外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆州・地域の詳細情報 (平成28年12月更新情報)

国・地域名:アメリカ合衆国(ケンタッキー州)
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
ケンタッキー教育省
Kentucky Department of Education 500 Mero Street Frankfort, KY 40601
http://education.ky.gov/Pages/default.aspx
設置在外教育施設 エリザベスタウン補習授業校セントラルケンタッキー補習授業校シンシナティ補習授業校                 
●現地の教育の概要と特色
学校制度 Kindergarten: 5歳
Primary:6歳〜8歳(1年生〜3年生)
Intermediate:9歳〜10歳(4年生〜5年生)
Middle:11歳〜13歳(6年生〜8年生)
High School:14歳〜17歳(9年生〜12年生)
義務教育期間 【義務教育期間】
6歳〜16歳
【公費による教育が受けられる期間】
5歳〜18歳
学校年度 学校により異なる (通常 8月初旬、中旬〜5月下旬、中旬)
学期制 2学期制/Year Round School有り
就学年齢基準日 その年の8月1日までに満5歳になる者は、同年にKindergarten5歳となる。
教育概要・特色 各学区ごとに教育委員会による。
州内のパブリックスクール数  1,233 校
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
州が学費負担する幼児教育は、恵まれない環境にある3歳〜4歳児および障害のある4歳児が就学前の教育を受けることができる。
2.義務教育
基本的な教育目標:生徒が生涯を通じて学ぶ姿勢や目標を達成していくために必要な能力を身につけられるよう指導する。
標準的な年間授業日数;180日
学校運営経費の原資;国、州、地方税
義務教育の学校段階
種類および就学状況
Kindergarten: 5歳
Primary:6歳〜8歳(1年生〜3年生)
Intermediate:9歳〜10歳(4年生〜5年生)
Middle:11歳〜13歳(6年生〜8年生)
High School:14歳〜17歳(9年生〜12年生)
教師数 約 42,040 人
生徒数 約 655,475 人

Ethnicity of public school students
White - 79%
African American - 10.5%
Hispanic - 6%
Asian - 1.6%
Hawaiian/Pacific Islander - less than 1%
Native American - less than 1%
Other - 3.3%
カリキュラム・教授言語 【一般的授業教科】
英語、数学、化学、特別教育、作文、美術、人文、家庭科、音楽
【州による統一学力試験実施学年と時期】
4年生〜12年生
【High School Diplomaを取得するための条件】
最低22クレジット取得、英語、数学、理科、外国語、 Elective
義務教育段階の学費 公立学校は、全て無償である。
スクール
インフォメーション
年間授業日数;185 日 (includes 170 days of instruction; four days of professional development; four holidays; two planning days)
生徒数 約670,000人
3.義務教育以降
学校段階・種類  
進学状況  
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 不明
外国人に対しての
特別な学費負担
【無料で公立学校へ入・編入学する際の条件(査証・納税条件など)】
なし。
外国人の就学義務 州内定住者は就学義務有り。
外国人に対する
言語特別指導
【教室開設基準、通級・巡回・センター方式などの方法】
必要とする全ての生徒がESL指導を受講している。
【指導日数・時間などについて】 
各学校により相違。
入・編入学手続き 【必要書類】
予防接種記録、出生証明書、健康診断証明書
【予防接種の種類】
ジフテリア、百日ぜき、破傷風、ポリオ、はしか、おたふく風邪、風疹 等。
http://education.ky.gov/districts/SHS/Documents/Alicia%20Tindall%20DPH%20UpdatedImmunizationRequirements%20July%201%2c%202011%5B1%5D.pdf
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan