外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 アメリカ合衆国
州名 ミシガン州
都市名 リボニア
学区 Livonia Public Schools
学校名 にじいろ小学校
Niji-Iro Japanese Immersion Elementary School(ひのきインターナショナルスクールから分離、独立)
連絡先等 TEL:734-744-2785
URL:http://niji-iro.livoniapublicschools.org/
場所 デトロイト総領事館から車で約35分
学校の形態・種類 公立/マグネットスクール (旧 ひのきインターナショナルスクール)
リボニア市以外の住所(学区外Wayne,Macomb, Monroe, Oakland, Washtenawカウンティ)からでも入学可能

教育課程の認定  
 
学校の概要・特色 日本の学習指導要領と、米(common-core)指導要領の両方を組み合わせたカリキュラム、
図工、音楽、体育、ITの授業あり。他の公立学校より年間授業日数が多いため、夏休みが6週間程度と短い。
授業方式・言語 方式:日米両方の学習指導要領を組み合わせたカリキュラム 主な教授言語:日本語、英語
受験できる統一テスト Mstep(ミシガン州統一テスト年1回)、
i-ready (livonia学校区統一テスト年3回)
F&P(livonia学校区統一テスト年2回)
卒業生の進路状況 アッパーエレメンタリーもしくは中学校に進学予定(学区内進学も可、高校まで)
卒業条件および発行される証明書 にじいろ小学校の教育課程を修了した証明書
外国人に対する言語特別指導 ESL/JLA(日本語以外の外国語を母国語とする場合の日本語カリキュラム)
障害児受け入れ 可能
就学段階別対象年齢・学年 Kindergarten-5年
小学校1年生の
年齢基準日
9月1日に満6歳になること
教職員数 23名 (うち教員 20名)
在籍児童生徒数 207名
在籍日本人児童生徒数 約100名
学校年度・学期制  【3学期制】8月中旬-翌年6月末
他の公立学校より年間授業日数が多い。
日課等 【始業・終業時刻】8:45ー15:15
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】(有料)絵画教室、ドラム教室、空手クラス、チェスクラス、サイエンスクラブ、縄跳びクラブ、コレオグラフィークラブ、そろばんクラブなど
保護者負担経費 年度ごとに必要な経費/年額:
特になし。
授業以外の課外活動クラス、始業時間前・放課後保育クラス、スクールバスは別途費用が必要。
スクールバスの有無・
通学方法
通学バス(有料、Novi とWest bloomfield行きがある)または自家用車
昼食の形態 持参または購入(カフェテリア方式、Livonia学校区のメニュー)
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
随時
【編入学申請受付時期】
随時
入・編入学の基準 1〜5年生への転入時の日本語能力試験がある。言語能力が学年相応でない場合は個別対応、日本語、英語ともにESLとJLAにて入学後は対応。Kindergarten(幼稚園年長)入学時は試験なし。
日本人入学の規制・条件 【日本人入学の規制・条件】
特に無し  
【予防接種の種類】
ミシガン州の規定に準じる。
破傷風、ジフテリア、百日咳、麻疹、ポリオ、風疹、インフルエンザ、B型肝炎など
入・編入学に際しての必要書類 出願書類:
1.保護者のID(旅券、米国運転免許証等)
2.居住が証明できる書類(不動産契約書、公共料金明細書等)
3.出生証明書
4.予防接種記録
ウェイティング ウェイティング制度:

ありの場合の状況:

学校への訪問について アポイント:

受付曜日時間:
授業日の午前中
連絡先:
TEL734-744-2785
学校から日本人に対するコメント等 全米4校のみの日本語/英語のイマージョン教育校の1つで、2ヶ国語を学ぶことができる。教員、スタッフの約半分は日本人で、小規模であるので一人ひとりに目が行き届くという長所がある。
地域の特色等 今後はリボニアの中学、高校とも提携して、卒業後も日本語の学習を続けていくことができるように計画をしている。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan