外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 ドイツ
都市名 ブレーメン
学区
学校名 インターナショナル・スクール・オブ・ブレーメン
International School of Bremen
連絡先等 TEL:+49 (0)421 515 779 0
FAX: +49 (0)421 515 779 55
E-mail:office@isbremen.de
URL:http://www.isbremen.de/
場所 市の中心地からトラム(6番)がでている。そのほか、バス(21,22,28,31番)も止まる。
周辺には十分公共の駐車スペースがあり、訪問者はそこに車を止めることができる。
学校の形態・種類 1998年設立。プライベートスクールとして、ブレーメン州法によってもErsatzschule(代替学校)として認められている。授業料収入の他にスポンサーによるファイナンシャルサポートおよびブレーメン市による補助金によって運営されている。

教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
Grade11,12にてIBディプロマを取得することにより、国内外多くの大学への受験資格を取得可。
Grade9,10ではInternational General Certificate of Education (IGCSE)プログラムを提供している。
またInternational Primary Curriculum (IPC)に則った小学校教育を実施しており、6〜8年生の間に、International Middle Years Curriculum (IMYC)を得ることが可能。
 
学校の概要・特色 当校は、国際的教育を必要とされる家庭の要望に応えるべく、全世界からの生徒に対して国際的教育を提供している。
少人数クラス制により、生徒個人の要求に応える授業を実施している。


授業方式・言語 方式:少人数のクラス(18名程度) 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト IGCSE(General Certificate of Secondary Education) (Grade9-10)
IBディプロマ(Grade11-12)
卒業生の進路状況 英国、米国、ドイツ、オランダをはじめ各国の大学へ進学している。
卒業条件および発行される証明書 Grade12終了時、ISB Graduating Diplomaを授与。IB取得者には、IBディプロマを授与。
外国人に対する言語特別指導 英語が十分でない生徒のためのサポート(ESAC:English Support Across the Curriculum)あり。
障害児受け入れ 特別な教育を必要とする児童に対してそれらを提供できないため不可。
就学段階別対象年齢・学年 3歳から19歳
Early Learning 1〜3, 3〜5歳
Elementary (Grade 1〜5) 6歳〜10歳
Secondary (Grade 6-8) 11〜13歳
IGCSE (Grade 9,10) 14〜15歳
IB (Grade 11,12) 16〜歳   
小学校1年生の
年齢基準日
基本的にその年の10月1日から翌年の9月30日生まれの6歳児。
教職員数 約60名
在籍児童生徒数 約350名
在籍日本人児童生徒数 3名(2017年)
学校年度・学期制 8月下旬〜翌年8月中旬 (2017/18年度)
【2学期制】
前学期:8月23日〜2月9日
後学期: 2月19日〜6月22日
休み:秋休み(10月16日〜10月20日)、クリスマス休み(12月21日〜1月5日)、学期休み(2月12日〜2月16日)、春休み(3月26日〜4月3日)(その年によって異なる。)
日課等
保護者負担経費 支払通貨名:ユーロ 通貨円レート:1ユーロ=131.20円(2017年11月)
入・編入学時経費:
【登録料】
1,000ユーロ
【入学金】
5,000ユーロ
【セキュリティーデポジット】
350ユーロ
年度ごとに必要な経費/年額:
【授業料】ブレーメン市以外に住所があるときは、1,000ユーロ追加。
Early Lern. 1(半日)  6,000ユーロ
Early Lern. 1-3 (一日)  10,500ユーロ
 Elementary Grade 1 - 4   11,700ユーロ
Secondary Grade 5 - 8   12,000ユーロ
Secondary Grade 9 - 10   15,500ユーロ
Secondary Grade 11, 12   16,000ユーロ
スクールバスの有無・
通学方法
スクールバスなし。大半の生徒は自家用車による保護者の送迎や公共バス、トラムを利用。定期的に学校近くまで常に運行。
昼食の形態 カフェテリアで昼食の注文が可能(Hor Lunch Programm)
入・編入学の時期 【基準・選抜方法】随時受け入れ 
【高校段階での編入の可否】 可
入・編入学の基準 【基準・選抜方法】
両親が英語圏出身であることや両親の仕事の関係で外国にいることなどで、国際的な教育を必要としていることが条件。
前在籍学校の報告書があれば入学試験はなし。個人面談あり。必要に応じて数学と外国語としての英語のテストを実施することあり。
【IBディプロマプログラム】
本校にてGrade10を終了したこと。またはGrade10に相当する課程の終了が前在籍校のレポートにて証明できること。
日本人入学の規制・条件 詳細無し
入・編入学に際しての必要書類 日本から持参する書類:
前在籍学校の報告書
子の出生証明書(ドイツ語認証翻訳付き戸籍謄本など)
パスポートのコピー
ウェイティング
学校への訪問について アポイント:
事前に訪問希望を電話、またはメールにて問い合わせ。
連絡先:
Shanta Krishna Ravindra
Admissions Officer
Tel: +49 (0)421 515 779 0 (Reception)
Fax: +49 (0)421 515 779 55
email: admissions@isbremen.de
学校から日本人に対するコメント等
地域の特色等 北ドイツ商業都市の歴史を持つブレーメンは現在ハイテクビジネスも盛んなモダンな街である。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan