外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆国・地域の詳細情報 (平成29年10月更新情報)

国・地域名:マラウイ共和国
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
Ministry of Education, Science and Technology
Private Bag 328 Lilongwe
TEL:+265-1-789-416
FAX:+265-1-788-184
設置在外教育施設                     
●現地の教育の概要と特色
学校制度 8年(小学校) 4年(中学校・高校) 4年(大学)制
義務教育期間 6歳〜14歳(小学校1学年〜小学校8学年):義務教育としての定めは無いが授業料無料
学校年度 9月上旬〜7月上旬まで
学期制 【3学期制】
1学期:9月〜12月
2学期:1月〜4月
3学期:5月〜7月
就学年齢基準日 その年の8月31日までに満6歳になる者は、同年の9月に入学
教育概要・特色 全ての子供は、小学8年生まで公立校の授業料が無料である。
小学校低学年までは、現地語教育を進めながら英語教育を行っている。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
義務はない。
対象年齢期間は、2歳〜5歳まで入園可能。
国・公立の保育所はなく、すべて私立のみ。
費用は、約1ヶ月200ドル程度である。
2.義務教育
現在、義務教育は特に法律で定められていないが、政府としては全ての子供が学校に行くように推進している。 小学校までが授業料は無料としている。(公立校)
義務教育の学校段階
種類および就学状況
Standard1〜8/小学校 7:30〜14:30
Form1〜4/中学校 7:30〜15:30
公立,私立,宗教の3種類の学校がある。
小学1年生の就学率は高いが,小学8年生の頃には就学率が低くなる。特に女子児童の減少が顕著である。
カリキュラム・教授言語 チェワ語および英語
義務教育段階の学費 支払い通貨名:マラウイクワチャ
その他の費用:制服代及び卒業試験代はすべて自己負担および学校開発資金
スクール
インフォメーション
【学校への訪問】
随時可能。(事前に訪問日時を連絡)
【個別指導】
小学校高学年では、放課後に特別授業を行っている。
【昼食形態】
政府やNGOによる学校給食制度(毎日、週に2回)または各自で持参。
【その他】
放課後にクラブ活動がある。
3.義務教育以降
学校段階・種類 中・高校:15歳〜18歳、1年生〜4年生
大学:19歳〜22歳、1年生〜4年生(但し獣医は6年、医師は7年)
専門学校、短期大学:19歳〜21歳、(専攻により期間は6ヶ月〜3年)
進学状況 不明
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 現地校は教育レベル、環境など水準が低いため現地校へ就学している日本人はいない。
日本人子女のほとんどは、インターナショナル・スクールまたは私学に通学している。
外国人に対しての
特別な学費負担
特になし。
外国人の就学義務 特になし。
外国人に対する
言語特別指導
チェワ語および英語の特別授業を受けることができる。
入・編入学手続き 編入学の場合に以前在籍していた学校の成績表、または就学証明書を教育省に提出する必要がある。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan