外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 アメリカ合衆国
州名 ミシガン州
都市名 グランドラピッズ
学区 FOREST HILLS PUBLIC SCHOOLS
TEL:616-493-8800
URL:http://www.fhps.us
当該学区の概要(特徴等):ESLサポート有
学区外からの越境受け入れもあり、学区外希望者が多数の場合は抽選となる。
学校名 メドウブルックエレメンタリースクール (幼稚園〜小4)
Meadow Brook Elemental School
連絡先等 TEL:616-493-8740
URL:http://www.fhps.net/elementary-schools/meadow-brook/
場所 GRAND RAPIDS空港から車で約20分
学校の形態・種類 公立/共学/通学制
小学校(K-4年)

教育課程の認定  
 
学校の概要・特色 治安の良いGrand Rapids郊外に位置し、幼稚園から高校までの一貫教育システムが採用されている。ESLクラスが充実し、個々の児童生徒への柔軟な対応がされている。インターネットでの成績確認、カリキュラム把握、各スポーツ部活動日程などが常時検索できる。また地域と密接なスポーツ、文化活動が行われている。
児童生徒の国籍も豊かで、毎年児童生徒によるインターナショナルフェアが開催され、交流活動が活発である。
授業方式・言語 主な教授言語:英語
幼稚園より中国語と英語の2ヶ国語教育も選択可能
受験できる統一テスト MSTEP(ミシガン州共通テスト)
卒業生の進路状況
卒業条件および発行される証明書
外国人に対する言語特別指導 ESL有
障害児受け入れ 可能
就学段階別対象年齢・学年 Kindergarten(幼稚園年長)〜4年生:5歳〜10歳
小学校1年生の
年齢基準日
その年の9月1日までに満6歳になる者は、同年の9月に入学
教職員数 69名 (うち教員 62名)
在籍児童生徒数 551名
全体の約20%がアジア系(国籍別の統計は行っていない)
在籍日本人児童生徒数 若干名
ELL生徒164名
学校年度・学期制 9月〜6月
【2学期制】
日課等 【始業・終業時刻】
8:40〜15:45
保護者負担経費 年度ごとに必要な経費/年額:
公立なので授業料は無料だが、課外活動や行事の一部に別途費用がかかる。
スクールバスの有無・
通学方法
あり
スクールバス、学区外から通学する場合は自家用車
昼食の形態 カフェテリアで昼食購入可、また弁当持参
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
随時
入・編入学の基準 【資格】
なし
【言語能力チェックの有無】
カウンセラーとの面談およびプレイスメントテストでチェックされる
日本人入学の規制・条件 【日本人入学の規制・条件】
特に無し  
【予防接種の種類】
ミシガン州の規定に準じる。
破傷風、ジフテリア、百日咳、麻疹、ポリオ、風疹、インフルエンザ、B型肝炎など
入・編入学に際しての必要書類 出願書類:
1.保護者のID(旅券、米国運転免許証等)
2.居住が証明できる書類(不動産契約書、公共料金明細書等)
3.出生証明書
4.予防接種記録
ウェイティング ウェイティング制度:
なし
学校への訪問について アポイント:

受付曜日時間:
月曜〜金曜日 9:00〜15:00
連絡先:
学校事務所 
学校から日本人に対するコメント等 英語の理解力を早く深めるために、授業での積極的姿勢、各スポーツ活動、文化活動に積極的に参加することを推奨。
地域の特色等 ミシガン州第2の都市グランドラピッズは、人口約194,000人(隣接する郡を含めると100万人、2016年調べ)、ルター派プロテスタントキリスト教の宗教心のあついオランダ系アメリカ人が多く住み、博物館・美術館等各種文化芸術施設が充実した都市である。
2015年にはマイヤーガーデン内に日本庭園もオープンした。日本の近江八幡市と姉妹都市関係にある。また、同市および隣接する郡のある地域はミシガンで近年最も人口増加しつつある地域である。
デトロイトへは車で2時間、シカゴへは約3時間、5大湖の一つミシガン湖へは約30分の距離に位置する。当地は北緯42度、北海道の旭川市とほぼ同じ緯度にあり、四季も美しく、5月に春風を待って一斉に咲き乱れる州花のりんごの花の美しさや、秋の紅葉の鮮やかさは、毎年住む人の目を楽しませてくれる。
また町の中央部を横切るように流れるグランド川は、この町の景色の一部を成し、川沿いでは7月4日のアメリカ独立記念日に、ダウンタウンのホテルや高層ビルを背景にして大掛かりな花火が打ち上げられ、夏の夜空を彩る。
日常生活はほぼ車のみに依存する車社会だが、アメリカ国内の他の大都市に比べ比較的交通量も少なく、真冬の積雪時を除けば、新来の日本人にも生活しやすい環境にある。市内の中心部は公共交通機関(バス)も利用可能。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan