外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆州・地域の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名:アメリカ合衆国(グアム島)
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
Guam Public School System
TEL:(671)475-0416
www.gdoe.net
公立学校41校及び下記主要私立学校7校
Academy of Our Lady of Guam/Father Duenas Memorial School/Harvest Christian Academy/Saint Anthony Catholic School/Saint Paul Christian School/Santa Barbara Catholic School/St. John's School
設置在外教育施設 グアム日本人学校グアム補習授業校                  
●現地の教育の概要と特色
学校制度 Kindergarten:1年間(5歳) Elementary School Education:5年間(6歳〜10歳) Middle School Education: 3年間(11歳〜13歳) High School Education :4年間(14歳〜17歳) Postsecondary Education(College, University):4年間(18歳〜21歳)
義務教育期間 【義務教育期間】
1年生〜12年生(Kindergartenも含む)
【公費による教育が受けられる期間】
1年生〜12年生(Kindergartenも含む)
学校年度 8月〜5月
学期制 【2学期制】
1学期 8月〜12月
2学期 1月〜5月
就学年齢基準日 その年の12月31日までに 満5歳になる者は、同年の8月にKindergarten(5歳)となる。
(州の標準的な事例。各地域の教育委員会により異なる場合がある)。
教育概要・特色 1) 準州であるが、教育システムは米国本土に準拠している。
2) 公立学校の他、私立学校も多くあり、そのほとんどは宗教系である。
3) 公立学校は学費は無料だが、教育レベルは私立学校の方が高い。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
Nursery School, Pre-Kindergartenは義務ではなく、Kindergartenからが義務となる。
期間は1年間、費用は公立の場合は無料。
2.義務教育
基本的な教育目標:健全な人格の形成
年齢・期間:5歳〜17歳
標準的な学級ごとの生徒数:30名以下
標準的な年間授業日数:200日
学校運営経費の原資:公立の場合は税金
義務教育の学校段階
種類および就学状況
幼稚園 : 5歳〜               就学義務有
小学校 : 6歳〜10歳 1年生〜 5年生 就学義務有
中学校 :11歳〜13歳 6年生〜 8年生 就学義務有
高等学校 :14歳〜17歳 9年生〜12年生 就学義務有
カリキュラム・教授言語 【標準的な授業教科】
英語、数学、理科、社会
【学年の進級について】(進級基準・留年の基準など)
各学年で一定の進級成績に達しない場合、留年となる。
【州による統一学力試験の実施学年と時期】
全米学力テストが毎年数回行われている。
【州による12年生の卒業試験の有無・実施時期・受験時期】
なし
【High School Diploma を取得するための条件】
成績、出席日数等の規定を満たすこと。
義務教育段階の学費 なし

スクール
インフォメーション
【年間の授業日数】
200日
【学年ごとの年間授業時間数】
800時間〜1400時間
【標準的な1学級の人数】
30名以下
【教員1人に対する生徒数の比率】
1:30以下
【通学方法】
スクールバス又は保護者の送迎
3.義務教育以降
学校段階・種類 大学、4年間
進学状況 学校により進学率に差があるが、私立の進学校では90%以上の進学率の学校もいくつかある。
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 日本人の場合は、日本人学校を含む私立学校に就学しており,公立校への就学は少ない。
外国人に対しての
特別な学費負担
【無料で公立学校へ入・編入学する際の条件(査証・納税条件など)】
合法的な滞在資格を持っていること。
外国人の就学義務 合法的な滞在資格を持っていれば義務がある。
外国人に対する
言語特別指導
【教室開設基準、通級・巡回・センター方式などの方法】
必要に応じて対応する。
【指導日数・時間などについて】
年間を通して、必要に応じて随時行っている。
入・編入学手続き 【必要書類】
パスポート、滞在ビザ、出生証明書、グアム島内の医師の健康診断書、成績証明書及び過去の予防接種記録
【予防接種の種類】
PPD(ツベルクリンテスト),DPT(三種混合ワクチン),MMR(新三種混合ワクチン)等
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan