外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 ルクセンブルク大公国
都市名 ルクセンブルク
学区
学校名 インターナショナル・スクール・オブ・ルクセンブルク
International School of Luxembourg
連絡先等 TEL:+352-26 04 40
FAX: +352-26 04 47 04
URL:http://www.islux.lu
場所 在ルクセンブルク日本国大使館から車で約10分
学校の形態・種類 1963年設立/私立/共学/通学制(3歳〜18歳)
Preschool-Grade 1(幼稚園に該当)
Grade 2-5(小学校に該当)
Grade 6-8(中学校に該当)
Grade 9-12(高校に該当)
【認可団体】
Council of International Schools (CIS)/Middle States Association of Colleges and Schools (MSA)/IBO /ISA/NAIS/NASSP/NACAC
教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
あり
学校所在国の上級学校への進学資格:
あり
学校の概要・特色 同校は、あらゆる国籍の児童生徒に国際的な教育を施すために設置された独立の全日制米国系インターナショナルスクールである。
児童生徒の出身国は、45ヶ国以上、教職員の出身国は20ヶ国以上であり、国際色ゆたかな学校となっている。
授業方式・言語 方式:米国方式がベース 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト ACT, PSAT, SAT, Cambridge IGCSE, Advanced Placement Tests
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東の大学などへ進学。
【日本人卒業生の進路状況】
受験の関係から中途学年で日本の中学・高校に転校する例が多い。
【進学のためのカリキュラム】
IBプログラム(Grade11-12)
卒業条件および発行される証明書 International Baccalaureate(IB) Diploma, ISL High School Diploma
外国人に対する言語特別指導 英語が母国語でない子どものために EAL (English as an additional Language) がある。 スタンダードレベルに達するまで特別授業を受ける。
障害児受け入れ 程度に応じて学校側へ要相談。
就学段階別対象年齢・学年 Lower School -Preschool, Kindergarten-Grade1:3-7歳
-Grade2-5:7-11歳 
Upper School-Grade6-8 (Middle School) :11-14歳
-Grade9-12 (High School) :14-18歳
小学校1年生の
年齢基準日
その年の8月31日までに満6歳になる者は、その年の8月に「Lower School」の小学1年に該当する「Grade 1」に入学する。
教職員数 約279名
在籍児童生徒数 約1,400名
在籍日本人児童生徒数 52名 (Lower School:38名、Upper School:14名)
学校年度・学期制 新学期の時期 8月
【3学期制】
1学期:8月〜11月
2学期:12月〜3月中旬
3学期:3月中旬〜6月
日課等 【始業・終業時刻】
Lower School :授業時間は、「Preschool」が「8時25分〜12時00分」。
          「Kindergarten」及び「Grade 1-5」が「8時25分〜15時20分」。
          ※水曜日のみ「Kindergarten」が「8時25分〜12時00分」、「Grade 1-5」が「8時25分〜14時20分」。
Upper School :授業時間は、「8時25分〜15時30分」。
保護者負担経費 支払通貨名:ユーロ 
入・編入学時経費:
《2017〜2018年度》
【申込金】300
【登録料・寄付金】
合計3,000
【設備費等】
1,250
年度ごとに必要な経費/年額:
【学校拡張基金】 350  
【授業料】 
Preschool:12,500
Kindergarten 1:14,770
Kindergarten 2:14,970  
Grade 1〜Grade 5: 14,970
Grade 6〜Grade 8: 16,630
Grade 9〜Grade 12: 16,820  
【年間登録料】 1,250 (授業料に含まれる)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
スクールバスの有無・
通学方法
スクールバスはないが、朝・夕の通学時に民間シャトルバスの運行あり(市中心部グラシス駐車場〜学校間)。
多くの児童は両親による送迎、或いは公共交通機関(バス)により通学している。
昼食の形態 各自弁当を持参するか、Upper Schoolの生徒は、校内のカフェテリアでホットランチ、 サラダ、 デザート、 サンドイッチなどを購入できる。Lower Schoolの児童は、 予約制でランチを 注文することができる。
入・編入学の時期 入学は8月。年度途中は空きがあれば編入可。
入・編入学の基準 【基準・選抜方法】
必要書類の提出及び面接。中学生以上は英語(筆記と会話面接)及び数学の簡単な試験あり。何年生に在籍させるかは、成績証明書と個人面談の結果、特に英語力による。
日本人入学の規制・条件 特になし。
入・編入学に際しての必要書類 出願書類:
※必要書類は全て英語で作成すること。日本語のものは英訳を付ける(公的な英訳でなくても可)。
※必要書類は学年で異なるため、詳細は同校ホームページを参照
(主な必要書類)
 1.申込金300ユーロの支払い証明書
 2.校長の推薦状
 3.教師の推薦状
 4.成績証明書(可能なら3年分)
 5.出生証明書及びパスポート人定ページのコピー
 6.既往症・個人情報の記入用紙(HP参照)
 7.両親または後見人のパスポート人定ページのコピー(後見人の場合は、後見人の証明)
8.作文・小論文(HP参照)
ウェイティング ウェイティング制度:

ありの場合の状況:
各学年により異なるため、予め確認が必要。
学校への訪問について アポイント:

連絡先:
Tel: +352-26 04 40
URL: http://www.islux.lu/admissions
学校から日本人に対するコメント等 当校に在籍する日本人児童及びその家族は、当校の施設及び教育内容に満足しているように見受けられる。また多くの日本人児童及びその家族は、入念な事前準備により当校に非常に良く適応している。
地域の特色等 同校は、ルクセンブルク市の南西(オルリッシュ)に位置し、同じ敷地内には現地校(リセ)もあるほか、周辺にはコンサートホールなどの文化関連施設も所在している。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan