外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 イラン・イスラム共和国
都市名 テヘラン
学区
学校名 テヘラン インターナショナル スクール(男子校・女子校)
Teheran International School (Boys/Girls)
連絡先等 【男子】
(テヘラン市)
(小学校−初等教育)
TEL:+98-21-22117975〜7
FAX:+98-21-22067151
Email:Info@TAISchool.ir
URL:www1.taiSchool.ir
(中学校・高校−中等教育)
TEL:+98-21-22080241,22065645
FAX:+98-21-22080242
【女子】
(小学校・中学校・高校−初等・中等教育)
TEL:+98-21-88088445〜8,+98-21-88577552〜3
FAX:+98-21-88088449
Email:info@tissch.ir,tisschool@gmail.com
URL:www2.tissch.ir
場所
学校の形態・種類 【学校の形態】 半官半民・男女別学・通学制(6歳〜18歳)
【学校の種類】 小学校(初等教育)・中学校(中等教育前期)・高校(中等教育後期)
教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
あり
学校所在国の上級学校への進学資格:
あり
学校の概要・特色 テヘランには、それぞれの国固有の学校(日本人学校、ドイツ人学校、イタリア人学校、インド人学校、パキスタン人学校等)があるが、当校にはそこに通学していない子女が就学している。
原則、父親が外国人(イラン人以外)であることが条件。ただし例外は多い。父親がイラン人の生徒の場合、直前の2年間は外国で就学していなければならない。
出欠管理は厳しく、遅刻が認められない。欠席の場合、両親が8:30前に学校に連絡をしなければならない。健康上の理由による欠席の場合は、医者の診断書、その他の理由の場合も保護者からの手紙が必要であり、無断で3日以上休んだ場合は退学となる。また学期の三分の一以上を欠席した場合は、学期末試験の受験資格を失う。
英語能力の低い生徒は、学期開始前に英語強化コースに参加しなければならない。
制服があり特に女子はヘジャブの着用が義務付けられている。課外活動としてコンピユータ、英語、ドイツ語およびフランス語がある。
当校は母語をペルシャ語としない生徒のために設置されたものであるため、外国に居住したことのない生徒やイラン国内の学校で学んだことのある生徒の入学は認められていない。
学校の設備として、図書館、コンピュータ室、視聴覚センター、多目的研究室、衛生管理室、カフェテリアがある。
授業方式・言語 方式:一斉指導 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト IBディプロマ
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】
出身国の大学に進学するものがほとんどであるが、イランの大学に進学するものもいる
【日本人卒業生の進路状況】
アメリカの大学に進学した生徒がいる
【進学のためのカリキュラム】
IBコース
卒業条件および発行される証明書 通常コース終了の際は、通常の卒業証明書が付与される
IBコースを終了すれば、IBディプロマを取得することができる
外国人に対する言語特別指導 一学期間の英語準備コースあり
障害児受け入れ なし
就学段階別対象年齢・学年 【小学校(初等教育)】
 6歳〜11歳( 1年生〜 6年生)
【中学校(中等教育前期)】
 12歳〜14歳( 7年生〜 9年生)
【高校(中等教育後期)】
 15歳〜18歳(10年生〜12年生)
小学校1年生の
年齢基準日
その年の9月22日までに満6歳になる者は、その年の9月23日に第1年生に入学する。
教職員数 男子校−初期教育課程:40人 中等教育家庭:非公開 
女子校:75人
在籍児童生徒数 男子校−初期教育課程:200人 中等教育課程:非公開
女子校:413人
在籍日本人児童生徒数 男子校−初期教育課程:0人 中等教育課程:2人
女子校:13人
学校年度・学期制 【学校年度】
9月下旬〜6月下旬
【学期制】
 1学期:9月23日〜12月24日
 2学期:1月2日〜6月20日
日課等 【始業・終業時刻】 
 初等教育 7時30分〜13時30分
 中等教育 7時30分〜14時30分
 木曜、金曜休校
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
 特別な行事・儀式、展示会、ドラマ、音楽およびスポーツ大会
保護者負担経費 支払通貨名:リアル
【授業料】:(男女とも) (2017−2018)
初等教育:71,744,000リアル
中等教育:81,713,000リアル
高校教育:104,457,000リアル
IBディプロマ:188,370,000リアル
【教材費】:
第1学年:6,800,000リアル
第2学年:5,950,000リアル
第3学年:4,900,000リアル
第4学年:7,400,000リアル
第5学年:7,400,000リアル
第6学年:5,950,000リアル
第7学年:5,500,000リアル
第8学年:5,500,000リアル
第9学年:5,500,000リアル
第10学年:6,800,000リアル
第11学年:4,300,000リアル
第12学年:4,300,000リアル
IBディプロマ:6,250,000リアル
【制服費】
全グレード:1,400,000リアル
スクールバスの有無・
通学方法
【スクールバスの有無】 
あり
【通学方法】 
学校を通じてタクシーによる通学サービスが申し込める
昼食の形態 昼食は持参、学校のカフェテリアから購入可
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】 不明
【編入学申請受付時期】 随時
入・編入学の基準 【基準・選抜方法】  英語による編入試験
【言語能力のチェック】 有
【高校段階での編入の可否】  不明
日本人入学の規制・条件 【日本人入学の規制・条件】 両親の一方が日本人であること
【予防接種の種類】 イランの予防接種に準ずる
入・編入学に際しての必要書類 日本から持参する書類:
写真:6葉(3cm×4cm、女性はヘジャーブ着用)
予防接種カード
両親と生徒のパスポート及びそのコピー(直近の入出国が印のあるもの)
出願書類:
申請用紙
イラン大使館またはイラン外務省の認証印のある成績証明書
当校の署名のある報告カード
有効なビザと両親の就労許可書
前年度の成績証明書
授業料およびスクールバス使用料の領収書
※外国語による書類は全て公証ペルシャ語訳または英語訳が必要
※イラン人の場合は両親および生徒のIDカードのコピー
ウェイティング ウェイティング制度:
なし  外国人、在外イラン人を優先
学校への訪問について アポイント:

学校から日本人に対するコメント等
地域の特色等 優れた文教環境
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan