外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆州・地域の詳細情報 (平成28年12月更新情報)

国・地域名:カナダ(ブリティッシュ・コロンビア州)
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
Ministry of Education of British Columbia
留学情報URL:http://www.learnlivebc.ca/
BC州各教育委員会一覧URL:http://www.bced.gov.bc.ca/schools/bcmap.htm
バンクーバー市教育委員会:Vancouver School Board International Education contact(日本人担当者常勤):604-713-4534  http://intered.vsb.bc.ca/
ビクトリア市教育委員会:Victoria International High School Programs contact(日本語対応有り):250-592-6871  http://www.studyinvictoria.com/contact.asp
グレータービクトリア市教育委員会:(Greater Victoria School District contact: 250-475-3212)  https://www.sd61.bc.ca/our-district/departments-services/contact-us/
バーナビー市教育委員会:Burnaby School Board International Education contact(日本語対応有り):604-296-6903  http://www.studyinburnaby.ca/?lang=ja
リッチモンド市教育委員会:Richmond School Board International Education contact:604-668-6217  http://studyinrichmond.sd38.bc.ca/
ノースバンクーバー市教育委員会:North Vancouver School Board International Education Contact:604-903-3444  http://www.sd44.ca/ProgramsServices/InternationalEd/Pages/default.aspx
設置在外教育施設 バンクーバー補習授業校                   
●現地の教育の概要と特色
学校制度 Elementary Education:7年
Secondary Education :5年
Postsecondary Education(College, University):2年、4年
(コキットラム地域)
Elementary Education:5年
Middle Education :3年
Secondary Education(College, University):4年
義務教育期間 【義務教育期間】5 歳〜16歳
elementary and secondary schools
【公費による教育が受けられる期間】5歳〜17歳
学校年度  
学期制 【3学期制】
1学期:9月〜12月
2学期:1月〜3月
3学期:3月〜6月
Year Round School:無
就学年齢基準日 その年の12月31日までに満5歳になる者は、同年の9月にKindergarten(5歳)となる。
(州の標準的な事例。各地域の教育委員会により異なる場合がある)。
教育概要・特色 カナダ国の公用語は、英語・フランス語であるので、BC州においてもフランス語環境教育の選択が可能。入学申請は、各地域の教育委員会へ申し込むこととなる。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
Pre- School。 3歳から4歳の児童が対象。定員に空きが無いと入れず、ウェイティング・リストに掲載して空きを待つこととなる。施設により異なるが週2日から5日を選択する。費用については、各施設毎に異なるが、おおむね月々100ドル(週2日/午前または午後の場合)から。
2.義務教育
【年齢・期間】 5歳〜17歳
【標準的な学級ごとの生徒数】 20-30人
【標準的な年間授業日数】 187日
【学校運営経費の原資】 BC州政府
義務教育の学校段階
種類および就学状況
キンダー: 5歳〜、就学義務 無
小学校: 6歳〜12歳、 1年生〜7年生、就学義務 有
中学・高校: 13歳〜17歳、8年生〜12年生、就学義務 有
カリキュラム・教授言語 【標準的な授業教科】英語(国語)、数学、社会、理科、科学技術、コミュニケーション
【学年の進級について(進級基準・留年の基準など)】単位制
【州による統一学力試験の実施学年と時期】小学4年・7年、高校1〜3年、11月、2月、4月、6月
【州による12年生の卒業試験の有無・実施時期・受験時期】有り、6月実施
【High School Diploma を取得するための条件】上記試験の必須科目を全て受験し、必要単位を取得すること。
義務教育段階の学費 なし
スクール
インフォメーション
【年間の授業日数】 187日
【学年ごとの年間授業時間数】 Kindergarten = 850時間, Grades 1-7 = 874時間, Secondary = 949時間
【標準的な1学級の人数】 20-30
【教員1人に対する生徒数の比率】 1:20-1:30
【通学方法】 徒歩、バス、自家用車
3.義務教育以降
学校段階・種類 専門技術学校(1年〜3年)
短期大学(2年)
大学(4年)
進学状況 不明
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 全員が現地校(公立・私立)へ在学
外国人に対しての
特別な学費負担
【無料で公立学校へ入・編入学する際の条件(査証・納税条件など)】
1年以上の就労査証を有している親の子女、若しくは州立大学の1年以上の就学査証を有している親の子女の場合は学費は無料。
【無償で教育が受けられない場合の負担費用(バンクーバー市の場合)】
【授業料】 14,000/年額(カナダドル)
【願書料】 200/年額(カナダドル)
【医療保険料】 950/年額(カナダドル)
【教材費】 その都度
外国人の就学義務  
外国人に対する
言語特別指導
必要に応じて各学校において英語を母国語としない生徒を対象にした英語学習プログラムが組まれる。
入・編入学手続き 【必要書類】簡単な英語のテスト、今年度と過去2年間の成績証明書
【予防接種の種類】B型肝炎、100日咳、破傷風、麻疹、おたふく風邪、風疹、ポリオ、ジフテリア等
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan