外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 パラグアイ
都市名 アスンシオン
学区
学校名 アメリカン スクール オブ アスンシオン
American School of Asuncion
連絡先等 TEL:(595-21)603-518、663-378
E-mail:asagator@asa.edu.py
URL:www.asa.edu.py
場所 在パラグアイ日本国大使館から車で10分 シルビオ・ペティロシ空港から車で30分。
学校の形態・種類 バイリンガル・インターナショナル・スクール(私立/共学)
設立年月日:1960年
保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校

【加盟機関】
The Southern Association of Colleges and School & Ministery of Education and Culture, Paraguay
教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
資格有り
学校所在国の上級学校への進学資格:
高校卒業後大学へ進学できる資格有り
学校の概要・特色 1949年にピーク夫人が数名のアメリカ人児童を対象に教育を開始したのが当校創設の第一歩となった。その後、移転を繰り返したが、1960年に現在の学校が竣工した。同校は、児童、生徒、教員、事務職員、サポート要員及び父母会を含めて一つの共同体であるとの認識に立ち、楽しい環境のもと、教育を施すことを目的としている。授業は全て英語で、また低学年より情報処理科目を導入し、アメリカ合衆国内と同一の教育カリキュラムに基づいて授業を行っている。
授業方式・言語 方式:アメリカ及びパラグアイ方式 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト SAT, ITBSコース
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】 
多くが大学に進学
【日本人卒業生の進路状況】
大学に進学
【進学のためのカリキュラム】
特に無し
卒業条件および発行される証明書 高校卒業時に卒業証書が交付される
外国人に対する言語特別指導 ESLプログラム有り。 SSCスペイン語特別指導有り
障害児受け入れ 特に無し
就学段階別対象年齢・学年 保育園:4歳〜5歳
幼稚園:6歳
小学校:1年生〜6年生  7歳〜12歳
中学校:1年生〜年生  13歳〜15歳
高等学校:1年生〜3年生 16歳〜18歳
小学校1年生の
年齢基準日
その年の8月31日までに満7歳になる生徒は、同年の8月1日に入学できる。
教職員数 計74名
在籍児童生徒数 計716名
在籍日本人児童生徒数 計3名
保育園5歳:1名。
小学2年:1名。
小学6年:1名。
学校年度・学期制 【学校年度】
8月〜翌年6月
【2学期制】  
1学期:8月〜12月 2学期:2月〜6月
日課等 【始業・終業時刻】
午前8時より午後3時まで。
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
午後3時30分よりスポーツ等部活動あり。
保護者負担経費 支払通貨名:米ドル
支払通貨名:グアラニー
入・編入学時経費:
【入学金】
7,000米ドル
編入学手続き:110米ドル
外国人学生特別編入:3万米ドル
年度ごとに必要な経費/年額:
【登録料】
700米ル
【授業料・年額】
保育園4歳:2480米ドル + 1698.7万グアラニー 
保育園5歳〜小学5年:4560米ドル + 2400万グアラニー
小学6年〜高校:4320米ドル + 2400万グアラニー
スクールバスの有無・
通学方法
学校運営のスクールバスは無い。各自送迎。
昼食の形態 給食は無いが、校内に委嘱業者が経営する食堂がある。
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
4月
【編入学申請受付時期】
随時
入・編入学の基準 【資格】
学年に相当する年齢の生徒。編入者は、原則として前に在学していた国の学年に応じるが、テスト結果により学年を下げて受け入れる事もある。
【基準・選抜方法】
英語能力テスト
【言語能力のチェックの有無】
英語及びスペイン語の能力テスト
【高校段階での編入の可否】 

日本人入学の規制・条件 【日本人入学の規制・条件】
特に無し
【予防接種の種類】
特に無し
入・編入学に際しての必要書類 日本から持参する書類:
1)出生証明書(日本から戸籍謄(抄)本を持参し、在パラグアイ日本国大使館にて発給申請)
2)成績証明書
3)身分証明書(旅券)
4)健康診断書
5)予防接種証明書。
ウェイティング ウェイティング制度:
無し
学校への訪問について アポイント:
不要
受付曜日時間:
月曜日から金曜日まで、午前8時から午後4時まで。
連絡先:
(595ー21)603-518
学校から日本人に対するコメント等 特に無し
地域の特色等 特に無し
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan