外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年12月更新情報)

国・地域名 アメリカ合衆国
州名 オレゴン州
都市名 ポートランド
学区 Portland Public Schools District 全生徒数 約49,000人(幼〜高校まで)
Address: 501 N. Dixon St, Portland, OR 97227
TEL: 503-916-2000
E-mail: pubinfo@pps.net
www.pps.net/  
学校名 リッチモンド小学校
Richmond Elementary School
連絡先等
TEL:503-916-6220
FAX:503-916-2665
E-mail:pubinfo@pps.k12.or.us
URL:http://www.pps.net/richmond
場所 ポートランド市ダウンタウンから車で約10分
学校の形態・種類 公立/共学/通学制
保育園(Pre-K)、幼稚園(K)、小学校
1906年 設立
1989年 日本語マグネットプログラム開始:普通校カリキュラムとの並列運営
2005年 日本語マグネットプログラム専門校に転向し、体制を一本化: 普通校カリキュラムの廃止
日本語イマージョン・スクール(半日日本語、半日英語での指導)として運営

教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
有り
学校所在国の上級学校への進学資格:
有り
学校の概要・特色 本校は、ポートランド周辺で英語と日本語のイマージョン・プログラム(日本語マグネット・プログラム)を実施する唯一の公立小学校。授業は半日英語、半日日本語で行われる。前身は普通校(Neighborhood Program)だったが、1989年から日本語マグネット・プログラムを追加。2005年には普通校プログラムの併設を廃止し、イマージョン・プログラム一本となった。現在、この日本語マグネット・プログラムが保育園(Pre-K)まで拡大されている。コミュニティーと家族とのつながりを重視し、学校をサポートするOya No Kai(生徒の親達で運営される)が積極的に活動している。加藤学園、須磨浦小学校、札幌市の高校等とも交流がある。日本への修学旅行が5年生に行われる。
Oya No Kai ウェブサイト: www.oyanokai.org
授業方式・言語 方式:アメリカ方式、日本人教師による指導  主な教授言語:英語、日本語
受験できる統一テスト Oregon Statewide Assessment (オレゴン州統一学力テスト)
3年生(リーディング・算数)、4年生(リーディング・算数・ライティング)、5年生(リーディング・算数・科学)が州平均を上回る。
http://www.greatschools.org/oregon/portland/920-Richmond-Elementary-School/quality/
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】
Mt.Tabor Middle School (日本語イマージョン・プログラム) もしくは、在住区域内にある中学校など。
卒業条件および発行される証明書
外国人に対する言語特別指導 ポートランド学区がESLプログラムを提供しており、本校では4%弱が利用
障害児受け入れ ポートランド学区がスペシャル・エデュケーション・プログラムを用意
連絡先: Mary Pearson (ディレクター)  503-916-3747  mpearson@pps.net
就学段階別対象年齢・学年 保育園(Pre-K):3*〜4歳
幼稚園(Kindergarten):5歳〜6歳
小学部(1年生〜5年生):6歳〜11歳
* 9/1現在で3歳6ヶ月以上であること。これは本校のみの例外規定であり、同学区内の他校では4歳以上しか受け入れない
小学校1年生の
年齢基準日
8月31日までに満6歳になる児童は、同年9月に入学  
教職員数 約25名
在籍児童生徒数 約613名
幼稚園〜小3年生(各4クラス)、小4〜小5年生(各2クラス)
在籍日本人児童生徒数 アジア系生徒の割合は全体の約17%
学校年度・学期制 学校年度:9月の2週目頃〜6月の2週目頃
【3学期制】
1学期:9月上旬〜12月上旬
2学期:12月上旬〜3月中旬
3学期:3月中旬〜6月中旬
日課等 【始業・終業時刻】
8:00〜14:15
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
剣道、空手、音楽、ホームワーククラブ、Art4Life、Child Care、他
保護者負担経費 支払通貨名:USドル
入・編入学時経費:
(幼〜小5年生) 入・編入学時経費、学費は無料(保育園、幼稚園を除く)。制服無し。文房具などは保護者負担。(学校からサプライ・リストをもらい、始業日までに揃えて持参。これらはクラス全体で使用する。)
(保育園) 全日 $700弱/月
(幼稚園) 全日 $350前後/月: 半日しか通わせない場合は無償だが、全日の場合は有償(Fee-for-Service)となる。本校は全日クラス提供校ゆえ、ほとんどの児童が全日就学を選ぶ。奨学金制度あり
スクールバスの有無・
通学方法
あり。 通学方法:スクールバス、親による送迎
昼食の形態 なし。 弁当持参、もしくはカフェテリアで日替わりメニューから買うことができる。
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
例年2月上旬に申請開始、3月初旬締切だが、日程の詳細についてはenrollment-office@pps.k12.or.us を参照のこと。(今年は2/7から3/3) 100%抽選となる。入学希望者は期日内に申込み、保護者は、学校指定の説明会に参加する必要がある。
【編入学申請受付時期】
ポートランド学区の編入規定に従う。
例: 学校年度の初日から編入を希望する場合
小学校の申請受付: 同年1月下旬〜3月前半
抽選結果の発送: 4月末
(日程は変更される可能性があるため、必ず最新情報を確認のこと)
幼稚園より後の学年(つまり1年生以降)から入学する場合は、編入扱いとなり(Late Entry)、(1)空きがあること、(2)授業で使われる言語(日本語イマージョン校である本校は日本語と英語)に然るべき読み書き能力があること、の2点が条件となる。
入・編入学の基準 【基準・選抜方法】 
学区外在住でも申込みはできるが、学区内が優先。受付締め切り後に抽選を行い、結果が郵送される。学区外の者が抽選で選ばれた場合は、在住する学区事務所に行って、Interdistrict approvalの許可をもらう必要がある。(学区範囲:ポートランド学区ウェブサイト参照)
ワシントン州在住者の場合、有償
【言語能力のチェックの有無】
ポートランド学区内にあるESL WELCOME CENTERに行って、1時間ほどの試験を受ける。
日本人入学の規制・条件 【日本人入学の規制・条件】
ポートランドに居住していること(証明要)
【予防接種の種類】
オレゴン州では、保育園/幼稚園/小学生の児童に対し、ポリオ (Polio)、ジフテリア(Diphtheria)、破傷風(Tetanus)、A型肝炎(Hepatitis A)*、B型肝炎(Hepatitis B)、水疱瘡(Chickenpox)、B型インフルエンザ/小児髄膜炎(Hib)**、おたふく風邪(Mumps)、風疹(Rubella)、麻疹(Measles)などの予防接種を義務付けているが、健康上/宗教上の理由があるときは、考慮される場合がある。 
* 保育園・幼稚園(Pre-KとKindergarten)のみ必要
** 保育園(Pre-Kの5才未満)のみ必要
<<注意>>内容が頻繁に変更されるため、必ず最新情報を確認すること。
詳細は:http://www.oregon.gov/oha/PH/PREVENTIONWELLNESS/VACCINESIMMUNIZATION/Pages/index.aspx
予防接種の重複を避けるために、日本国内で受けた予防接種記録(種類、接種日など)をまとめておくとよい。英訳しておくと説明がスムーズ。
問い合わせ先: MULTNOMAH EDUCATION SEVICEの予防接種係(503-255-1841)
入・編入学に際しての必要書類 出願書類:
申請フォーム:ウェブサイトからダウンロード可能
予防接種証明: 詳細は前出のとおり
年齢証明: 出生証明書、洗礼証明、パスポート、又はこれらに準ずる書類
在留証明: 現住所を示す2種類の書類(コピー不可)が必要。発行日が30日以内で、かつ、生徒か保護者の住所が反映されたものであること。
例)Financial Document(銀行明細書、クレジットカード明細、小切手控え)
  公共料金支払い明細書(電話、電気、ガス、水道)
  政府関連書類(社会保障番号、失業保険、WIC、オレゴン医療プラン)
  保険類(家財、レンタル、健康、又は自動車)
  不動産書類(住宅ローン、レンタル、賃貸契約書)
詳細は電話かウェブサイトで確認すること。
ウェイティング ウェイティング制度:
保育園(Pre-K)は、年間を通してウェイティング・リストあり
ありの場合の状況:

学校への訪問について アポイント:

受付曜日時間:
通常、水曜日の午前中、予約した人のみに訪問見学が許される。
連絡先:
503-916-5325
学校から日本人に対するコメント等 2箇所にあるファミリー・サポート・センター(Family Support Center)が、入学準備や英語を母国語としない家族・生徒に様々なサポートを提供してくれる:
・ポートランド学区のESL窓口(英語レベルの評価テストやESLプログラムの手配)
・入学手続き支援
・多文化、多言語支援
<Family Support Center>
North Portland Location (Kenton School内) 503-916-5875
Southeast Portland Location (Kelly School内) 503-916-5729
地域の特色等 ポートランドは樹木の茂る人口約59万人(2011年現在)のコンパクトな街。札幌市と姉妹都市交流を結んでいる。「ローズ・シティ(薔薇の街)」と呼ばれ、毎年6月には、ローズ・フェスティバルが開催される。消費税がないため、買い物に来る観光客も多い。自然を大切にし、エコロジーの観点から自転車愛用者が多く、市全体で「自転車に優しい街づくり」を進めている。ダウンタウンは特に公共バスや路面電車が充実している。ポートランドは大きく北西、北東、南西、南東、北部に分かれ、地域によって個性がある。ほんの1〜2時間のドライブで、海、山、川など、オレゴンの大自然に触れることができ、アウトドアが楽しめる。春から夏にかけては気候が良く、秋から冬にかけては長雨が続く。
ポートランド市ウェブサイト: www.portlandoregon.gov
ポートランド観光協会ウェブサイト: www.travelportland.com
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan