外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 ドイツ
都市名 ベルリン
学区
学校名 ベルリン・インターナショナルスクール
Berlin International School
連絡先等 TEL:+49 (0)30 820077-780
FAX:+49 (0)30 820077-789
E-mail:admissions@berlin-international-school.de
URL:http://www.berlin-international-school.de
場所 在ドイツ大使館から車で約20分
学校の形態・種類 私立/共学
幼稚園・小学校・中学校・高等学校

教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
IGCSE、 IB Diploma、High school diploma
 
学校の概要・特色 温かく歓迎的な雰囲気。国際性への重点設定。78ヵ国の児童生徒が在籍。等
授業方式・言語 方式:IB、IGCSE(in Grades 9 and 10) 主な教授言語:英語、ドイツ語
受験できる統一テスト IGCSE、 IB、 High school diploma、 BBR、 MSA
卒業生の進路状況 主に世界各国の大学へ進学。
卒業条件および発行される証明書 IB Diploma
卒業証明書及びDiplomaが卒業の日に手渡される。その他、成績証明書が発行される。
外国人に対する言語特別指導 ESL有り(全学年)
障害児受け入れ 受け入れの可否について,入学前に個別の判定を要する。
就学段階別対象年齢・学年 Kindergarten: 3歳〜5歳
Primary School(Grades 1 to 5): 5歳〜11歳
Secondary School(Grades 6 to 12): 11歳〜18歳
小学校1年生の
年齢基準日
9月30日までに6歳になる者
教職員数 125名
在籍児童生徒数 1,005名
在籍日本人児童生徒数 20名
学校年度・学期制 新学期の時期 8月
【2学期制】
1学期:8月〜
2学期:2月〜
日課等 【始業・終業時刻】
Primary School 08:10-15:10 (金曜日は13:40終了)
Secondary School 08:45-15:45 (金曜日は14:15終了)
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
スポーツクラブ、音楽クラス、合唱団、手工芸等様々な課外活動有り。
保護者負担経費 支払通貨名:ユーロ 通貨円レート:約133円(平成29年11月現在)
入・編入学時経費:
【入学金】
800.00
年度ごとに必要な経費/年額:
【授業料】
(Primary School) 11,220.00
(Secondary School/Grade6〜10) 11,520.00 
(Secondary School/Grade11) 15,600.00
(Secondary School/Grade12) 13,800.00(School year 17/18 only)
【教材費】/年額:
(Primary School) 100.00
(Secondary School/Grade6〜8) 150.00
(Secondary School/Grade9〜10) 200.00
(Secondary School/Grade11〜12) 300.00
スクールバスの有無・
通学方法
スクールバス有り。料金等の詳細はバス会社(info@fahrdienst-ostkreuz.de)要問い合わせ。
昼食の形態 学食有り。無料。
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
随時(空き状況による)
入・編入学の基準 【基準・選抜方法】
Grades 6 以上は英語と算数(数学)の試験有り。
Primary Schoolには英語の事前の知識が無くとも入学可能。
日本人入学の規制・条件 なし。
入・編入学に際しての必要書類 出願書類:
申請書類、成績証明書(過去3年分、英訳又は独訳)の写し
診断書、(可能であれば)IEP
ウェイティング ウェイティング制度:
有り
ありの場合の状況:
多くの学年でウェイティングリスト有り                                                        
学校への訪問について アポイント:
必ずしも必要ではないが、可能であれば予約が望ましい。遠隔地対象の入学テストも調整可。
連絡先:
Ms. Harris (admissions@berlin-international-school.de Tel:+49 (0)30 820077-780)
学校から日本人に対するコメント等 日本人の生徒に対しては、これまで肯定的な経験しかありません。さらなる日本人の生徒の入学を歓迎いたします。
地域の特色等
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan