外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 アメリカ合衆国
州名 アラスカ州
都市名 アンカレジ
学区
学校名 ダイモンド・ハイ・スクール
A. J. Dimond High School
連絡先等 TEL:1-907-742-7000
FAX:1-907-742-7007
E-mail:johnson-harris_tina@asdk12.org(Johnson-Harris 校長)
URL:http://dimond.asdk12.org
場所 在アンカレジ領事事務所から車で15分程度、市内西部に所在
学校の形態・種類 1967年設立、公立/共学/通学制
高校

教育課程の認定  
 
学校の概要・特色 ダイモンド高校は、州で最も総合的なエンジニアリングのクラス、州唯一の日本語イマージョンプログラム、さらには特進プログラムを設けており、生徒ひとり一人を把握して、生徒の成功を考慮している。
また、ダイモンド高校は、生徒のために、優秀な教師陣、活動的な同窓会、精力的な父母会、強いリーダーシップと強い結束力の学校である(同校HPより)。
授業方式・言語 主な教授言語:英語と日本語(イマージョン)、選択言語としてスペイン語、ドイツ語、フランス語、日本語
受験できる統一テスト SAT(Standard Achievement Test)学力診断テスト、ACT(American College Exam)、
SBA(Student Bar Association)、HSGQE(High School Graduate Qualify Exam)
卒業生の進路状況 大学(生徒の多くのが大学に進学)、専門学校、職業学校、就職
卒業条件および発行される証明書 必修単位である22.5単位を習得することと、さらにHSGQEに合格することが卒業の条件となっている。卒業生には卒業証明書が与えられる。
外国人に対する言語特別指導 ESL/バイリンガルプログラム:有 当校ではELL(English Language Learner)と呼んでいる。
障害児受け入れ 有り
就学段階別対象年齢・学年 【9学年】 14歳〜15歳
【10学年】 15歳〜16歳
【11学年】 16歳〜17歳
【12学年】 17歳〜18歳
小学校1年生の
年齢基準日
入学する年の9月1日までに満13歳になる者は、同年の8月に高校1年生となる。
教職員数 89人
在籍児童生徒数 全校生徒は、1,682人(うち、223人が日本語イマージョンプログラムに在籍)
在籍日本人児童生徒数 国籍別の統計は無し。
学校年度・学期制 【アンカレジ市教育局】(学校年度:2017ー2018年度)
7月1日〜翌年6月30日
【4学期制】
・1学期:8月21日〜10月20日
・2学期:10月23日〜12月22日
・3学期:1月8日〜 3月9日
・4学期:3月19日〜 5月23日
日課等 【始業・終業時刻】
 7:30〜14:00
保護者負担経費 年度ごとに必要な経費/年額:
【入・編入学時経費:】 無し
【年度ごとに必要な経費/年額】 無し
スクールバスの有無・
通学方法
【スクールバス】 有り
【通学方法】 徒歩、保護者による送迎
昼食の形態 弁当持参又はカフェテリアにて昼食
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】 8月6日〜9日
【編入学申請受付時期】
 随時
入・編入学の基準
日本人入学の規制・条件
入・編入学に際しての必要書類 出願書類:
・出生証明(パスポートで代用可)
・健康診断書(運動系のクラブ活動に参加する生徒のみ必要)
・生徒・両親の現住所
・緊急連絡先情報
・親権、後見人指定がある場合にはその書類
・予防接種証明
・以前通っていた学校についての情報
・予防接種証明 : 任意の書式
ウェイティング 【日本語イマージョンクラスへの編入等】
日本人子女の場合は、ネイティブ・スピーカのため、クラスに空きがある場合、現在の所属高校とダイモンド高校の許可で、越境入学が可能である。また、アメリカ人の場合は、小学校から日本語イマージョンの在籍が優先的に当校のイマージョンプログラムに入ることができる。
学校への訪問について アポイント:
必要
学校から日本人に対するコメント等 ダイモンド高校は、アンカレジ市内で一番大きな日本語プログラムがある高校です。日本から来られた日本人の生徒にとっては、勉強の面でも友だちつくりという面でも、かなり恵まれた環境にあると思われます。困った時には相談にのってくれる日本語の分かる先生もいますし、皆、親日家です。(同校イマージョンプログラム日本語教師より)
地域の特色等
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan