外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆国・地域の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名:エルサルバドル
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
Direccion Nacional de Educacion(教育省教育管理部)
TEL:(503)2592-2000
TEL:(503)2592-2122
E-maileducacion@mined.gob.sv
http://www.mined.gob.sv/
設置在外教育施設                     
●現地の教育の概要と特色
学校制度 Educacion Parvularia (Preescolar: 幼稚園):4歳〜6歳(年小組〜年中組)
Educacion Basica(小学校):7歳〜12歳(1年生〜6年生)
Educacion Media(中学校):13歳〜15歳(7年生〜9年生)
Bachillerato(高校:普通科又職業科):15歳〜17歳(普通科),15歳〜18歳(職業科) 
義務教育期間 7歳〜15歳(1年生〜9年生)
学校年度 1月〜11月
学期制 【3学期制】
1学期:1月〜4月
2学期:5月〜7月
3学期:8月〜11月
就学年齢基準日 その年に満7歳になる者は,その年の1月にEducaci n Basicaの第1学年に入学する。
教育概要・特色 学校数が少ないことから,校舎を有効に使用するために午前と午後の2部制を採用している。学齢が上がるにつれ家計を助けるために不登校になる傾向が高い。また,公立学校では,インフラが十分に整備されておらず,教育レベルも私立と比べ劣る。治安の悪い地域の学校は,犯罪集団にかかわる子供も通っており,中所得以上の家庭は公立学校を避け,私立に通わせる傾向がある。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
就学前教育は,幼稚園年少組(4歳)から年長組(6歳)まで。費用は国が負担する。
2.義務教育
義務教育は,小学校1年生(7歳)から中学校9年生(15歳)まで。費用は国が負担する。
義務教育の学校段階
種類および就学状況
小学校〜中学校(1年生〜9年生)
Primer, Segundo Ciclo y Tercer Ciclo  7歳 〜15歳(1年生〜9年生) 就学率 89.44%
カリキュラム・教授言語 授業時間は月曜日〜金曜日。午前の部は7:00〜11:30,午後の部は13:00〜17:30。言語はスペイン語。
義務教育段階の学費 【授業料】
無し
スクール
インフォメーション
教育省(MINED)は,公立学校の全児童・生徒(約120万人)に対し,制服,靴及び文房具を支給している。また,約100万人の児童には,牛乳の配給がある。
3.義務教育以降
学校段階・種類 高校(普通科と職業科),専門学校,大学
進学状況 高校への就学率は約30パーセント。更に,大学へ進学する者は約19パーセント。
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 現地校への就学は,現地に馴染め費用負担が少ないことから,永住者に選択されている。他方,海外赴任等に伴う長期滞在者の場合,語学(スペイン語),教育レベル及び治安の問題等からインターナショナル校を選択する傾向がある。
外国人に対しての
特別な学費負担
無し
外国人の就学義務 就学義務あり
外国人に対する
言語特別指導
無し
入・編入学手続き (1) 入学申込書 (2) 前在籍校の成績証明書 (3) 出生証明書 上記(2)及び(3)については,アポスティーユも求められる。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan