外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆国・地域の詳細情報 (平成29年12月更新情報)

国・地域名:ガーナ共和国
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
The Ministry of Education (教育省)
P.O.Box M45, Accra, Ghana
TEL:+233-302-683627
E-mailpro@moe.gov.gh
設置在外教育施設 アクラ日本語補習授業校                   
●現地の教育の概要と特色
学校制度 2・6・3・3・4制
義務教育期間 11年間(4歳から14歳、幼稚園から中学3年)
学校年度 9月から7月
学期制 【3学期制】
1学期 9月〜12月 
2学期 1月〜3月 
3学期 4月〜7月
就学年齢基準日 その年の8月末までに満6歳になるものは、同年の9月に入学
教育概要・特色 初等教育および前期中等教育は、義務教育であり、無償である。
その後は後期中等教育である高等学校(SHS)または技術学校へと進学する。
2017年9月より高等学校(SHS)の無償化が開始される。
後期中等教育への進学は、前期中等教育終了時に受ける基礎教育認定試験(Basic Education Certificate Examination:BECE)の成績で決定される。
高等教育への進学は、高校3年次に実施される後期中等教育認定試験(West African Senior School Cerificate Examination:WASSCE)によって決定される。
高等教育には総合大学、ポリテクニック、教員養成学校などがある。
各教育課程修了時には、学院または卒業証書が授与される。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
公立校は少なく、圧倒的に私立校が多い。受け入れ年齢、保育日数、費用などは学校により様々である。
2.義務教育
 
義務教育の学校段階
種類および就学状況
幼稚園 4歳〜5歳 2年間
小学校 6歳〜11歳 6年間
中学校 12歳〜14歳 3年間
カリキュラム・教授言語 標準的な授業教科:英語、算数、理科、社会、フランス語、現地語、生活、道徳(宗教)、家庭科、ICT、美術等
学年の進級について:学期ごとに試験があり、進級基準は定かではないが、成績次第では留年もある。
高校進学のための試験(BECE):中学3年生5月中旬
大学進学のための試験(WASSCE):高校3年生4月から5月下旬
義務教育段階の学費 【授業料】
公立は無料
スクール
インフォメーション
スクールフィーディングプログラムで給食のある学校もあるが、多くの学校では生徒各自が昼食を持参するか校内の屋台で購入する。
3.義務教育以降
学校段階・種類 総合大学4年間、 ポリテクニック 2〜3年間、教員養成学校3年間、高等学校3年間 
進学状況 1.BECEの結果によってコンピューターが自動的に進学先の公立高校を振り分けるシステム。 2.WASSCEの結果開示に時間を要し、大学進学に支障をきたすケースが散見される。
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 長期滞在者の子女に公立高等学校への進学例がある。
外国人に対しての
特別な学費負担
 
外国人の就学義務  
外国人に対する
言語特別指導
 
入・編入学手続き 義務教育以降はBECE、WASSCEの結果により進学先が決まる。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan