されることを要求しているサービスへのアクセス及び当該サービスの利用に係る措置
		(ii)	the access to and use of, in connection with the supply of a service, services which are required by the Party to be offered to the public generally; and

      (iii) 当該締約国の区域内におけるサービスの提供のための他方の締約国の者の存在(業務上の拠点を含む。)に係る措置
		(iii)	the presence, including commercial presence, of persons of the other Party for the supply of a service in the Area of the former Party;

    (j) 「独占的なサービス提供者」とは、締約国がその    区域の関連市場におけるサービスの唯一の提供者として法令上又は事実上許可し、又は設立する者(公私を問わない。)をいう。
	(j)	“monopoly supplier of a service” means any person, public or private, which in the relevant market of the Area of a Party is authorized or established formally or in effect by that Party as the sole supplier of that service;

    (k) 「他方の締約国の自然人」とは、他方の締約国内に居住しているか否かを問わず、当該他方の締約国の法律の下で当該他方の締約国の国民である自然人をいう。
	(k)	“natural person of the other Party” means a natural person who resides in the other Party or elsewhere, and who is a national of the other Party under the law of the other Party;

    (l) 「者」とは、自然人又は法人のいずれかをいう。
	(l)	"person" means either a natural person or a juridical person;

    (m) サービスの「分野」とは、次のものをいう。
	(m)	“sector” of a service means:

      (i) 特定の約束については、附属書五の締約国の特定の約束に係る表に特定された当該サービスの一若しくは二以上の又はすべての小分野
		(i)	with reference to a specific commitment,one or more, or all, sub-sectors of that service, as specified in a Party’s Schedule of Specific Commitments in Annex 5; or

      (ii) 当該サービス分野の全体(当該サービス分野のすべての小分野を含む。)
		(ii)	otherwise, the whole of that service sector, including all of its sub-sectors;

    (n) 「サービス」とは、政府の権限の行使として提供されるサービス以外のすべての分野におけるすべてのサービスをいう。
	(n)	“service” includes any service in any sector except a service supplied in the exercise of governmental authority;

    (o) 「サービス消費者」とは、サービスを受け、又は利用する者をいう。
	(o)	“service consumer” means any person that receives or uses a service;

    (p) 「他方の締約国のサービス」とは、次のいずれかのサービスをいう。
	(p)	“service of the other Party” means a service which is supplied:

      (i) 他方の締約国の区域から又はその区域内で提供されるサービス。ただし、海上運送については、他方の締約国の法律に従って登録されている船舶が提供するサービス又は他方の締約国の者が船舶を運航し、若しくは船舶の全体若しくは一部を利用することを通じて提供するサービスに限る。
		(i)	from or in the Area of the other Party, or in the case of maritime transport, by a vessel registered under the laws of the other Party, or by a person of the other Party which supplies the service through the operation of a vessel or its use in whole or in part; or

      (ii) 業務上の拠点又は自然人の存在を通じてサービスが提供される場合には、他方の締約国のサービス提供者が提供するサービス
		(ii)	in the case of the supply of a service through commercial presence or through the presence of natural persons, by a service supplier of the other Party;

        (q) 「政府の権限の行使として提供されるサービス」とは、商業的な原則に基づかず、かつ、一又は二以上のサービス提供者との競争を行うことなく提供されるサービスをいう。
	(q)	“service supplied in the exercise of governmental authority” means any service which is supplied neither on a commercial basis nor in competition with one or more service suppliers;

    (r) 「サービス提供者」とは、サービスを提供する者をいう。
	(r)	“service supplier” means any person that supplies a service;

        注釈 法人がサービスを直接提供せず、支店、代表事務所その他の形態の業務上の拠点を通じて提供する場合には、サービス提供者(すなわち、当該法人)に対し、当該業務上の拠点を通じこの章の規定に基づきサービス提供者に与えられる待遇が与えられる。当該待遇は、当該業務上の拠点に及ぼされるものとし、サービスが提供される締約国の区域の外に所在する当該サービス提供者の部分に及ぼされる必要はない。
		Note:	Where the service is not supplied directly by a juridical person but through other forms of commercial presence such as a branch or a representative office, the service supplier (i.e. the juridical person) shall, nonetheless, through such presence be accorded the treatment provided for service suppliers under this Chapter. Such treatment shall be extended to the presence through which the service is supplied and need not be extended to any other parts of the supplier located outside the Area of a Party where the service is supplied.

    (s) 「サービスの提供」には、サービスの生産、流通、マーケティング、販売及び納入を含む。
	(s)	“supply of a service” includes the production, distribution, marketing, sale, and delivery of a service;

    (t) 「航空運送サービスの販売及びマーケティング」とは、関係する航空運送人が自己の航空運送サービスの販売及びマーケティング(市場調査、広告、流通その他マーケティングのすべての側面を含む。)を自由に行う機会をいう。ただし、これらの活動には、航空運送サービスの価格の決定及びサービスに適用される条件を含まない。
	(t)	“the selling and marketing of air transport services” means opportunities for the air carrier concerned to sell and market freely its air transport services including all aspects of marketing such as market research, advertising, and distribution.  These activities do not include the pricing of air transport services nor the applicable conditions;

    (u) 「サービスの貿易」とは、次に規定する態様のサービスの提供をいう。
	(u)	“trade in services” means the supply of services:

      (i) 一方の締約国の区域から他方の締約国の区域へのサービスの提供(越境の態様による提供)
		(i)	from the Area of a Party into the Area of the other Party (“cross-border supply mode”);

      (ii) 一方の締約国の区域内におけるサービスの提供であって他方の締約国のサービス消費者に対して行われるもの(海外消費の態様による提供)                
		(ii)	in the Area of a Party to the service consumer of the other Party (“consumption abroad mode”);

      (iii) 一方の締約国のサービス提供者によるサービスの提供であって他方の締約国の区域内の業務上の拠点を通じて行われるもの(業務上の拠点を通ずる態様による提供)
		(iii)	by a service supplier of a Party, through commercial presence in the Area of the other Party (“commercial presence mode”); and

      (iv) 一方の締約国のサービス提供者によるサービスの提供であって他方の締約国の区域内において当該一方の締約国の自然人の存在を通じて行われるもの(自然人の存在を通ずる態様による提供)
		(iv)	by a service supplier of a Party, through presence of natural persons of that Party in the Area of the other Party (“presence of natural persons mode”); and

    (v) 「運輸権」とは、いずれかの締約国内の地点を出発地若しくは目的地として又は当該締約国内若しくはその上空において、運航し、又は有償若しくは貸切りで旅客、貨物若しくは郵便物を運送する定期又は不定期の航空運送サービスに係る権利(運航地点、運営路線、運送するものの種類、提供する輸送力、運賃及びその条件並びに数、所有、支配その他航空企業を指定するための基準を含む。)をいう。
	(v)	“traffic rights” means the rights for scheduled and non-scheduled services to operate and/or to carry passengers, cargo and mail for remuneration or hire from, to, within, or over a Party, including points to be served, routes to be operated, types of traffic to be carried, capacity to be provided, tariffs to be charged and their conditions, and criteria for designation of airlines, including such criteria as number, ownership, and control.

          第五十九条 市場アクセス
Article 59
Market Access

  1 一方の締約国は、前条(u)に規定するサービスの提供の態様による市場アクセスに関し、他方の締約国のサービス及びサービス提供者に対し、附属書五の自国の特定の約束に係る表において合意し、及び特定した条件及び制限に基づく待遇よりも不利でない待遇を与える。
1.	With respect to market access through the modes of supply defined in paragraph (u) of Article 58, each Party shall accord services and service suppliers of the other Party treatment no less favorable than that provided for under the terms, limitations and conditions agreed and specified in its Schedule of Specific Commitments in Annex 5.

      注釈 締約国は、前条(u)(i)に規定する提供の態様によるサービスの提供に関し市場アクセスに係る約束を行う場合において、国境を越える資本の移動が当該サービス自体の重要な部分であるときは、当該約束をもって当該資本の移動を認めることを約束したこととする。締約国は、同条(u)(iii)に規定する提供の態様によるサービスの提供に関し市場アクセスに係る約束を行う場合には、当該約束をもって自国の区域への関連する資本の移動を認めることを約束したこととする。
	Note:		If a Party undertakes a market-access commitment in relation to the supply of a service through the mode of supply referred to in subparagraph (u)(i) of Article 58 and if the cross-border movement of capital is an essential part of the service itself, that Party is thereby committed to allow such movement of capital.  If a Party undertakes a market-access commitment in relation to the supply of a service through the mode of supply referred to in subparagraph (u)(iii) of Article 58, it is thereby committed to allow related transfers of capital into its Area.

  2 締約国は、市場アクセスに係る約束を行った分野において、附属書五の自国の特定の約束に係る表において別段の定めをしない限り、小地域を単位とするか自国の区域の全体を単位とするかを問わず、次の措置を維持し、又は採用してはならない。
2.	In sectors where market-access commitments are undertaken, the measures which a Party shall not maintain or adopt either on the basis of a regional subdivision or on the basis of its entire Area, unless otherwise specified in its Schedule of Specific Commitments in Annex 5, are defined as:

    (a) サービス提供者の数の制限(数量割当て、独占、排他的なサービス提供者又は経済上の需要を考慮するとの要件のいずれによるものであるかを問わない。)
	(a)	limitations on the number of service suppliers whether in the form of numerical quotas, monopolies, exclusive service suppliers, or the requirements of an economic needs test;

    (b) サービスの取引総額又は資産総額の制限(数量割当てによるもの又は経済上の需要を考慮するとの要件によるもの)
	(b)	limitations on the total value of service transactions or assets in the form of numerical quotas or the requirement of an economic needs test;

    (c) サービスの事業の総数又は指定された数量単位によって表示されたサービスの総産出量の制限(数量割当てによるもの又は経済上の需要を考慮するとの要件によるもの)
	(c)	limitations on the total number of service operations or on the total quantity of service output expressed in terms of designated numerical units in the form of quotas or the requirement of an economic needs test;

        注釈 この(c)に規定する制限には、サービスの提供のための投入を制限する締約国の措置を含まない。
		Note:		This subparagraph does not cover measures of a Party which limit inputs for the supply of services.

    (d) 特定のサービスの分野において雇用され、又はサービス提供者が雇用する自然人であって、特定のサービスの提供に必要であり、かつ、その提供に直接関係するものの総数の制限(数量割当てによるもの又は経済上の需要を考慮するとの要件によるもの)
	(d)	limitations on the total number of natural persons that may be employed in a particular service sector or that a service supplier may employ and who are necessary for, and directly related to, the supply of a specific service in the form of numerical quotas or the requirement of an economic needs test;

    (e) サービス提供者が合弁企業その他の法定の事業体を通じてサービスを提供する場合において、当該法定の事業体について特定の形態を制限し、又は要求する措置
	(e)	measures which restrict or require specific types of legal entity or joint venture through which a service supplier may supply a service; and

    (f) 外国資本の参加の制限(外国資本による株式保有率又は個別若しくは全体の投資総額の比率の上限を定めるもの)
	(f)	limitations on the participation of foreign capital in terms of maximum percentage limit on foreign shareholding or the total value of individual or aggregate foreign investment.

          第六十条 内国民待遇
Article 60
National Treatment

  1 一方の締約国は、附属書五の自国の特定の約束に係る表に記載する分野において、かつ、当該表に定める条件及び制限に従い、サービスの提供に影響を及ぼすすべての措置に関し、他方の締約国のサービス及びサービス提供者に対し、自国の同種のサービス及びサービス提供者に与える待遇よりも不利でない待遇を与える。
1.	In the sectors inscribed in its Schedule of Specific Commitments in Annex 5, and subject to any conditions and qualifications set out therein, each Party shall accord to services and service suppliers of the other Party, in respect of all measures affecting the supply of services, treatment no less favorable than that it accords to its own like services and service suppliers.

      注釈 この条の規定に基づいて行われる特定の約束は、いずれの締約国に対しても、関連するサービス又はサービス提供者が自国のものでないことにより生ずる競争上の固有の不利益を補償することを要求するものと解してはならない。
Note: Specific commitments assumed under this Article shall not be construed to require either Party to compensate for any inherent competitive disadvantages which result from the foreign character of the relevant services or service suppliers.

  2 一方の締約国は、他方の締約国のサービス及びサービス提供者に対し自国の同種のサービス及びサービス提供者に与える待遇と形式的に同一の待遇を与えるか形式的に異なる待遇を与えるかを問わず、1の規定の義務を履行することができる。
2.	A Party may meet the requirement of paragraph 1 by according to services and service suppliers of the other Party, either formally identical treatment or formally different treatment to that it accords to its own like services and service suppliers.

  3 一方の締約国が他方の締約国のサービス又はサービス提供者に対して与える形式的に同一の又は形式的に異なる待遇により競争条件が当該他方の締約国の同種のサービス又はサービス提供者と比較して自国のサービス又はサービス提供者にとって有利となる場合には、当該待遇は、自国のサービス又はサービス提供者に与える待遇よりも不利であると認める。
3.	Formally identical or formally different treatment shall be considered to be less favorable if it modifies the conditions of competition in favor of services or service suppliers of the Party compared to like services or service suppliers of the other Party.

  4 いずれの一方の締約国も、他方の締約国の措置であって両締約国間の二重課税の回避のための国際協定の適用対象となるものについては、第十三章の規定の適用上、1から3までの規定を援用してはならない。
4.	A Party shall not invoke the preceding paragraphs under Chapter 13 with respect to a measure of the other Party that falls within the scope of an international agreement between the Parties relating to the avoidance of double taxation.

          第六十一条 追加的な約束
Article 61
Additional Commitments

   両締約国は、前二条の規定に基づく特定の約束に係る表への記載の対象となっていないサービスの貿易に影響を及ぼす措置(資格、基準又は免許についての事項に関するものを含む。)に関する約束について交渉することができる。当該約束については、附属書五の自国の特定の約束に係る表に記載する。
	The Parties may negotiate commitments with respect to measures affecting trade in services not subject to scheduling under Articles 59 and 60, including those regarding qualifications, standards, or licensing matters. Such commitments shall be inscribed in a Party’s Schedule of Specific Commitments in Annex 5.

          第六十二条 特定の約束に係る表
Article 62
Schedule of Specific Commitments

  1 各締約国は、前三条の規定に基づいて行う特定の約束を自国の特定の約束に係る表に記載する。附属書五の特定の約束に係る表は、特定の約束を行った分野又は小分野に関し、次の事項を特定する。
1.	Each Party shall set out in its Schedule the specific commitments it undertakes under Articles 59, 60, and 61.  With respect to sectors or sub-sectors where such specific commitments are undertaken, the Party’s Schedule of Specific Commitments in Annex 5 shall specify:

    (a) 市場アクセスの条件及び制限
	(a)	terms, limitations and conditions on market access;

    (b) 内国民待遇についての条件及び制限
	(b)	conditions and qualifications on national treatment;

    (c) 追加的な約束
	(c)	undertakings relating to additional commitments; and

    (d) 適当な場合には、当該特定の約束の履行のための期間
	(d)	where appropriate, the time-frame for implementation of such commitments.

    2 第五十九条及び第六十条のいずれの規定にも適合しない措置は、第五十九条に関する欄に記載する。この場合には、その記載は、第六十条の規定についての条件又は制限でもあるとみなす。
2.	Measures inconsistent with both Articles 59 and 60 shall be inscribed in the column relating to Article 59.  In this case the inscription will be considered to provide a condition or qualification to Article 60 as well.

          第六十三条 最恵国待遇
Article 63
Most-Favored-Nation Treatment

  1 附属書六に別段の定めがある場合を除くほか、一方の締約国は、他方の締約国のサービス及びサービス提供者に対し、第三国の同種のサービス及びサービス提供者に与える待遇よりも不利でない待遇を与える。
1.	Unless otherwise specified in Annex 6, each Party shall accord to services and service suppliers of the other Party treatment no less favorable than that it accords to like services and service suppliers of any non-Party.

  2 1の規定は、締約国によって締結され、及びサービス貿易一般協定第五条又は第五条の二の規定に従って通報される他の協定に基づいて与える待遇については、適用しない。
2.	Treatment granted under other agreements concluded by a Party and notified under Article V or Article V bis of the GATS shall not be subject to paragraph 1.

  3 この協定が効力を生じた後に一方の締約国が2に規定する種類の協定を第三国と締結し、又は改正する場合には、当該一方の締約国は、そのような協定に基づいて当該第三国のサービス及びサービス提供者に与える待遇よりも不利でない待遇を他方の締約国の同種のサービス及びサービス提供者に与える可能性について協議する機会を当該他方の締約国に与える。
3.	If, after this Agreement enters into force, a Party concludes or amends an agreement of the type referred to in paragraph 2 with a non-Party, it shall provide the other Party an opportunity to consult on the possibility of according treatment no less favorable than that granted to services and service suppliers of the non-Party under that agreement to like services and service suppliers of that other Party.

          第六十四条 特定の約束に係る表の修正
Article 64
Modification of Schedules

  1 サービスの貿易に関する特定の約束の修正又は撤回は、第百二十七条1の規定に従って行う。両締約国は、当該修正又は撤回のための交渉において、サービス貿易一般協定第二十一条2(a)の規定に従って、当該交渉の前に附属書五の自国の特定の約束に係る表において与えられた水準よりもサービスの貿易にとって不利とならない互恵的な約束の一般的水準を維持するよう努める。
1.	Any modification or withdrawal of specific commitments on trade in services shall be made in accordance with paragraph 1 of Article 127. In the negotiations for such modification or withdrawal, the Parties shall endeavor, in line with subparagraph 2(a) of Article XXI of the GATS, to maintain a general level of mutually advantageous commitments not less favorable to trade than that provided for in their Schedules of Specific Commitments in Annex 5 prior to such negotiations.

  2 一方の締約国がサービス貿易一般協定に基づく自国の特定の約束に係る表及びこの協定に基づく自国の特定の約束に係る表の双方において同一の約束を記載する場合において、サービス貿易一般協定第二十一条の規定に従い、サービス貿易一般協定に基づく自国の特定の約束に係る表における約束の修正又は撤回を行い、かつ、同条に規定する「影響を受ける加盟国」として他方の締約国に対し補償的な調整を行ったときは、両締約国は、それぞれの関係国内手続に従うことを条件として、当該修正又は撤回を、新たな交渉を行うことなく、この協定に組み込むためにこの協定を改正することに合意する。
2.	With regard to the same commitment that appears in a Party’s Schedule of Specific Commitments under both the GATS and this Agreement, if modification or withdrawal has been made to such commitment with regard to its Schedule of Specific Commitments under the GATS and compensatory adjustment has been made to the other Party as an “affected Member” in accordance with Article XXI of the GATS, the Parties shall agree to amend this Agreement to incorporate such modification or withdrawal into it without further negotiation, subject to their applicable domestic procedures.

          第六十五条 資格、技術上の基準及び免許
Article 65
Qualifications, Technical Standards, and Licensing

   一方の締約国は、他方の締約国のサービス提供者に対する資格要件及び資格の審査に係る手続、技術上の基準並びに免許要件に関連する当該一方の締約国の措置がサービスの貿易に対する不必要な障害とならないことを確保するため、これらの措置が次の基準に適合することを確保するよう努める。
	With a view to ensuring that measures by a Party relating to qualification requirements and procedures, technical standards, and licensing requirements of service suppliers of the other Party do not constitute unnecessary barriers to trade in services, each Party shall endeavor to ensure that such measures:

                (a) 客観的な、かつ、透明性を有する基準(サービスを提供する能力等)に基づくこと。
	(a)	are based on objective and transparent criteria, such as competence and the ability to supply the service;

    (b) サービスの質を確保するために必要である以上に大きな負担とならないこと。
	(b)	are not more burdensome than necessary to ensure the quality of the service; and

    (c) 免許の手続については、それ自体がサービスの提供に対する制限とならないこと。
	(c)	in the case of licensing procedures, are not in themselves a restriction on the supply of the service.

          第六十六条 承認
Article 66
Recognition

  1 一方の締約国は、他方の締約国のサービス提供者に対し許可、免許又は資格証明を与えるための自国の基準の全部又は一部を適用する上で、当該他方の締約国において得られた教育若しくは経験、満たされた要件又は与えられた免許若しくは資格証明を承認することができる。
1.	A Party may recognize the education or experience obtained, requirements met, or licenses or certifications granted in the other Party for the purposes of the fulfillment, in whole or in part, of its standards or criteria for the authorization, licensing, or certification of service suppliers of the other Party.

  2 調和その他の方法により行うことができる1の規定による承認は、両締約国間の協定若しくは取決めに基づいて、又は一方的に、行うことができる。
2.	Recognition referred to in paragraph 1, which may be achieved through harmonization or otherwise, may be based upon an agreement or arrangement between the Parties or may be accorded unilaterally.

  3 一方の締約国が、第三国において得られた教育若しくは経験、満たされた要件又は与えられた免許若しくは資格証明を、当該一方の締約国と当該第三国との間の協定若しくは取決めに基づいて、又は一方的に、承認することとする場合には、
3.	Where a Party recognizes, by agreement or arrangement between the Party and a non-Party or unilaterally, the education or experience obtained, requirements met, or licenses or certifications granted in the non-Party:

    (a) 第六十三条のいかなる規定も、当該一方の締約国に対し、他方の締約国において得られた教育若しくは経験、満たされた要件又は与えられた免許若しくは資格証明を承認することを求めるものと解してはならない。
	(a)	nothing in Article 63 shall be construed to require the Party to accord such recognition to the education or experience obtained, requirements met, or licenses or certifications granted in the other Party;

    (b) 当該一方の締約国は、他方の締約国に対し、当該協定若しくは取決めへの当該他方の締約国の加入について交渉し、又はこれと同等の協定若しくは取決めについて両締約国間で交渉するための機会を十分に与える。
	(b)	the Party shall accord the other Party an adequate opportunity to negotiate the accession of that other Party to such an agreement or arrangement or to negotiate comparable ones with it between the Parties; and

    (c) 当該一方の締約国は、承認を一方的に行う場合には、他方の締約国に対し、当該他方の締約国において得られた教育若しくは経験、満たされた要件又は与えられた免許若しくは資格証明も承認されるべきか否かについて意見を表明するための機会を十分に与える。
	(c)	where the Party accords such recognition unilaterally, the Party shall accord the other Party an adequate opportunity to demonstrate that the education or experience obtained, requirements met, or licenses or certifications granted in the other Party should also be recognized.

          第六十七条 独占及び排他的なサービス提供者
Article 67
Monopolies and Exclusive Service Suppliers

  1 各締約国は、自国の区域内の独占的なサービス提供者が関連する市場において独占的なサービスを提供するに当たりこの章の規定に基づく自国の約束に反する態様で活動しないことを確保する。
1.	Each Party shall ensure that any monopoly supplier of a service in its Area does not, in the supply of the monopoly service in the relevant market, act in a manner inconsistent with the Party’s commitments under this Chapter.

  2 締約国の独占的なサービス提供者が自己の独占権の範囲外のサービスであって当該締約国の特定の約束に従うべきものを提供するに当たって直接に又は提携する法人を通じて競争する場合には、当該締約国は、当該サービス提供者が自国の区域内において当該特定の約束に反する態様で活動するために自己の独占的地位を濫用しないことを確保する。
2.	Where a Party’s monopoly supplier competes, either directly or through an affiliated juridical person, in the supply of a service outside the scope of its monopoly rights and which is subject to that Party’s specific commitments, the Party shall ensure that such a supplier does not abuse its monopoly position to act in the Area of the Party in a manner inconsistent with such commitments.

  3 一方の締約国は、他方の締約国の独占的なサービス提供者が1又は2の規定に反する態様で活動していると信ずるに足りる理由がある場合には、当該他方の締約国に対し、関連業務に関する特定の情報の提供を要請することができる。
3.	If a Party has a reason to believe that a monopoly supplier of a service of the other Party is acting in a manner inconsistent with paragraph 1 or 2, it may request the other Party to provide specific information concerning the relevant operations.

  4 この条の規定は、排他的なサービス提供者の場合、すなわち、締約国が法令上又は事実上、(a)少数のサービス提供者を許可し、又は設立し、かつ、(b)自国の区域内でこれらのサービス提供者の間の競争を実質的に妨げる場合についても適用する。
4.	The provisions of this Article shall also apply to cases of exclusive service suppliers, where a Party, formally or in effect: 

	(a)	authorizes or establishes a small number of service suppliers; and

	(b)	substantially prevents competition among those suppliers in its Area.

          第六十八条 支払及び資金の移転 
Article 68
Payments and Transfers

  1 締約国は、次条に規定する場合を除くほか、自国の特定の約束に関連する経常取引のための資金の国際的な移転及び支払に対して制限を課してはならない。
1.	Except under the circumstances envisaged in Article 69, a Party shall not apply restrictions on international transfers and payments for current transactions relating to its specific commitments.

  2 この章のいかなる規定も、国際通貨基金協定に適合する為替の利用を含め、同協定に基づく国際通貨基金の加盟国としての両締約国の権利及び義務に影響を及ぼすものではない。ただし、締約国は、次条の規定に基づく場合又は国際通貨基金の要請による場合を除くほか、この章の規定に基づく自国の特定の約束であって資本取引に関するものに反するような制限を資本取引に対して課してはならない。
2.	Nothing in this Chapter shall affect the rights and obligations of the Parties as members of the International Monetary Fund under the Articles of Agreement of the International Monetary Fund, including the use of exchange actions which are in conformity with the Articles of Agreement of the International Monetary Fund, provided that a Party shall not impose restrictions on any capital transactions inconsistently with its specific commitments under this Chapter regarding such transactions, except under Article 69, or at the request of the International Monetary Fund.

          第六十九条 国際収支の擁護のための制限
Article 69
Restrictions to Safeguard the Balance of Payments

  1 国際収支及び対外支払に関して重大な困難が生じている場合又は生ずるおそれのある場合には、締約国は、特定の約束を行ったサービスの貿易に対する制限(当該約束に関連する取引のための支払又は資金の移転に対するものを含む。)を課し、又は維持することができる。経済発展又は経済の移行の過程にある締約国の国際収支に対する圧力により、特に経済発展又は経済の移行に係る当該締約国の計画の実施のために十分な資金準備の水準を維持することを確保するために制限を課することが必要となり得ることが認められる。
1.	In the event of serious balance-of-payments and external financial difficulties or threat thereof, a Party may adopt or maintain restrictions on trade in services on which it has undertaken specific commitments, including on payments or transfers for transactions related to such commitments. It is recognized that particular pressure on the balance of payments of a Party in the process of economic development or economic transition may necessitate the use of restrictions to ensure, inter alia, the maintenance of a level of financial reserves adequate for the implementation of its program of economic development or economic transition.

  2 1に規定する制限は、次のすべての要件を満たすものとする。
2.	The restrictions referred to in paragraph 1:

    (a) 他方の締約国が第三国と同等に取り扱われることを確保するものであること。
	(a)	shall ensure that the other Party is treated as favorably as any non-Party;

    (b) 国際通貨基金協定に適合するものであること。
	(b)	shall be consistent with the Articles of Agreement of the International Monetary Fund;

    (c) 他方の締約国の商業上、経済上又は資金上の利益に対し不必要な損害を与えることを避けるものであること。
	(c)	shall avoid unnecessary damage to the commercial, economic, and financial interests of the other Party;

    (d) 1に規定する状況に対処するために必要な限度を超えないものであること。
	(d)	shall not exceed those necessary to deal with the circumstances described in paragraph 1; and

    (e) 一時的なものであり、1に規定する状況が改善するに伴い漸進的に廃止されるものであること。
	(e)	shall be temporary and be phased out progressively as the situation specified in paragraph 1 improves.

  3 締約国は、1に規定する制限を決定するに当たり、自国の経済又は開発の計画にとって一層重要なサービスの提供を優先させることができる。ただし、特定のサービスの分野を保護するために当該制限を課してはならず、また、これを維持してはならない。
3.	In determining the incidence of such restrictions, a Party may give priority to the supply of services which are more essential to its economic or development programs. However, such restrictions shall not be adopted or maintained for the purpose of protecting a particular service sector.

  4 1の規定に基づいて一方の締約国が課し、若しくは維持する制限又はその変更については、他方の締約国に対して速やかに通報する。
4.	Any restrictions adopted or maintained under paragraph 1, or any changes therein, shall be promptly notified to the other Party.

          第七十条 利益の否認
Article 70
Denial of Benefits

  1 各締約国は、法人であるサービス提供者が第三国の者によって所有され、又は支配されており、かつ、次のいずれかの場合に該当すると認めるときは、当該サービス提供者に対し、この章の規定による利益を否認することができる。
1.	A Party may deny the benefits of this Chapter to a service supplier that is a juridical person, where the denying Party establishes that the juridical person is owned or controlled by persons of a non-Party, and that denying Party:

    (a) 当該締約国が当該第三国と外交関係を有していない場合
	(a)	does not maintain diplomatic relations with that non-Party; or

    (b) 当該第三国に関する措置であって、当該法人との取引を禁止するもの又は当該法人に対してこの章の規定による利益を与えることにより当該措置に違反し、若しくは当該措置を阻害することとなるものを当該締約国が採用し、又は維持する場合
	(b)	adopts or maintains measures with respect to that non-Party that prohibit transactions with the juridical person or that would be violated or circumvented if the benefits of this Chapter were accorded to the juridical person.

  2 一方の締約国は、法人であるサービス提供者が他方の締約国のサービス提供者でないと認めるときは、事前の通報及び協議を行うことを条件として、当該サービス提供者に対し、この章の規定による利益を否認することができる。
2.	Subject to prior notification and consultation, a Party may deny the benefits of this Chapter to a service supplier that is a juridical person, if the denying Party establishes that the juridical person is not a service supplier of the other Party. 

          第七十一条 サービスの貿易に関する小委員会
Article 71
Sub-Committee on Trade in Services

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、サービスの貿易に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Trade in Services (hereinafter referred to in this Article as "the Sub-Committee") shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a)     互恵的な基礎の上に一層の自由化を達成し、かつ、権利及び義務の全体的な水準の均衡を確保するため、この章の規定に基づくサービスの貿易に影響を及ぼす措置に関する約束の見直しを行うこと。
	(a)	reviewing commitments, with respect to measures affecting trade in services in this Chapter, with a view to achieving further liberalization on a mutually advantageous basis and securing an overall balance of rights and obligations;

    (b) この章の規定の実施及び運用について見直し及び監視を行うこと。
	(b)	reviewing and monitoring the implementation and operation of this Chapter;

    (c) この章の規定に関連する問題について討議すること。
	(c)	discussing any issues related to this Chapter;

    (d) 合同委員会に対し小委員会の所見を報告すること。
	(d)	reporting the findings of the Sub-Committee to the Joint Committee; and

    (e) 合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
	(e)	carrying out other functions as may be delegated by the Joint Committee pursuant to Article 11.

        3(a) 小委員会は、両締約国政府の代表者から成るものとし、また、両締約国政府以外の関係団体の代表者であって、討議される問題に関連する必要な専門知識を有するものを招請することができる。
3.	The Sub-Committee shall be:
(a)	composed of representatives of the Governments of the Parties and may invite representatives of relevant entities other than the Governments of the Parties with necessary expertise relevant to the issues to be discussed; and

    (b) 小委員会は、両締約国政府の職員をその共同議長とする。
	(b)	co-chaired by officials of the Governments of the Parties.

  4 小委員会の下に、金融サービスに関する作業部会(以下この条において「作業部会」という。)を設置する。作業部会の詳細及び手続については、附属書四で定める。
4.	The working group on financial services (hereinafter referred to in this Article as “the Working Group”) shall be established under the Sub-Committee. The details and procedures of the Working Group shall be specified in Annex 4.

          第七十二条 約束の見直し
Article 72
Review of Commitments

  1 両締約国は、この章の規定に基づき行ったサービスの貿易に関する約束の全般的な水準を改善するため、この協定の効力発生の日から五年以内に見直しを行う。
1.	The Parties shall review commitments on trade in services within five years from the date of entry into force of this Agreement, with the aim of improving the overall level of commitments undertaken by the Parties under this Chapter.

  2 両締約国は、1の規定に従って見直しを行うに当たり、サービス貿易一般協定第四条1及び第十九条2に規定する原則を考慮する。
2.	In reviewing their commitments pursuant to paragraph 1, the Parties shall take into account the principles in paragraph 1 of Article IV and paragraph 2 of Article XIX of the GATS.

          第七十三条 セーフガード措置
Article 73
Emergency Safeguard Measures

   この協定の実施が特定のサービスの分野において一方の締約国に実質的な悪影響を及ぼす場合には、当該一方の締約国は、そのような悪影響に対処するために適切な措置をとることを目的として、他方の締約国に対し協議を要請することができる。そのような協議において、両締約国は、特定の場合における事情を考慮し、かつ、当該協議の時点でサービス貿易一般協定第十条の規定に従って行われる多角的交渉が終了している場合には、当該交渉の結果を考慮する。
	In the event that the implementation of this Agreement causes substantial adverse impact to a Party in a specific service sector, the Party may request consultations with the other Party for the purposes of taking appropriate measures to address such adverse impact. In such consultations, the Parties shall take into account the circumstances of the particular case and the result of the multilateral negotiations pursuant to Article X of the GATS if the said negotiations have been concluded at the time of such consultations.

        第八章 自然人の移動
Chapter 8
Movement of Natural Persons

          第七十四条 適用範囲
Article 74
Scope

  1 この章の規定は、附属書七に定める区分のいずれかに該当する一方の締約国の自然人であって、他方の締約国に入国するものの移動に影響を及ぼす措置について適用する。
1.	This Chapter shall apply to measures affecting the movement of natural persons of a Party who enter the other Party and fall under one of the categories referred to in Annex 7. 

  2 この章の規定は、一方の締約国の自然人であって、他方の締約国の雇用市場への進出を求めるものに影響を及ぼす措置及び国籍又は永続的な居住若しくは雇用に関する措置については、適用しない。
2.	This Chapter shall not apply to measures affecting natural persons of a Party seeking access to employment market of the other Party, nor measures regarding nationality, or residence or employment on a permanent basis. 

  3 この章の規定は、一方の締約国が自国への他方の締約国の自然人の入国又は自国における他方の締約国の自然人の一時的な滞在を規制するための措置(自国の国境を保全し、及び自国の国境を越える自然人の秩序ある移動を確保するために必要な措置を含む。)を適用することを妨げるものではない。ただし、当該措置を、第七十六条の規定に基づく特定の約束の条件に従って当該他方の締約国に与える利益を無効にし、又は侵害するような態様で適用しないことを条件とする。
3.	This Chapter shall not prevent a Party from applying measures to regulate the entry of natural persons of the other Party into, or their temporary stay in, the former Party, including those measures necessary to protect the integrity of, and to ensure the orderly movement of natural persons across, its borders, provided that such measures are not applied in such a manner as to nullify or impair the benefits accruing to the other Party under the terms of specific commitments under Article 76.

      注釈 他方の締約国の自然人に対しては査証を要求し、特定の第三国の自然人に対しては要求しないという事実のみをもって、第七十六条の規定に基づく特定の約束による利益が無効にされ、又は侵害されているとはみなさない。
	Note:	The sole fact of requiring a visa for natural persons of the other Party and not for those of certain non-Parties shall not be regarded as nullifying or impairing benefits under specific commitments under Article 76.

          第七十五条 定義
Article 75
Definitions

   この章の規定の適用上、「締約国の自然人」とは、締約国内に居住しているか否かを問わず、当該締約国の法律の下で当該締約国の国民である自然人をいう。
	For the purposes of this Chapter, the term “natural person of a Party” means a natural person who resides in a Party or elsewhere and who under the law of the Party is a national of the Party.

          第七十六条 特定の約束
Article 76
Specific Commitments

  1 一方の締約国は、この章の規定(附属書七に定める各区分における条件を含む。)に従って、他方の締約国の自然人に対し、入国及び一時的な滞在を許可する。ただし、当該自然人が、入国及び一時的な滞在について適用される自然人の移動に関する当該一方の締約国の法令であってこの章の規定に反しないものに従うことを条件とする。
1.	Each Party shall grant entry and temporary stay to natural persons of the other Party in accordance with this Chapter including the terms of the categories in Annex 7, provided that the natural persons comply with the laws and regulations of the former Party related to movement of natural persons applicable to entry and temporary stay which are not inconsistent with the provisions of this Chapter.

  2 いずれの締約国も、附属書七に別段の定めがある場合を除くほか、1の規定に基づき入国及び一時的な滞在を許可するものの数について制限を課し、又は維持してはならない。
2.	Neither Party shall impose or maintain any limitations on the number of granting entry and temporary stay under paragraph 1, unless otherwise specified in Annex 7. 

          第七十七条 要件及び手続
Article 77
Requirements and Procedures

  1 一方の締約国は、前条の規定に基づく自国の特定の約束の対象となる自然人に関し、自国への入国、自国における当初の一時的な滞在、当該滞在の更新及び適用がある場合には自国における就労に係る許可並びに自国における一時的な滞在に係る資格の変更の許可について、他方の締約国の自然人が効果的な申請を行うために必要な要件及び手続に関する情報を、この協定の効力発生の日に公表し、又は他方の締約国に利用可能なものとする。
1.	Each Party shall publish or otherwise make available to the other Party on the date of entry into force of this Agreement, with respect to natural persons covered by that Party’s specific commitments under Article 76, information on requirements and procedures necessary for an effective application by natural persons of the other Party for the grant of entry into, initial temporary stay in or renewal thereof, and, where applicable, permission to work in, and a change of status of temporary stay in, the former Party. 

  2 一方の締約国は、他方の締約国の自然人から要請があった場合には、1に規定する要件及び手続に関する情報を提供するよう努める。
2.	Each Party shall endeavor to provide, upon request by a natural person of the other Party, information on requirements and procedures referred to in paragraph 1. 

  3 一方の締約国は、自国への入国、自国における当初の一時的な滞在、当該滞在の更新及び適用がある場合には自国における就労に係る許可並びに自国における一時的な滞在に係る資格の変更の許可について、他方の締約国の自然人が効果的な申請を行うに際して影響を及ぼす新たな要件及び手続の導入又は1に規定する現行の要件及び手続の変更を、当該他方の締約国に速やかに通報するよう努める。
3.	Each Party shall endeavor to promptly inform the other Party of the introduction of any new requirements and procedures, or changes in any existing requirements and procedures referred to in paragraph 1 that affect the effective application by natural persons of the other Party for the grant of entry into, initial temporary stay in or renewal thereof, and, where applicable, permission to work in, and a change of status of temporary stay in, the former Party.

  4 一方の締約国は、自国の権限のある当局が1に規定する申請について徴収する手数料自体がこの章の規定に基づく他方の締約国の自然人の移動に対し不当な障害とならないことを確保する。
4.	Each Party shall ensure that fees charged by its competent authorities on application referred to in paragraph 1 do not in themselves represent an unjustifiable impediment to movement of natural persons of the other Party under this Chapter.

  5 一方の締約国は、自国の法令の範囲内で、他方の締約国の自然人の移動に関する要件を簡素化し、かつ、手続を円滑化し、及び迅速化するための措置をとるよう可能な限り努める。
5.	Each Party shall endeavor, to the maximum extent possible, to take measures to simplify the requirements and to facilitate and expedite the procedures relating to the movement of natural persons of the other Party within the framework of its laws and regulations.

          第七十八条 自然人の移動に関する小委員会
Article 78
Sub-Committee on Movement of Natural Persons

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、自然人の移動に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Movement of Natural Persons (hereinafter referred to in this Article as “the Sub-Committee”) shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a) この章の規定の実施及び運用について見直し及び監視を行うこと。
(a)	reviewing and monitoring the implementation and operation of this Chapter;

    (b) 附属書七に規定する追加的な交渉を含め、この章の規定に関連する問題について討議すること。
(b)	discussing any issues related to this Chapter, including the subjects of further negotiations referred to in Annex 7;

    (c) 合同委員会に対し小委員会の所見を報告すること。
(c)	reporting the findings of the Sub-Committee to the Joint Committee; and 

    (d) 合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
(d)	carrying out other functions as may be delegated by the Joint Committee in accordance with Article 11.

          第七十九条 追加的な交渉
Article 79
Further Negotiations

   両締約国は、この協定の効力発生の日の後に、附属書七の規定に従って、交渉を開始する。
The Parties shall, after the date of the entry into force of this Agreement, enter into negotiations in accordance with Annex 7.

        第九章 知的財産
Chapter 9
Intellectual Property

          第八十条 一般規定
Article 80
General Provisions

  1 両締約国は、この章の規定及び両締約国が締結している国際協定に従い、知的財産の十分にして、効果的かつ無差別的な保護を与え、及び確保し、知的財産の保護に関する制度の運用における効率性及び透明性を促進し、並びに侵害、不正使用及び違法な複製への対処として知的財産権を十分かつ効果的に行使するための措置をとる。
1.	The Parties shall grant and ensure adequate, effective, and non-discriminatory protection of intellectual property, promote efficiency and transparency in the administration of intellectual property protection system, and provide for measures for adequate and effective enforcement of intellectual property rights against infringement, counterfeiting, and piracy, in accordance with the provisions of this Chapter and the international agreements to which both Parties are parties. 

  2 両締約国は、両締約国間の貿易及び投資を更に促進するために知的財産の保護の重要性が増大していることを認識して、それぞれ自国の法令に従い、かつ自国の利用可能な資源の範囲内で、知的財産の分野において協力する。
2.	The Parties, recognizing the growing importance of protection of intellectual property in further promoting trade and investment between the Parties, in accordance with their respective laws and regulations and subject to their available resources, shall cooperate in the field of intellectual property.

  3 この章に規定する知的財産とは、次のすべての種類の知的財産をいう。
3.	Intellectual property referred to in this Chapter shall mean all categories of intellectual property: 

   (a) 第八十六条から第九十二条までの規定の対象となるもの
	(a)	that are subject of Articles 86 through 92; and/or

   (b) 世界貿易機関設立協定附属書一C知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(以下この章において「貿易関連知的所有権協定」という。)又は貿易関連知的所有権協定に規定する関連する国際協定に基づくもの
	(b)	that are under the Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights in Annex 1C to the WTO Agreement (hereinafter referred to in this Chapter as “the TRIPS Agreement”) and/or the relevant international agreements referred to in the TRIPS Agreement.

  4 両締約国は、両締約国が締結している知的財産に関する国際協定に規定する義務を履行することについての約束を再確認する。
4.	The Parties reaffirm their commitment to comply with the obligations set out in the international agreements relating to intellectual property to which both Parties are parties.

          第八十一条 内国民待遇
Article 81
National Treatment

    一方の締約国は、貿易関連知的所有権協定第三条及び第五条の規定に従い、知的財産の保護に関し、自国民に与える待遇よりも不利でない待遇を他方の締約国の国民に与える。
	Each Party shall accord to nationals of the other Party treatment no less favorable than the treatment it accords to its own nationals with regard to the protection of intellectual property in accordance with Articles 3 and 5 of the TRIPS Agreement. 

    注釈 この条及び次条の規定の適用上、「国民」とは、貿易関連知的所有権協定におけるものと同一の意味を有するものとし、「保護」には、知的財産権の取得可能性、取得、範囲、維持及び行使に影響する事項並びにこの章において特に取り扱われる知的財産権の使用に影響する事項を含む。
	Note:	For the purposes of Articles 81 and 82, “nationals” shall have the same meaning as in the TRIPS Agreement, and "protection" shall include matters affecting the availability, acquisition, scope, maintenance, and enforcement of intellectual property rights as well as those matters affecting the use of intellectual property rights specifically addressed in this Chapter.

          第八十二条 最恵国待遇
Article 82
Most-Favored-Nation Treatment

    一方の締約国は、貿易関連知的所有権協定第四条及び第五条の規定に従い、知的財産の保護に関し、第三国の国民に与える待遇よりも不利でない待遇を他方の締約国の国民に与える。
	Each Party shall accord to nationals of the other Party treatment no less favorable than the treatment it accords to the nationals of a non-Party with regard to the protection of intellectual property in accordance with Articles 4 and 5 of the TRIPS Agreement.

          第八十三条 手続事項の簡素化及び調和
Article 83
Streamlining and Harmonization of Procedural Matters

  1 各締約国は、知的財産の保護に関する制度の効率的な運用を確保するため、知的財産に関する自国の行政上の手続を簡素化するための適切な措置をとる。
1.	For the purposes of providing efficient administration of intellectual property protection system, each Party shall take appropriate measures to streamline its administrative procedures concerning intellectual property.

  2 いずれの締約国も、特許、実用新案、意匠又は商標に関する出願手続その他の行政上の手続において、自国の権限のある当局に提出される書類(願書、優先権の主張の基礎となる先の出願の当該権限のある当局が受理する言語への翻訳文、委任状及び譲渡証書を含む。)上の署名その他書類を提出した者を特定する方法についての真正の証明を要求することができない。
2.	Neither Party may require the authentication of signatures or other means of self-identification on documents to be submitted to the competent authority of the Party, including applications, translations into a language accepted by such authority of any earlier application whose priority is claimed, powers of attorney, and certifications of assignment, in the course of application procedure or other administrative procedures on patents, utility models, industrial designs, or trademarks.

  3 2の規定にかかわらず、締約国は、次のものを要求することができる。
3.	Notwithstanding paragraph 2, a Party may require:

    (a)	 署名その他書類を提出した者を特定する方法が特許、実用新案登録、意匠登録又は商標登録の権利の移転に関するものである場合において、自国の法令が署名その他書類を提出した者を特定する方法についての真正の証明を要求する旨を定めるときは、その証明
	(a)	the authentication of signatures or other means of self-identification, if the law of the Party so provides, where the signatures or other means of self-identification concern the change in ownership of a patent or a registration of utility models, industrial designs, or trademarks; and

    (b) 自国の権限のある当局に提出された書類上の署名その他書類を提出した者を特定する方法が真正であることについて合理的な疑いがある場合には、証拠の提出。当該権限のある当局は、当該者に対して証拠の提出を要求することを通知するときは、その通知に当該署名その他書類を提出した者を特定する方法が真正であることについて疑う理由を明記する。
	(b)	the submission of evidence if there is a reasonable doubt as to the authenticity of the signature or other means of self-identification on documents submitted to the competent authority of the Party. Where the competent authority notifies the person that the submission of evidence is required, the notification shall state the reason for doubting the authenticity of the signature or other means of self-identification.

  4 いずれの締約国も、出願人又はその代理人以外の者に対し、優先権の主張の基礎となる先の出願の翻訳文の正確性についての認証を要求することができない。
4.	Neither Party may require the certification, by any party other than the applicant or his or her representatives, of the accuracy of a translation of an earlier application whose priority is claimed.

  5 各締約国は、自国の権限のある当局における特許、実用新案、意匠又は商標に関する出願手続その他の行政上の手続に係る委任状が、当該委任状において特定する一若しくは二以上の出願、付与若しくは登録に及ぶものとすることができ、又は、選任を行う者が例外として記載した事項を除き、当該者に係る既存の及び将来のすべての出願、付与若しくは登録に及ぶものとすることができる制度を導入し、及び実施する。
5.	Each Party shall introduce and implement a system in which a power of attorney for application procedures or other administrative procedures on patents, utility models, industrial designs, or trademarks before the competent authority of the Party may relate to one or more applications and/or grants or registrations identified in the power of attorney or, subject to any exception indicated by the appointing person, to all existing and future applications and/or grants or registrations of that person. 

  6 特許の出願及び付与並びにこれらについての公開は、改正された国際特許分類に関する千九百七十一年三月二十四日のストラスブール協定に基づいて設けられた国際特許分類制度に従って分類される。商品及びサービスに係る商標の登録出願及び登録並びにこれらについての公開は、改正された標章の登録のための商品及びサービスの国際分類に関する千九百五十七年六月十五日のニース協定に基づいて設けられた商品及びサービスの国際分類制度に従って分類される。
6.	The applications for and grants of patents and publications thereof shall be classified in accordance with the international patent classification system established under the Strasbourg Agreement Concerning the International Patent Classification of March 24, 1971, as amended. The applications for registrations of, and registrations of, trademarks for goods and services and publication thereof shall be classified in accordance with the international classification system of goods and services established under the Nice Agreement Concerning the International Classification of Goods and Services for the Purposes of the Registration of Marks, of June 15, 1957, as revised and amended. 

 7 各締約国は、特許、実用新案、意匠及び商標の権利の取得及び利用を一層円滑にするため、弁理士制度を改善するよう努める。
7.	Each Party shall endeavor to improve patent attorney system with a view to further facilitating acquisition and utilization of rights to patents, utility models, industrial designs and trademarks.

          第八十四条 透明性
Article 84
Transparency

    各締約国は、知的財産の保護に関する制度の運用における透明性を一層促進するため、自国の法令に従い、次の事項を行う。
	For the purposes of further promoting transparency in administration of intellectual property protection system, each Party shall, in accordance with its laws and regulations: 

    (a)  少なくとも、特許の出願及び付与、実用新案及び意匠の登録、商標の登録出願及び登録、並びに植物の新品種の登録出願及び登録に関する情報を公開するための適切な措置をとること。
	(a)	take appropriate measures to publish information at least on applications for and grants of patents, registrations of utility models and industrial designs, registrations of trademarks and application therefor, and registration of new varieties of plants and application therefor; 

    (b)  (a)に規定する事項に関連する一件書類に含まれている公式の情報を利害関係者に利用可能なものとするよう努めること。
	(b)	endeavor to make available to the interested parties official information contained in the dossiers in connection with matters provided for in paragraph (a);

    (c)  知的財産の保護に関する制度についての情報(知的財産権の効果的な行使を確保するための自国の活動に関する情報を含む。)を公衆に容易に利用可能なものとするよう努めること。
	(c)	endeavor to make easily available to the public information on intellectual property protection system, including information on its efforts to provide effective enforcement of intellectual property rights.

          第八十五条 知的財産の保護についての啓発の促進
Article 85
Promotion of Public Awareness Concerning Protection of Intellectual Property

    両締約国は、知的財産の保護についての啓発(知的財産の使用及び知的財産権の行使についての教育及び普及の計画を含む。)を促進するための適切な措置をとる。
The Parties shall take appropriate measures to enhance public awareness of protection of intellectual property including educational and dissemination projects on the use of intellectual property as well as on the enforcement of intellectual property rights.

          第八十六条 特許
Article 86
Patents

  1 各締約国は、特許出願に係る保護の対象がコンピュータ・プログラムに関連するという理由のみによって、当該特許出願が拒絶されないことを確保する。
1.	Each Party shall ensure that any application for a patent is not rejected solely on the ground that the subject matter claimed in the application is related to a computer program. 

  2 1の規定は、コンピュータ・プログラム自体を特許の対象とすることができるか否かについて、各締約国の法令に従って決定することに影響を及ぼすものではない。
2.	The provisions of paragraph 1 shall not prejudice the patentability of computer programs as such which shall be determined in accordance with the laws and regulations of each Party. 

  3 一方の締約国は、特許出願の公開の後に特許出願人以外の者が業として当該特許出願に係る発明を実施している場合には、自国の法令に従って、当該特許出願人以外の者又は当該特許出願人が当該一方の締約国の権限のある当局に対し当該特許出願を他の出願に先立って審査するよう求める要請を提出することができることを確保する。この場合には、当該一方の締約国の権限のある当局は、当該特許出願人又は当該要請を提出した者に対し、当該発明が実施されていることに関する証明又は当該出願に関連する先行技術に関する調査結果を提供するよう求めることができるものとし、また、問題となっている出願に係る発明と同一又は実質的に同一の発明について当該特許出願人が他方の締約国又は第三国において行った特許出願に関する最終決定であって、当該他方の締約国又は当該第三国の特許に関する行政当局によるものの写しを提出するよう求めることができる。当該一方の締約国の権限のある当局は、当該特許出願人以外の者又は当該特許出願人によるこのような要請が提出された場合には、当該要請を考慮に入れるものとし、適当な場合には、当該特許出願を他の特許出願に先立って審査するよう努める。
3.	Each Party shall ensure that, if an invention claimed in the application for a patent is being worked by any person other than the applicant for the patent in that person’s business after the publication of the application, that person or the applicant for the patent may file a request to the competent authority of the Party that the application be examined in advance of other applications, in accordance with its laws and regulations. In this case, the competent authority of the Party may require the applicant for the patent or the person who filed the request to furnish a proof that the invention is being worked, a result of prior art search in relation to the application, or a copy of the final decision by the administrative authority for patents of the other Party or of a non-Party on an application, which the applicant has filed in the other Party or in the non-Party, of an invention that is the same or substantially the same with the invention claimed in the application at issue. Where such a request has been filed, the competent authority of the Party shall take the request into consideration and endeavor to examine the application in advance of other applications, where appropriate.

  4 各締約国は、特許権者が、特許請求の技術的範囲が限定されることを目的として、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面について、訂正の請求を特許に関する行政当局に提出することができることを確保する。
4.	Each Party shall ensure that a patent owner may file a request for correction of the description, the scope of the claims, or the drawings, that are attached to the application, to the administrative authority for patents for the purpose of restricting the scope of the claims.

          第八十七条 意匠
Article 87
Industrial Designs

    各締約国は、貿易関連知的所有権協定第二十五条及び第二十六条の規定に従い、意匠の十分かつ効果的な保護を確保する。
	Each Party shall ensure adequate and effective protection of industrial designs in accordance with Articles 25 and 26 of the TRIPS Agreement.

          第八十八条 商標
Article 88
Trademarks

    各締約国は、貿易関連知的所有権協定第十五条から第二十一条までの規定に従い、商標の十分かつ効果的な保護を確保する。
	Each Party shall ensure adequate and effective protection of trademarks in accordance with Articles 15 through 21 of the TRIPS Agreement.

          第八十九条 著作権及び関連する権利
Article 89
Copyright and Related Rights

  1 各締約国は、自国の法令及び自国が締結している国際協定に従い、著作権及び関連する権利の効果的な保護を確保する。
1.	Each Party shall ensure effective protection of copyright and related rights in accordance with its laws and regulations and international agreements to which it is a party.

  2 各締約国は、デジタル環境において著作権及び関連する権利を保護するため、自国の法令が適切な法的救済を伴って実施されることを確保する。
2.	Each Party shall ensure that its laws and regulations be implemented with appropriate legal remedies in order to protect copyright and related rights in the digital environment.

  3 各締約国は、自国における著作権及び関連する権利を集中管理する団体の発展を促進するため、自国の法令に従い、適切な措置をとる。
3.	Each Party shall, in accordance with its laws and regulations, take appropriate measures to promote the development of the collective management organizations for copyright and related rights in that Party. 

          第九十条 植物の新品種
Article 90
New Varieties of Plants

    各締約国は、植物の新品種の保護に関する制度を設けることの重要性を認識する。各締約国は、千九百七十二年十一月十日、千九百七十八年十月二十三日及び千九百九十一年三月十九日にジュネーヴで改正された千九百六十一年十二月二日の植物の新品種の保護に関する国際条約に従い、実行可能な限り早期に、すべての植物の種類に対する保護を与えるよう努める。
	Each Party recognizes the importance of providing a system of protection of new varieties of plants and shall endeavor to provide for the protection of all plant genera and species as early as practicable in accordance with the 1991 Act of the International Convention for the Protection of New Varieties of Plants. 

          第九十一条 地理的表示
Article 91
Geographical Indications

    各締約国は、自国の法令及び貿易関連知的所有権協定に従い、地理的表示の十分かつ効果的な保護を確保する。
	Each Party shall ensure adequate and effective protection of geographical indications in accordance with its laws and regulations and with the TRIPS Agreement.

          第九十二条 不正競争
Article 92
Unfair Competition

  1 各締約国は、不正競争行為からの効果的な保護を与える。
1.	Each Party shall provide for effective protection against acts of unfair competition. 

  2 工業上又は商業上の公正な慣習に反するすべての競争行為は、不正競争行為を構成する。
2.	Any act of competition contrary to honest practices in industrial or commercial matters constitutes an act of unfair competition.

  3 特に、次の事項は、不正競争行為として禁止される。
3.	The following acts, in particular, shall be prohibited as acts of unfair competition:

    (a)  いかなる方法によるかを問わず、競争者の営業所、商品又は工業上若しくは商業上の活動との混同を生じさせるようなすべての行為
	(a)	all acts of such a nature as to create confusion by any means whatever with the establishment, the goods, or the industrial or commercial activities, of a competitor;

    (b)  競争者の営業所、商品又は工業上若しくは商業上の活動に関する信用を害するような取引上の虚偽の主張
	(b)	false allegations in the course of trade of such a nature as to discredit the establishment, the goods, or the industrial or commercial activities, of a competitor;

    (c)  商品若しくはサービスの性質、特徴、用途若しくは数量又は商品の製造方法について公衆を誤らせるような取引上の表示及び主張
	(c)	indications or allegations the use of which in the course of trade is liable to mislead the public as to the nature, the characteristics, the suitability for their purpose, or the quantity, of the goods or the services, or the manufacturing process of the goods;

    (d) 不正な利益を得る意図又は他の者に損害を与える意図等各締約国の法令に規定する目的のために、当該他の者の保護された商号若しくは商標と同一若しくは混同を生じさせるほどに類似のドメイン名を使用する権利を取得し、若しくは保有し、又はそのドメイン名を使用する行為
	(d)	acts of acquiring or holding the right to use or using a domain name identical with or confusingly similar to a protected trade name and trademark of another person, for the purposes specified in the laws and regulations of each Party, such as with the intention to gain an unfair profit or the intention to cause damage to that other person.

  4 各締約国は、貿易関連知的所有権協定第三十九条の規定に従い、自国の法令において、開示されていない情報を十分かつ効果的に保護することを確保する。
4.	Each Party shall ensure in its laws and regulations adequate and effective protection of undisclosed information in accordance with Article 39 of the TRIPS Agreement. 

  5 各締約国は、不正競争行為を防止し、又は処罰するために適切な救済について定める。特に、各締約国は、自国の法令に別段の定めがある場合を除くほか、不正競争行為により営業上の利益が影響を受けると考える者が、訴えを提起し、並びに当該不正競争行為の停止若しくは予防、当該不正競争行為を構成する物品の廃棄、当該不正競争行為のために使用された材料及び道具の除去又は当該不正競争行為の結果生じた損害を補償するための賠償を請求することができることを確保する。
5.	Each Party shall establish appropriate remedies to prevent or punish acts of unfair competition. In particular, each Party shall ensure that any person that considers its business interests to be affected by an act of unfair competition may bring legal action and request suspension or prevention of the act, destruction of the goods which constitute the act, removal of materials and implements used for the act, or damages to compensate for the injury which result from the act, unless otherwise provided for in the laws and regulations of the Party.

          第九十三条 国境措置に係る権利行使
Article 93
Enforcement – Border Measures

    各締約国は、貿易関連知的所有権協定第五十一条から第六十条までの規定に従い、国境措置の十分かつ効果的な執行を確保する。
	Each Party shall ensure adequate and effective enforcement of border measures in accordance with Articles 51 through 60 of the TRIPS Agreement.

          第九十四条 民事上の救済に係る権利行使
Article 94
Enforcement – Civil Remedies

  1 各締約国は、知的財産の権利者が、侵害活動を行っていることを知っていたか又は知ることができる合理的な理由を有していた侵害者に対し、知的財産権の侵害によって当該権利者が被った損害を補償するために適当な賠償を請求する権利を有することを確保する。
1.	Each Party shall ensure that the right holder of intellectual property has the right to claim against the infringer damages adequate to compensate for the injury the right holder has suffered because of an infringement of that person’s intellectual property right by an infringer who knowingly, or with reasonable grounds to know, engaged in infringing activity.

  2 各締約国は、関連する事実の性質上、知的財産の権利者が実際に被った経済的損害を立証することが極めて困難な場合には、自国の法令に従って可能な限り、自国の司法当局が当該司法当局に提出された証拠を全体として根拠とすることにより損害賠償額を認定する権限を有することを確保する。
2.	In cases where it is extremely difficult for the right holder of intellectual property to prove the actual economic harm due to the nature of facts concerned, each Party shall ensure, to the extent possible in accordance with its laws and regulations, that its judicial authorities have the authority to determine the amount of damages based on the totality of the evidence presented to them.

  3 各締約国は、知的財産権の侵害に対する効果的な民事上の救済措置を提供するため、必要に応じて、自国の司法制度を改善するための必要な措置をとるよう努める。
3.	Each Party shall endeavor, as necessary, to take necessary measures to improve its judicial system with a view to providing effective civil remedies against infringement of intellectual property rights.

          第九十五条 刑事上の制裁に係る権利行使
Article 95
Enforcement – Criminal Remedies

    各締約国は、刑事上の手続及び刑罰を貿易関連知的所有権協定第六十一条の規定に従って適用することを確保する。
	Each Party shall ensure that criminal procedures and penalties be applied in accordance with Article 61 of the TRIPS Agreement.

          第九十六条 協力
Article 96
Cooperation

  1 両締約国は、第八十条2の規定に従い、知的財産の分野において協力する。
1.	The Parties shall cooperate in the field of intellectual property in accordance with paragraph 2 of Article 80. 

  2 この条の規定に基づく協力の範囲及び形態については、実施取極で定める。
2.	Areas and forms of cooperation under this Article shall be set forth in the Implementing Agreement.

  3 この条の規定に基づく協力に要する費用は、できる限り衝平な方法で負担する。
3.	Costs of cooperation under this Article shall be borne in as equitable a manner as possible.

  4 第十三章の規定は、この条の規定については、適用しない。
4.	Chapter 13 shall not apply to this Article.

          第九十七条 知的財産に関する小委員会
 Article 97
Sub-Committee on Intellectual Property

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、知的財産に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Intellectual Property (hereinafter referred to in this Article as “the Sub-Committee”) shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a)  この章の規定の実施及び運用について見直し及び監視を行うこと。
	(a)	reviewing and monitoring the implementation and operation of this Chapter; 

    (b)  知的財産の保護及び知的財産権の行使を強化し、並びに知的財産の保護に関する制度の効率的なかつ透明性のある運用を促進するため、次の事項を含む知的財産に関連するあらゆる問題について討議すること。
	(b)	discussing any issues related to intellectual property with a view to enhancing protection of intellectual property and enforcement of intellectual property rights and to promoting efficient and transparent administration of intellectual property protection system, such as:

      (i)  特許についての問題
      (ii)  意匠についての問題
      (iii) 商標についての問題
      (iv) インターネット・サービス・プロバイダの責任についての問題
	(i)	issues on patents;
	(ii)	issues on industrial designs; 
	(iii)	issues on trademarks;
	(iv)	issues on liability of internet service providers;

      (v) 不正競争についての問題
      (vi) 国境措置についての問題
      (vii) 地理的表示についての問題
      (viii) 行政上の救済措置についての問題
	(v)	issues on unfair competition; 
	(vi)	issues on border measures;
	(vii)	issues on geographical indications; and
	(viii)	issues on administrative remedies; 

    (c) 合同委員会に対し小委員会の所見及び討議の結果を報告すること。
	(c)	reporting the findings and the outcome of discussions of the Sub-Committee to the Joint Committee; and

    (d)  合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
	(d)	carrying out other functions as may be delegated by the Joint Committee in accordance with Article 11.

 3 小委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
3.	The Sub-Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties.

 4(a)  小委員会は、両締約国政府の代表者から成る。
4.	The Sub-Committee shall be:
	(a)	composed of representatives of the Governments of the Parties; and

    (b)  小委員会は、両締約国政府の職員をその共同議長とする。
	(b)	co-chaired by officials of the Governments. 

          第九十八条 安全保障のための例外
Article 98
Security Exceptions

    この章の規定の適用上、貿易関連知的所有権協定第七十三条の規定は、必要な変更を加えた上で、この協定に組み込まれ、この協定の一部を成す。
	For the purposes of this Chapter, Article 73 of the TRIPS Agreement is incorporated into and forms part of this Agreement, mutatis mutandis.

        第十章 競争
Chapter 10
Competition

          第九十九条 反競争的行為に対する取組による競争の促進
Article 99
Promotion of Competition
by Addressing Anti-competitive Activities

    各締約国は、自国の市場の効率的な機能を円滑にするため、自国の法令に従い、反競争的行為に対する取組により競争を促進する。このような目的のためにとられる措置は、透明性、無差別待遇及び手続の公正な実施の原則に従ってとられなければならない。
	Each Party shall, in accordance with its laws and regulations, promote competition by addressing anti-competitive activities in order to facilitate the efficient functioning of its market. Any measure taken for such purposes shall be taken in conformity with the principles of transparency, non-discrimination, and procedural fairness.

          第百条 定義
Article 100
Definitions

    この章の規定の適用上、
	For the purposes of this Chapter, the term:

    (a) 「反競争的行為」とは、いずれかの締約国の競争法の下で罰則又は排除に係る措置の対象とされる行動又は取引をいう。
	(a)	“anti-competitive activities” means any conduct or transaction that may be subject to penalties or relief under the competition law of either Party; and

    (b) 「競争法」とは、
	(b)	“competition law” means:

      (i) 日本国については、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和二十二年法律第五十四号)並びにその実施について定める命令及び規則並びにそれらの改正をいう。
		(i)	for Japan, the Law Concerning Prohibition of Private Monopoly and Maintenance of Fair Trade (Law No. 54, 1947) and its implementing regulations as well as any amendments thereto; and

      (ii) ベトナムについては、競争法(法律第二七号/二〇〇四/QH一一)並びにその実施について定める命令及び規則並びにそれらの改正をいう。
		(ii)	for Viet Nam, the Competition Law (Law No. 27/2004/QH11) and its implementing regulations as well as any amendments thereto.

          第百一条 反競争的行為に対する取組による競争の促進に関する協力
Article 101
Cooperation on Promoting Competition by Addressing Anti-competitive Activities

    両締約国は、各締約国の競争法の効果的な執行に寄与するとともに、これらの競争法の適用に関連するすべての事項にわたり両締約国政府間の紛争が生ずる可能性を回避し、又は軽減することを目的として、それぞれ自国の法令に従い、かつ、自国の利用可能な資源の範囲内で、反競争的行為に対する取組による競争の促進の分野において協力する。このような協力は、情報の交換、執行活動の通報及び調整並びに協議の形態により行うことができる。
	The Parties shall, in accordance with their respective laws and regulations, cooperate in the field of promoting competition by addressing anti-competitive activities subject to their respective available resources, with a view to contributing to the effective enforcement of the competition law of each Party and to avoiding or lessening the possibility of conflicts between the Governments of the Parties in all matters pertaining to the application of the competition law of each Party. Such cooperation may take the form of exchange of information, notification and coordination of enforcement activities, and consultation.

          第百二条 技術協力
Article 102
Technical Cooperation

    両締約国は、両締約国の競争当局が競争政策の強化及び各締約国の競争法の実施に関連する技術協力活動において協力することが共通の利益であることに合意する。
	The Parties agree that it is in their common interest for the competition authorities of the Parties to work together in technical cooperation activities related to strengthening of competition policy and implementation of the competition law of each Party.

          第百三条 第六条3及び第十三章の規定の不適用
Article 103
Non-application of Paragraph 3 of Article 6 and Chapter 13 

    第六条3及び第十三章の規定は、この章の規定については、適用しない。
	Paragraph 3 of Article 6 and Chapter 13 shall not apply to this Chapter.

          第百四条 雑則
Article 104
Miscellaneous

  1 この章の規定を実施するための詳細な取決めは、両締約国の競争当局間で行うことができる。
1.	Detailed arrangements to implement this Chapter may be made between the competition authorities of the Parties.

  2 この章のいかなる規定も、他の二国間又は多数国間の協定又は取決めに従って両締約国が相互に支援を求め、又は与えることを妨げるものではない。
2.	Nothing in this Chapter shall prevent the Parties from seeking or providing assistance to one another pursuant to other bilateral or multilateral agreements or arrangements.

  3 この章のいかなる規定も、管轄権に関連するあらゆる問題に関するいずれの締約国の政策又は法的立場も害するものと解してはならない。
3.	Nothing in this Chapter shall be construed to prejudice the policy or legal position of either Party regarding any issues related to jurisdiction.

  4 この章のいかなる規定も、他の国際的な協定若しくは取決め又は自国の法律に基づくいずれの締約国の権利及び義務にも影響を及ぼすものと解してはならない。
4.	Nothing in this Chapter shall be construed to affect the rights and obligations of either Party under other international agreements or arrangements or under its laws.

        第十一章 ビジネス環境の整備
Chapter 11
Improvement of the Business Environment

          第百五条  基本原則
Article 105
Basic Principles

   一方の締約国は、自国の法令に従い、自国において事業活動を遂行する他方の締約国の者のためにビジネス環境を一層整備するために適切な措置をとる。
	Each Party shall, in accordance with its laws and regulations, take appropriate measures to further improve the business environment for the persons of the other Party conducting their business activities in the former Party.

          第百六条 政府調達
Article 106
Government Procurement

   各締約国は、自国におけるビジネス環境を整備するに当たって自国の政府調達の効率性を向上させることが重要であることを認識し、政府調達に関する自国の法令、政策及び慣行に従うことを条件として、次の事項を行うよう努める。
	Recognizing the importance of enhancing efficiency of its government procurement in improving the business environment in the Party, each Party, subject to its laws and regulations, policies, and practices on government procurement shall endeavor to:

    (a)  政府調達に関する措置の透明性を高めること。
	(a)	enhance transparency of the measures regarding government procurement; and

    (b) 政府調達に関する措置を公正かつ効果的な方法で実施すること。
	(b)	implement in a fair and effective manner the measures regarding government procurement.

          第百七条  ビジネス環境の整備に関する小委員会
Article 107
Sub-Committee on Improvement of the Business Environment

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、ビジネス環境の整備に関する小委員会(以下この章において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Improvement of the Business Environment (hereinafter referred to in this Chapter as “the Sub-Committee”) shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a)  第百九条の規定に基づいて各締約国により指定されるビジネス環境の整備に関する連絡事務所(以下この章において「連絡事務所」という。)が報告する所見を検討すること。
	(a)	reviewing findings reported by a Liaison Office on Improvement of the Business Environment (hereinafter referred to in this Chapter as the “Liaison Office”) to be designated by each Party under Article 109;

    (b) 自己の発意により、又は連絡事務所が報告する所見に基づき、ビジネス環境に関連する問題に取り組み、及び問題を解決するための方法を追求すること。
	(b)	addressing and seeking ways to resolve issues related to the business environment on its own initiative or based on the findings reported by the Liaison Office;

    (c) 両締約国に対し、小委員会の所見を報告し、及び勧告(両締約国がとるべき措置に関するものを含む。)を行うこと。
	(c)	reporting its findings and making recommendations, including those on measures that should be taken by the Parties, to the Parties;

    (d)  適当な場合には、(c)に規定する勧告について、両締約国がとった措置について見直しを行うこと。
	(d)	reviewing, where appropriate, the measures taken by the Parties in relation to such recommendations referred to in subparagraph (c);

    (e) 適当な方法で、(c)に規定する勧告及び(d)に規定する見直しの結果を公に利用可能なものとすること。
	(e)	making available to the public, in an appropriate manner, the recommendations referred to in subparagraph (c) and the results of the review referred to in subparagraph (d);

    (f) 合同委員会に対し、(c)に規定する勧告並びにこの章の規定の実施及び運用に関するその他の所見を速やかに報告すること。
	(f)	reporting promptly the recommendations referred to in subparagraph (c) and other findings in relation to the implementation and operation of this Chapter to the Joint Committee; 

    (g) 作業の不必要な重複を避けるため、この協定に基づいて設置される他の小委員会と適当な方法で協力すること。そのような協力の形態には、次の事項を含めることができる。
	(g)	cooperating, in an appropriate manner, with other Sub-Committees established under this Agreement, with a view to avoiding unnecessary duplication of works.  The forms of such cooperation may include:

      (i) 検討の結果を当該他の小委員会に報告すること。
      (ii) 当該他の小委員会から意見を求めること。
      (iii)  当該他の小委員会の構成員を小委員会に招請すること。
      (iv)  適当な場合には、当該他の小委員会に対し関連する問題を送付すること。
		(i)	informing the results of consideration to such other Sub-Committees;
		(ii)	seeking opinions from such other Sub-Committees;
		(iii)	inviting to the Sub-Committee the members of such other Sub-Committees; and 
		(iv)	where appropriate, transferring the relevant issues to such other Sub-Committees.

  3 小委員会は、両締約国政府の代表者から成る。小委員会は、両締約国政府以外の関係団体の代表者であって、取り組まれる問題に関連する必要な専門知識を有するものを招請することができる。
3.	The Sub-Committee shall be composed of representatives of the Governments of the Parties.  The Sub-Committee may invite representatives of relevant entities other than the Governments of the Parties with the necessary expertise relevant to the issues to be addressed.

  4 小委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
4.	The Sub-Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties.

          第百八条 協議の場
Article 108
Consulting Fora

   両締約国は、適当な場合には、この章の対象となる事項に関連している両締約国におけるビジネス環境の整備のための両締約国間の既存の協議の場を利用することができる。
	Where appropriate, the Parties may make use of existing consulting fora between the Parties for improvement of the business environment in the Parties in connection with the matters covered by this Chapter.

          第百九条  連絡事務所
Article 109
Liaison Office 

  1 各締約国は、当該締約国における連絡事務所を指定し、及び維持する。一方の締約国による連絡事務所 の指定は、他方の締約国に通報される。
1.	Each Party shall designate and maintain the Liaison Office in the Party. The designation of the Liaison Office by each Party shall be notified to the other Party.

  2 一方の締約国における連絡事務所は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Liaison Office in each Party shall be:

    (a)  自国の法令その他措置であって、他方の締約国の者の事業活動に悪影響を及ぼすおそれがあるものに関する当該他方の締約国の者からの苦情、照会又は協議の要請を受領すること。
	(a)	receiving complaints, inquiries, and/or requests for consultations from the persons of the other Party with regard to the laws, regulations, and other measures of the former Party which may adversely affect the business activities of such persons of the other Party;

    (b) 自国の関係当局に対し、(a)に規定する苦情、照会又は協議の要請を送付すること。
	(b)	transmitting the complaints, inquiries, and/or requests for consultations referred to in subparagraph (a) to relevant authorities of the former Party;

    (c)  苦情を申し立て、照会を行い、又は協議の要請を行った者に対し、自国の関係当局からの回答を送付すること。
	(c)	transmitting responses from the relevant authorities of the former Party to the persons that filed the complaints, made inquiries, and/or made request for consultations; 

    (d)  自国の関係当局と協力して、(a)に規定する者に対し、必要な情報及び助言を提供すること。
	(d)	providing the persons referred to in subparagraph (a) with necessary information and advice in collaboration with relevant authorities of the former Party; and

    (e)  (a)から(d)までに規定する任務の遂行について、合同委員会、関連する小委員会又は前条に規定する既存の協議の場に対し所見を報告すること。
	(e)	reporting its findings, with regard to the exercise of its functions referred to in subparagraphs (a) through (d), to the Joint Committee, relevant Sub-Committees, and/or the existing consulting fora referred to in Article 108.

  3 各締約国における連絡事務所は、苦情を申し立て、照会を行い、又は協議の要請を行った者に対し、合理的な期間内に回答するよう努める。
3.	The Liaison Office in each Party shall endeavor to respond within a reasonable period of time to the persons that filed complaints, made inquiries, and/or made requests for consultations.

  4  一方の締約国における連絡事務所と他方の締約国の者との間の通信であって、2に規定するものについては、当該他方の締約国の政府が指定する当局又は団体を通じて行うことができる。
4.	Communications between the Liaison Office in a Party and the persons of the other Party referred to in paragraph 2 may be conducted through an authority or an organization designated by the Government of the latter Party.

  5 2から4までの規定は、一方の締約国の者が他方の締約国の関係当局に直接接触することを妨げ、又は制限するものと解してはならない。
5.	Paragraphs 2 through 4 shall not be construed as to prevent or restrict any contacts made by the persons of a Party directly to relevant authorities of the other Party.

          第百十条  第十三章の規定の不適用
Article 110
Non-application of Chapter 13

   第十三章の規定は、この章の規定については、適用しない。
	Chapter 13 shall not apply to this Chapter.

        第十二章 協力 
Chapter 12
Cooperation

          第百十一条 基本原則
Article 111
Basic Principles

  1 両締約国は、それぞれ自国の関係法令に従い、両締約国間の貿易及び投資を自由化し、及び円滑化し、並びに両締約国の国民の福祉を増進することを目的として、この協定に基づく協力であって相互の利益に資するものを促進する。このため、両締約国は、次の分野において、両締約国政府間で協力し、並びに必要かつ適当な場合には一方又は双方が両締約国政府以外の団体である当事者の間での協力を奨励し、及び円滑にする。
	The Parties shall, in accordance with their respective applicable laws and regulations, promote cooperation under this Agreement for their mutual benefits in order to liberalize and facilitate trade and investment between the Parties and to promote the well-being of the peoples of the Parties. For this purpose, the Parties shall cooperate between the Governments of the Parties and, where necessary and appropriate, encourage and facilitate cooperation between the parties, one or both of whom are entities other than the Governments of the Parties, in the following fields:

        (a)  農業、林業及び漁業
    (b) 貿易及び投資の促進
    (c)  中小企業
    (d)  人材の管理及び養成
    (e) 観光
    (f)  情報通信技術
    (g) 環境
    (h)  運輸
    (i)  両締約国が相互に合意するその他の分野
	(a)	agriculture, forestry, and fisheries;
	(b)	trade and investment promotion;
	(c)	small and medium enterprises;
	(d)	human resource management and development;
	(e)	tourism;
	(f)	information and communications technology;
	(g)	environment;
	(h)	transportation; and 
	(i)	other fields to be mutually agreed by the Parties.

          第百十二条  協力の範囲及び形態
Article 112
Areas and Forms of Cooperation

   この章の規定に基づく協力の範囲及び形態については、実施取極で定める。
	Areas and forms of cooperation under this Chapter shall be set forth in the Implementing Agreement.

          第百十三条 実施
Article 113
Implementation

  1 この章の規定に基づく協力の実施は、各締約国の予算上の資金その他の資源の利用可能性及び関係法令に従うことを条件とする。
1.	The implementation of cooperation under this Chapter shall be subject to the availability of appropriated funds and other resources, and the applicable laws and regulations of each Party.

  2 この章の規定に基づく協力に要する費用は、資源の効率的かつ効果的な利用により、両締約国間で可能な限り衡平な方法で負担する。
2.	Costs of cooperation under this Chapter shall be borne in as equitable a manner as possible between the Parties through efficient and effective utilization of resources.

          第百十四条 協力に関する小委員会
Article 114
Sub-Committee on Cooperation

  1 この章の規定を効果的に実施し、及び運用するため、第十一条の規定に従って、協力に関する小委員会(以下この条において「小委員会」という。)を設置する。
1.	For the purposes of the effective implementation and operation of this Chapter, the Sub-Committee on Cooperation (hereinafter referred to in this Article as “the Sub-Committee”) shall be established pursuant to Article 11.

  2 小委員会は、次の事項を任務とする。
2.	The functions of the Sub-Committee shall be:

    (a)  第百十一条に規定する各分野における協力に関する意見及び情報を交換し、並びに両締約国間の更なる協力の方法を特定すること。
	(a)	exchanging views and information on cooperation in each of the fields of cooperation referred to in Article 111 and identifying ways of further cooperation between the Parties;

    (b) この章の規定の効果的な実施及び運用に関する問題について、監視及び見直しを行い、並びに討議すること。
	(b)	monitoring, reviewing, and discussing issues concerning the effective implementation and operation of this Chapter;

    (c)  合同委員会に対し、この章の規定の実施及び運用に関連する問題に関する小委員会の所見及び小委員会がとった行動を報告すること。
	(c)	reporting the findings and actions taken by the Sub-Committee to the Joint Committee regarding issues relating to the implementation and operation of this Chapter;

    (d)  6の規定に従って設置される作業部会の任務及び活動を監督すること。
	(d)	supervising the functions and activities of the working groups to be established pursuant to paragraph 6;

    (e) 小委員会の規則及び手続を定めること。
	(e)	establishing its own rules and procedures;

    (f)  この章の規定に関連するあらゆる問題について討議すること。
	(f)	discussing any issues related to this Chapter; and

    (g) 合同委員会が第十一条の規定に基づいて委任するその他の任務を遂行すること。
	(g)	performing other functions as may be delegated by the Joint Committee pursuant to Article 11.

  3 小委員会は、政府開発援助その他の協力のための既存の制度に関する両締約国間の既存の協議の枠組みを尊重するものとし、また、適当な場合には、協力活動の効果的かつ効率的な実施を確保するため、そのような枠組みとの間で情報を共有する。
3.	The Sub-Committee shall respect existing consultation mechanisms between the Parties for Official Development Assistance and other existing cooperation schemes and, as appropriate, share information with such mechanisms to ensure effective and efficient implementation of cooperative activities.

  4 小委員会は、両締約国政府の代表者から成る。小委員会は、小委員会が取り組む問題に関連する必要な専門知識を有する専門家として、両締約国政府以外の関係団体の代表者を招請することができる。
4.	The Sub-Committee shall be composed of representatives of the Governments of the Parties.  The Sub-Committee may invite representatives of relevant entities other than the Governments of the Parties as resource persons with the necessary expertise relevant to the issues to be addressed.

  5 小委員会は、両締約国が合意する時期及び場所において会合する。
5.	The Sub-Committee shall meet at such time and venue as may be agreed by the Parties.

  6 小委員会は、第百十一条に規定する各分野について、小委員会の下に、作業部会を設置することができる。作業部会の任務、組織その他の詳細については、実施取極で定めることができる。
6.	The Sub-Committee may establish a working group under the Sub-Committee for each of the fields of cooperation referred to in Article 111.  The functions, composition, and other details of the working groups may be set forth in the Implementing Agreement.

          第百十五条  次章の規定の不適用
Article 115
Non-application of Chapter 13

   次章の規定は、この章の規定については、適用しない。
	Chapter 13 shall not apply to this Chapter.

        第十三章 紛争解決
Chapter 13
Dispute Settlement

          第百十六条 適用範囲
Article 116
Scope

  1 この協定に別段の定めがある場合を除くほか、この章の規定は、この協定の解釈又は適用に関する両締約国間の紛争の解決について適用する。
1.	Unless otherwise provided for in this Agreement, this Chapter shall apply with respect to the settlement of disputes between the Parties concerning the interpretation or application of this Agreement.

  2 この章のいかなる規定も、両締約国が締結している他の国際協定により利用可能な紛争解決手続を利用する両締約国の権利を害するものではない。
2.	Nothing in this Chapter shall prejudice any rights of the Parties to have recourse to dispute settlement procedures available under any other international agreement to which both Parties are parties.

  3 2の規定にかかわらず、特定の紛争に関しこの章の規定又は両締約国が締結している他の国際協定に従って紛争解決手続が開始された場合には、当該特定の紛争に関し当該紛争解決手続以外の紛争解決手続を利用することはできない。ただし、別個の国際協定に基づく権利又は義務で実質的に異なるものについて争われるときは、この限りでない。
3.	Notwithstanding paragraph 2, once a dispute settlement procedure has been initiated under this Chapter or under any other international agreement to which both Parties are parties with respect to a particular dispute, that procedure shall be used to the exclusion of any other procedure for that particular dispute.  However, this shall not apply if substantially separate and distinct rights or obligations under different international agreements are in dispute.

  4 2及び3の規定の適用上、紛争解決手続は、締約国がこの章の規定又は両締約国が締結している他の国際協定に従って仲裁裁判所又は紛争解決委員会の設置を要請し、又はこれらに紛争を付託したときに、開始されたものとみなす。
4.	For the purposes of paragraphs 2 and 3, a dispute settlement procedure shall be deemed to have been initiated when a Party has requested the establishment of, or referred a dispute to, an arbitral tribunal or a dispute settlement panel, in accordance with this Chapter or any other international agreement to which the Parties are parties.

          第百十七条 協議
Article 117
Consultations

  1 一方の締約国は、この協定の解釈又は適用に関するいかなる問題についても、他方の締約国に対し書面により協議を要請することができる。
1.	Either Party may make a request in writing for consultations to the other Party concerning any matter on the interpretation or application of this Agreement. 

  2 協議の要請は、書面により提出されるものとし、並びに問題となっている特定の措置並びに申立ての根拠とされる事実及び法的根拠(該当する場合には、違反があったとされるこの協定の規定その他関連するこの協定の規定を含む。)を示すものとする。
2.	Any request for consultations shall be submitted in writing, containing the identification of the specific measures at issue and indication of the factual and legal basis (including, if applicable, the provisions of this Agreement alleged to have been breached and any other relevant provisions) of the complaint.

  3 一方の締約国が1の規定に基づいて協議の要請を行う場合には、他方の締約国は、問題の迅速なかつ相互に満足すべき解決を図るため、その要請に応ずるものとし、当該要請が受領された日の後三十日以内に誠実に協議を開始する。腐敗しやすい物品に関する協議の場合には、当該他方の締約国は、当該要請が受領された日の後十五日以内に協議を開始する。
3.	When a Party makes a request for consultations pursuant to paragraph 1, the other Party shall reply to the request and enter into consultations in good faith within 30 days after the date of receipt of the request, with a view to reaching a prompt and mutually satisfactory resolution of the matter.  In case of consultations regarding perishable goods, the other Party shall enter into consultations within 15 days after the date of receipt of the request.

          第百十八条  あっせん、調停又は仲介
Article 118
Good Offices, Conciliation, or Mediation

  1 いずれの締約国も、あっせん、調停又は仲介を随時要請することができる。いずれの手続も、両締約国の合意により、いつでも開始することができるものとし、また、いずれかの締約国の要請により、いつでも終了することができる。
1.	Good offices, conciliation, or mediation may be requested at any time by either Party.  They may begin at any time by agreement of the Parties and be terminated at any time upon the request of either Party.

  2 両締約国が合意する場合には、この章に定める仲裁裁判手続の進行中においても、あっせん、調停又は仲介を継続することができる。
2.	If the Parties agree, good offices, conciliation, or mediation may continue while the proceedings of the arbitral tribunal provided for in this Chapter are in progress.

          第百十九条 仲裁裁判所の設置
Article 119
Establishment of Arbitral Tribunals

  1 第百十七条の規定に基づいて協議を要請した締約国であって申立てを行うものは、次のいずれかの場合には、申立てを受けた締約国に対し書面により仲裁裁判所の設置を要請することができる。ただし、当該申立てを受けた締約国がこの協定に基づく義務の履行を怠った結果又はこの協定に基づく義務に反する措置をとった結果、申立てを行った締約国が、この協定に基づいて自国に与えられた利益が無効にされ、又は侵害されていると認めることを条件とする。
1.	The complaining Party that made a request for consultations under Article 117 may request in writing the establishment of an arbitral tribunal to the Party complained against:

    (a) 協議の要請が受領された日の後三十日以内に、又は腐敗しやすい物品に関する協議の場合には十五日以内に、当該申立てを受けた締約国が協議を開始しない場合
	(a)	if the Party complained against does not enter into such consultations within 30 days, or within 15 days in case of consultations regarding perishable goods, after the date of receipt of the request for such consultations; or

    (b) 協議の要請が受領された日の後六十日以内に、又は腐敗しやすい物品に関する協議の場合には三十日以内に、両締約国が協議により紛争を解決することができない場合
	(b)	if the Parties fail to resolve the dispute through such consultations within 60 days, or within 30 days in case of consultations regarding perishable goods, after the date of receipt of the request for such consultations, 

provided that the complaining Party considers that any benefit accruing to it under this Agreement is being nullified or impaired as a result of the failure of the Party complained against to carry out its obligations under this Agreement, or as a result of the application by the Party complained against of measures which are in conflict with its obligations under this Agreement.

  2 この条の規定による仲裁裁判所の設置の要請には、次の事項を明記する。
2.	Any request for the establishment of an arbitral tribunal pursuant to this Article shall identify:

    (a) 違反があったとされるこの協定の規定その他関連するこの協定の規定を含む申立ての法的根拠
	(a)	the legal basis of the complaint including the provisions of this Agreement alleged to have been breached and any other relevant provisions; and

    (b) 申立ての根拠とされる事実
	(b)	the factual basis for the complaint.

  3 各締約国は、仲裁裁判所の設置の要請が受領された日の後三十日以内に一人の仲裁人を任命し(自国民を任命することができる。)、及び裁判長となる第三の仲裁人の候補者を三人まで提案する。第三の仲裁人は、いずれかの締約国の国民であってはならず、いずれかの締約国に日常の住居を有してはならず、いずれかの締約国により雇用されてはならず、及びいかなる資格においても対象となる紛争を取り扱ったことがあってはならない。
3.	Each Party shall, within 30 days after the date of receipt of the request for the establishment of an arbitral tribunal, appoint one arbitrator who may be its national and propose up to three candidates to serve as the third arbitrator who shall be the chair of the arbitral tribunal.  The third arbitrator shall not be a national of either Party, nor have his or her usual place of residence in either Party, nor be employed by either Party, nor have dealt with the dispute in any capacity.

  4 両締約国は、仲裁裁判所の設置の要請が受領された日の後四十五日以内に、3の規定に従って提案された候補者を考慮して、第三の仲裁人を合意により任命する。
4.	The Parties shall agree on and appoint the third arbitrator within 45 days after the date of receipt of the request for the establishment of an arbitral tribunal, taking into account the candidates proposed pursuant to paragraph 3.  

  5 いずれかの締約国が3の規定により仲裁人を任命しなかった場合又は両締約国が4の規定により第三の仲裁人を合意により任命することができない場合には、世界貿易機関の事務局長に対し、必要な任命をするよう直ちに要請するものとする。当該事務局長がいずれかの締約国の国民である場合には、事務次長又は次の地位の職員のいずれかのうちいずれかの締約国の国民でない者に対し、必要な任命をするよう要請するものとする。
5.	If either Party has not appointed an arbitrator pursuant to paragraph 3, or if the Parties fail to agree on and appoint the third arbitrator pursuant to paragraph 4, the Director-General of the World Trade Organization shall immediately be requested to make the necessary appointments.  In the event that the Director-General is a national of either Party, the Deputy Director-General or the officer next in seniority who is not a national of either Party shall be requested to make the necessary appointments.

  6 仲裁裁判所の設置の日は、裁判長が任命された日とする。
6.	The date of the establishment of an arbitral tribunal shall be the date on which the chair is appointed.

  7 仲裁裁判所は、適切な技術的又は法的知見を有する仲裁人から構成すべきである。
7.	An arbitral tribunal should be composed of arbitrators with relevant technical or legal expertise.

          第百二十条 仲裁裁判所の任務
Article 120
Functions of Arbitral Tribunals

  1 前条の規定により設置される仲裁裁判所は、
1.	The arbitral tribunal established pursuant to Article 119:

    (a) 必要に応じて両締約国と協議すべきであり、また、両締約国が相互に満足すべき解決を図るための十分な機会を与えるべきである。
	(a)	should consult with the Parties as appropriate and provide adequate opportunities for the development of a mutually satisfactory resolution;

    (b) この協定及び適用可能な国際法の規則に従って裁定を下す。
	(b)	shall make its award in accordance with this Agreement and applicable rules of international law;

    (c) 裁定においては、その理由を付し、並びに法及び事実に関する認定を行う。
	(c)	shall set out, in its award, its findings of law and fact, together with the reasons therefor; and

    (d) (c)に規定する認定とは別に、第百二十三条の規定との関連において、その実施方法についての提案を裁定に含め、これを両締約国による考慮に付することができる。
	(d)	may, apart from giving its findings, include in its award suggested implementation options for the Parties to consider in conjunction with Article 123. 

  2 仲裁裁判所は、必要かつ適当と認める関係情報の提供を両締約国に要請することができる。仲裁裁判所が情報の提供を要請する場合には、両締約国は、迅速かつ十分にこれに応ずるものとする。
2.	The arbitral tribunal may seek, from the Parties, such relevant information as it considers necessary and appropriate.  The Parties shall respond promptly and fully to any request by the arbitral tribunal for such information.

  3 仲裁裁判所は、いかなる関係者に対しても情報の提供を要請することができるものとし、また、問題の一定の側面についての意見を得るために専門家と協議することができる。仲裁裁判所は、いずれかの締約国が提起した科学上又は技術上の事項に関する事実に係る問題については、専門家に対し意見書の提出を要請することができる。仲裁裁判所は、いずれかの締約国の要請により、又は自己の発意により、仲裁裁判手続を通じて仲裁裁判所を補佐する二人以上の科学又は技術の分野における専門家を、両締約国と協議の上選定することができる。ただし、当該専門家は、裁定その他の仲裁裁判所によるいかなる決定に際しても投票権を有しない。
3.	The arbitral tribunal may seek information from any relevant source and may consult experts to obtain their opinion on certain aspects of the matter.  With respect to factual issues concerning a scientific or other technical matter raised by a Party, the arbitral tribunal may request advisory reports in writing from experts.  The arbitral tribunal may, at the request of a Party or on its own initiative, select, in consultation with the Parties, no fewer than two scientific or technical experts who shall assist the arbitral tribunal throughout its proceedings, but who shall not have the right to vote in respect of any decision to be made by the arbitral tribunal, including its award.

          第百二十一条 仲裁裁判手続
Article 121
Proceedings of Arbitral Tribunals

  1 この条に規定する規則及び手続は、仲裁裁判手続について適用する。
1.	The rules and procedures as set out in this Article shall apply to the proceedings of an arbitral tribunal.  

  2 両締約国は、仲裁裁判所と協議の上、この条の規定と反しない追加的な規則及び手続を採択することにつき合意することができる。
2.	The Parties, in consultation with the arbitral tribunal, may agree to adopt additional rules and procedures not inconsistent with the provisions of this Article. 

  3 仲裁裁判所は、両締約国と協議の上、実行可能な限り速やかに、可能な場合には仲裁裁判所の設置の後七日以内に、仲裁裁判所の検討の日程を定める。仲裁裁判所のために定められる日程は、両締約国による意見書の提出について明確な期限を含むものとする。日程の修正は、仲裁裁判所と協議の上、両締約国間の合意により行うことができる。
3.	After consulting the Parties, the arbitral tribunal shall as soon as practicable and whenever possible within seven days after the establishment of the arbitral tribunal, fix the timetable for the arbitral tribunal process.  The timetable fixed for the arbitral tribunal shall include precise deadlines for written submissions by the Parties.  Modifications to such timetable may be made by the agreement of the Parties in consultation with the arbitral tribunal.

  4 仲裁裁判手続の場所は、両締約国間の合意により決定されるものとする。そのような合意がない場合には、仲裁裁判手続の第一回会合は申立てを受けた締約国の首都において行い、その後は両締約国の首都において交互に行うものとする。
4.	The venue for the arbitral tribunal proceedings shall be decided by mutual agreement between the Parties.  If there is no agreement, the venue shall alternate between the capitals of the Parties with the first meeting of the arbitral tribunal proceedings to be held in the capital of the Party complained against. 

  5 仲裁裁判は、非公開とする。両締約国は、仲裁裁判所により出席するよう招請された場合に限り、その会合に出席する。
5.	The arbitral tribunal shall meet in closed session. The Parties shall be present at the meetings only when invited by the arbitral tribunal to appear before it. 

  6 両締約国は、仲裁裁判手続における表明、陳述又は反論の場に出席する機会を与えられる。一方の締約国が仲裁裁判所に提出した情報又は意見書(裁定案の説明部分に関する意見及び仲裁裁判所の質問に対する回答を含む。)については、他方の締約国による利用を可能としなければならない。
6.	The Parties shall be given the opportunity to attend any of the presentations, statements or rebuttals in the proceedings.  Any information provided or written submissions made by a Party to the arbitral tribunal, including any comments on the descriptive part of the draft award and responses to questions put by the arbitral tribunal, shall be made available to the other Party.

  7 仲裁裁判所の評議及び仲裁裁判所に提出された文書は、秘密のものとして取り扱う。
7.	The deliberations of the arbitral tribunal and the documents submitted to it shall be kept confidential.

  8 7の規定にかかわらず、いずれの一方の締約国も、紛争に関する見解について公に表明することができる。ただし、他方の締約国が秘密であると指定して仲裁裁判所に提出した情報又は意見書については、これを秘密のものとして取り扱う。一方の締約国は、秘密であると指定して情報又は意見書を提出した場合には、他方の締約国の要請に基づき、当該情報又は意見書について公開し得る秘密でない要約を提出する。
8.	Notwithstanding paragraph 7, either Party may make public statements as to its views regarding the dispute, but shall treat as confidential, information provided and written submissions made by the other Party to the arbitral tribunal which that other Party has designated as confidential.  Where a Party has provided information or made written submissions designated to be confidential, that Party shall, upon request of the other Party, provide a non-confidential summary of the information or written submissions which may be disclosed publicly.

  9 仲裁裁判所の裁定の起草は、両締約国の参加なしに、かつ、提供された情報及び行われた陳述を踏まえて行うものとする。
9.	The award of the arbitral tribunal shall be drafted without the presence of the Parties, and in the light of the information provided and the statements made.

  10 仲裁裁判所は、両締約国が裁定案(説明部分並びに仲裁裁判所の認定及び結論から成る。)を検討することができるようにするため、その設置の日の後九十日以内に、両締約国に対し裁定案を提示する。仲裁裁判所は、当該九十日の期間内に両締約国に対し裁定案を提示することができないと認める場合には、両締約国の同意を得て、当該期間を延長することができる。締約国は、裁定案が提示された日の後十五日以内に、仲裁裁判所に対し当該裁定案についての意見を書面により提出することができる。
10.	The arbitral tribunal shall, within 90 days after the date of its establishment, submit to the Parties its draft award, including both the descriptive part and its findings and conclusions, for the purposes of enabling the Parties to review it.  When the arbitral tribunal considers that it cannot submit its draft award within the aforementioned 90 day period, it may extend that period with the consent of the Parties.  A Party may submit comments in writing to the arbitral tribunal on the draft award within 15 days after the date of submission of the draft award.

  11 仲裁裁判所は、裁定案が提示された日の後三十日以内に裁定を下す。
11.	The arbitral tribunal shall issue its award within 30 days after the date of submission of the draft award.

  12 仲裁裁判所は、裁定その他の決定をコンセンサス方式によって行うよう努めるが、過半数による議決でこれを行うこともできる。
12.	The arbitral tribunal shall attempt to make its decisions, including its award, by consensus but may also make its decisions, including its award, by majority vote.

  13 仲裁裁判所の裁定は、最終的なものであり、かつ、両締約国を拘束する。
13.	The award of the arbitral tribunal shall be final and binding on the Parties.

          第百二十二条 仲裁裁判手続の終了
Article 122
Termination of Proceedings

   両締約国は、両締約国に対し裁定が下される前であればいつでも、裁判長に対し共同で通報することにより、仲裁裁判手続の終了について合意することができる。
	The Parties may agree to terminate the proceedings of the arbitral tribunal by jointly so notifying the chair of the arbitral tribunal at any time before the issuance of the award to the Parties. 

          第百二十三条 裁定の実施
Article 123
Implementation of Award

  1 申立てを受けた締約国は、第百二十一条の規定による仲裁裁判所の裁定を迅速に実施する。
1.	The Party complained against shall promptly comply with the award of the arbitral tribunal issued pursuant to Article 121.

  2 申立てを受けた締約国は、裁定が下された日の後二十日以内に、当該裁定を実施するための期間を申立てを行った締約国に通報する。申立てを行った締約国は、通報された期間が受け入れられないと認める場合には、その問題を仲裁裁判所に付託することができ、仲裁裁判所は、当該裁定を実施するための妥当な期間を決定する。
2.	The Party complained against shall, within 20 days after the date of issuance of the award, notify the complaining Party of the period of time in which to implement the award.  If the complaining Party considers the period of time notified to be unacceptable, it may refer the matter to an arbitral tribunal which then determines the reasonable implementation period.

  3 申立てを受けた締約国は、2の規定により決定された期間内に裁定を実施することができないと認める場合には、相互に満足すべき代償を与えるため、当該期間の満了までに申立てを行った締約国と協議を開始する。当該期間の満了の日の後二十日以内に満足すべき代償について合意されなかった場合には、当該申立てを行った締約国は、当該申立てを受けた締約国に対するこの協定に基づく譲許その他の義務の適用を停止する意図を有する旨を当該申立てを受けた締約国に対し通報することができる。
3.	If the Party complained against considers it impracticable to comply with the award within the implementation period as determined pursuant to paragraph 2, the Party complained against shall, no later than the expiry of that implementation period, enter into consultations with the complaining Party, with a view to developing mutually satisfactory compensation.  If no satisfactory compensation has been agreed within 20 days after the date of expiry of that implementation period, the complaining Party may notify the Party complained against that it intends to suspend the application to the Party complained against of concessions or other obligations under this Agreement.

  4 申立てを行った締約国は、申立てを受けた締約国が2の規定により決定された期間内に裁定を実施していないと認める場合には、当該申立てを受けた締約国が裁定を実施していないことを確認するため、その問題を仲裁裁判所に付託することができる。
4.	If the complaining Party considers that the Party complained against has failed to comply with the award within the implementation period as determined pursuant to paragraph 2, it may refer the matter to an arbitral tribunal to confirm the failure.

  5 申立てを受けた締約国が2の規定により決定された期間内に裁定を実施していないことが、4の規定により問題を付託された仲裁裁判所により確認された場合には、申立てを行った締約国は、そのような確認が行われた日の後三十日以内に、当該申立てを受けた締約国に対するこの協定に基づく譲許その他の義務の適用を停止する意図を有する旨を当該申立てを受けた締約国に対し通報することができる。
5.	If the arbitral tribunal to which the matter is referred pursuant to paragraph 4 confirms that the Party complained against has failed to comply with the award within the implementation period as determined pursuant to paragraph 2, the complaining Party may, within 30 days after the date of such confirmation by the arbitral tribunal, notify the Party complained against that it intends to suspend the application to the Party complained against of concessions or other obligations under this Agreement.

  6 3及び5に規定するこの協定に基づく譲許その他の義務の適用の停止は、それらの規定による通報の日の後三十日が経過した後に行うことができる。ただし、当該この協定に基づく譲許その他の義務の適用の停止は、次のことを条件とする。
6.	The suspension of the application of concessions or other obligations under this Agreement pursuant to paragraphs 3 and 5 may only be implemented at least 30 days after the date of the notification in accordance with those paragraphs.  Such suspension shall:

    (a) 当該この協定に基づく譲許その他の義務の適用の停止に関連する紛争について協議又は仲裁裁判手続が進行している間においては、行わないこと。
	(a)	not be effected if, in respect of the dispute to which the suspension relates, consultations or proceedings before the arbitral tribunal are in progress;

    (b) 一時的なものであり、かつ、相互に満足すべき解決が両締約国間で得られ、又は裁定が実施されたときに解除されること。
	(b)	be temporary, and be discontinued when the Parties reach a mutually satisfactory resolution or where compliance with the award is effected;

    (c) 裁定が実施されないことによる無効化又は侵害の程度と同等の程度に限定されること。
	(c)	be restricted to the same level of nullification or impairment that is attributable to the failure to comply with the award; and

    (d) 当該無効化又は侵害に関連する分野と同一の分野に限定されること。もっとも、当該分野におけるこの協定に基づく譲許その他の義務の適用を停止することができず、又は効果的でない場合は、この限りでない。
	(d)	be restricted to the same sector or sectors to which the nullification or impairment relates, unless it is not practicable or effective to suspend the application of concessions or other obligations under this Agreement in such sector or sectors.

  7 申立てを受けた締約国は、申立てを行った締約国によるこの協定に基づく譲許その他の義務の適用の停止について6に規定する条件が満たされていないと認める場合には、当該申立てを行った締約国に対し協議を要請することができる。当該申立てを行った締約国は、そのような要請が受領された日の後十日以内に協議を開始する。この7の規定による協議の要請が受領された日の後三十日以内に両締約国が問題を解決することができない場合には、当該申立てを受けた締約国は、当該問題を仲裁裁判所に付託することができる。
7.	If the Party complained against considers that the requirements for the suspension of the application to it of concessions or other obligations under this Agreement by the complaining Party set out in paragraph 6 have not been met, it may request consultations with the complaining Party.  The complaining Party shall enter into consultations within 10 days after the date of receipt of the request.  If the Parties fail to resolve the matter within 30 days after the date of receipt of the request for consultations pursuant to this paragraph, the Party complained against may refer the matter to an arbitral tribunal.

  8 この条の規定を適用するために設置される仲裁裁判所は、できる限り、裁定の対象となった問題を取り扱った仲裁裁判所の仲裁人により構成する。これが可能でない場合には、この条の規定を適用するために設置される仲裁裁判所の仲裁人は、第百十九条3から5までの規定に従って任命する。この条の規定を適用するために設置される仲裁裁判所は、両締約国が異なる期間に合意する場合を除くほか、問題が付託された日の後六十日以内に裁定を下す。当該裁定は、両締約国を拘束する。
8.	The arbitral tribunal that is established for the purposes of this Article shall, wherever possible, have, as its arbitrators, the arbitrators of the original arbitral tribunal.  If this is not possible, then the arbitrators to the arbitral tribunal that is established for the purposes of this Article shall be appointed pursuant to paragraphs 3 through 5 of Article 119.  Unless the Parties agree to a different period, the arbitral tribunal established for the purposes of this Article shall issue its award within 60 days after the date when the matter is referred to it.  Such award shall be binding on the Parties.

          第百二十四条 費用
Article 124
Expenses

   各締約国は、自国が任命した仲裁人に係る費用及び自国が仲裁裁判手続に参加する費用を負担する。両締約国が別段の合意をする場合を除くほか、仲裁裁判所のその他の費用は、両締約国が均等に負担する。
	Each Party shall bear the costs of the arbitrator appointed by it and its representation in the proceedings of the arbitral tribunal.  The other costs of the arbitral tribunal shall be borne by the Parties in equal shares, unless otherwise agreed by the Parties.

        第十四章 最終規定
Chapter 14
Final Provisions

          第百二十五条 目次及び見出し
Article 125
Table of Contents and Headings

   この協定の目次並びにこの協定中の章及び条の見出しは、引用上の便宜のためにのみ付されたものであって、この協定の解釈に影響を及ぼすものではない。
	The table of contents and headings of the Chapters and the Articles of this Agreement are inserted for convenience of reference only and shall not affect the interpretation of this Agreement.

          第百二十六条 附属書及び注釈
Article 126
Annexes and Notes

    この協定の附属書及びこの協定中の注釈は、この協定の不可分の一部を成す。
	The Annexes and Notes to this Agreement shall form an integral part of this Agreement.

          第百二十七条 改正
Article 127
Amendment

  1 この協定は、両締約国の合意により改正することができる。その改正は、両締約国によりそれぞれの国内法上の手続に従って承認されるものとし、また、両締約国が合意した日に効力を生ずる。
1.	This Agreement may be amended by agreement between the Parties. Such amendment shall be approved by the Parties in accordance with their respective legal procedures, and shall enter into force on the date to be agreed by the Parties.

  2 1の規定にかかわらず、次に掲げるもののみについての改正は、外交上の公文を両締約国政府が交換することにより行うことができる。
2.	Notwithstanding paragraph 1, amendments relating only to the following may be made by diplomatic notes exchanged between the Governments of the Parties:

    (a) 附属書一(ただし、統一システムの改正に伴う改正であって、一方の締約国が附属書一に従って他方の締約国の原産品に適用する関税率の変更を伴わないものに限る。)
	(a)		Annex 1, provided that the amendments are made in accordance with the amendment of the Harmonized System, and include no change on the rates of customs duty to be applied by a Party to the originating goods of the other Party in accordance with Annex 1;

    (b) 附属書二
	(b)	Annex 2; or

    (c) 附属書三の付録
	(c)	Attachment to Annex 3.

          第百二十八条 効力発生
Article 128
Entry into Force

   この協定は、この協定の効力発生に必要なそれぞれの国内法上の手続が完了した旨を相互に通告する外交上の公文を両締約国政府が交換する日の属する月の後二番目の月の初日に効力を生ずる。この協定は、次条の規定に基づいて終了しない限り、効力を有する。
	This Agreement shall enter into force on the first day of the second month following the month in which the Governments of the Parties exchange diplomatic notes informing each other that their respective legal procedures necessary for entry into force of this Agreement have been completed.  It shall remain in force unless terminated pursuant to Article 129.

          第百二十九条 終了
Article 129
Termination

   いずれの一方の締約国も、一年前に他方の締約国に対して書面による通告を行うことにより、この協定を終了させることができる。
Either Party may terminate this Agreement by giving one year’s advance notice in writing to the other Party.

  以上の証拠として、下名は、各自の政府から正当に委任を受けてこの協定に署名した。
	IN WITNESS WHEREOF, the undersigned, being duly authorized by their respective Governments, have signed this Agreement.

   二千八年十二月二十五日に東京で、英語により本書二通を作成した。
	DONE at Tokyo on this twenty-fifth day of December in the year 2008 in duplicate in the English language.

日本国のために
中曽根弘文
For Japan:
中曽根弘文

ベトナム社会主義共和国のために
ヴー・フイ・ホアン
For the Socialist Republic
of Viet Nam:
Vu Huy Hoang