外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 ドイツ
都市名 ベルリン
学区
学校名 ベルリン・ブランデンブルク・インターナショナルスクール
Berlin Brandenburg International School
連絡先等 TEL:49-33203-8036-0
E-mail:office@bbis.de
URL:http://www.bbis.de
場所 在ドイツ大使館から車で約40分
学校の形態・種類 1990年設立、私立/共学
幼稚園・小学校・中学校・高等学校
※IBプログラムを完全に教育できる世界初のインターナショナルスクールであるとともに、ドイツで初のインターナショナルスクール、英語による寄宿舎を備える学校として設立された。

教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
IB Career-related Certificate、 IB Diploma
 
学校の概要・特色 最大20名のクラス。豪華で多彩な課外活動プログラム。生徒と教員の割合が7:1。
65ヵ国の児童生徒が在籍している。優れたスポーツ施設、緑の多い、安全で静かなキャンパス。
授業方式・言語 方式:IB(インターナショナル方式) 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト IB Career-related Programme、 IB Diploma、 High school diploma
卒業生の進路状況 詳細不明。
卒業条件および発行される証明書 【卒業条件】流暢な英語力。外部の評価試験の合格。
【発行される証明書】IB Diploma、 IB Certificates、 IB Career-related Programme、 High School Diploma
外国人に対する言語特別指導 ESL有り。
home language programme:言語指導の提供と生徒の母国語に対する支援を行う。
障害児受け入れ 可能な限り全ての学生を統合。学習目標の修正等により対応している。
就学段階別対象年齢・学年 Early Education:3〜5歳
Primary School:5〜11歳
Secondary School:11〜19歳
小学校1年生の
年齢基準日
8月31日までに6歳に達する者
教職員数 100名
在籍児童生徒数 689名
在籍日本人児童生徒数 2名
学校年度・学期制 新学期の時期 8月
【2学期制】
1学期:8月〜1月
2学期:2月〜6月
日課等 【始業・終業時刻】8:00〜14:55
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
室内音楽、ボート競技、体育活動等多彩な課外活動有り。詳細は下記参照。
http://www.bbis.de/outside-classroom
保護者負担経費 支払通貨名:ユーロ 通貨円レート:約133円(平成29年11月現在)
入・編入学時経費:
【入学費】
申請料 100.00
登録料 3,000.00
年度ごとに必要な経費/年額:
教材費の預かり金として年300.00(払い戻し有り)
【授業料】
(Early Education) 11,400.00〜11,600.00
(Primary School) 13,700.00〜15,400.00
(Secondary School) 16,000.00〜18,200.00
スクールバスの有無・
通学方法
スクールバス有り。1,375ユーロ/年
昼食の形態 学食有り。
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
随時(受け入れに余裕があれば)
入・編入学の基準 【基準・選抜方法】
英語能力審査、クラスのレベルに応じた評価試験。
日本人入学の規制・条件 なし。
入・編入学に際しての必要書類 日本から持参する書類:
【申請に必要な書類等】
パスポートサイズの写真、パスポートの写し(パスポートがなければ出生証明書)、過去の成績表
ウェイティング ウェイティング制度:
現在なし
学校への訪問について アポイント:
必要。

受付曜日時間:
学校訪問日・時間は特に定められていない。
連絡先:
Mrs. Teresa Reichelt(Tel:0049-33203-8036-119 email:teresa.reichelt@bbis.de)
学校から日本人に対するコメント等 特になし。
地域の特色等 同校は、Kleinmachnow地域(ベルリンの南西)内にあり、約40万平方メートルの樹木に覆われた土地及びMachnow湖とTeltow運河の河岸に位置します。Seebergと呼ばれるその地域は非常に静かで、人や車の往来や混雑から遠ざかっており、穏やかな人と自転車の小道があります。同校はベルリン南西部の住宅地から自動車でわずか数分の場所に位置し、ポツダムからも僅かな運転距離の位置にあるため、車や公共交通機関を利用してベルリンやポツダムから訪れることも容易です。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan