外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆国・地域の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名:ギリシャ
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
教育・学術・宗教省
TEL:210-3443272(中学校)
TEL:210-3442247(小学校)
設置在外教育施設                     
●現地の教育の概要と特色
学校制度 6・3・3・4制
義務教育期間 6歳〜15歳(小学1年生〜中学3年生)
学校年度 小学校:9月1日〜6月21日,中学校9月11日〜6月30日
学期制 【3学期制】
小学生
1学期:9月11日〜12月10日
2学期:12月11日〜3月10日
3学期:3月11日〜6月15日
【2学期制】
中学生
1学期:9月11日〜1月20日
2学期:1月21日〜5月31日
就学年齢基準日 その年の12月31日までに満6歳になる者は、その年の9月1日に義務教育の第1学年に入学する。
教育概要・特色 「すべての国民は無料で教育を受ける権利がある」と謳うギリシャ憲法に則り、すべての公立の学校(幼稚園から大学まで)では無償で授業が受けられる。
ギリシャでは小学校(ディモティコ)6年間と中学校(ギムナシオ)3年間の計9年間が義務教育である。基本的な授業時間は、小学校は8:15〜13:15の6時限、中学校は8:15〜14:10の7時限(45分授業6時限、40分授業1時限)、年間の基本授業日数は175〜180日と定められているが、教職員のストライキなどで授業時間が削減されることがある。
ギリシャ教育委員会は情操教育、特に音楽、美術といった芸術面の教育制度について見直しを行い,これらの授業数を増やしている。また、英語教育は、小学1年生より導入されている。小学5、6年生は英語の他に仏語が必須科目となっている。学校内における課外活動(部活動)は活発ではなく、各家庭において、(子女を)学習塾やスポーツ・クラブ、カルチャー・センターなどに通わせるスタイルが一般的(特に語学教育には熱心。)。なお、経済的に余裕のある家庭は、子女を私立のインターナショナルスクール等に通わせるケースが多い
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
公立の幼稚園は無償、一部市立の幼稚園は定額ではあるが有償で、使用言語はギリシャ語。
私立の幼稚園は、ギリシャ語の他に英語の幼稚園もあるが、費用は高額となる。
2.義務教育
公立の小中学校は全てギリシャ語による授業
義務教育の学校段階
種類および就学状況
小学校が「ディモティコ」と呼ばれ、中学校が「ギムナシオ」と呼ばれる。小・中学校の学齢は日本とほぼ同じ。6歳に入学を迎え、6年間を小学校で、また次の3年間を中学校で学ぶ。就学率は小学生が99%、中学生が86%となっている。
カリキュラム・教授言語 国語(ギリシャ語)、算数、科学、社会、体育、芸術、英語、仏語、音楽
義務教育段階の学費 【授業料】 無料
スクール
インフォメーション
 
3.義務教育以降
学校段階・種類 <高校>
就学年数:3年間
<大学>
就学年数:4年間
進学状況 高校進学率:約80%
大学進学率:約70%
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 ギリシャ在留邦人の7割を数える永住者(多くは現地人男性と婚姻し当地に居住する邦人女性)の子女の多くは、ギリシャ語で授業が行われる「現地校」に就学。その他長期滞在者の子女は国際学校(首都のアテネにあるイギリス、アメリカ合衆国系のインターナショナルスクール)に就学。
外国人に対しての
特別な学費負担
特になし
外国人の就学義務 なし
外国人に対する
言語特別指導
一部の外国人の生徒が多い学校ではギリシャ語コースを設けている。
入・編入学手続き 入学申込書、健康診断書、出生証明、パスポート、成績証明等(学校(教育委によって対応が異なる場合あり)、住所を証明する書類。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan