外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年2月更新情報)

国・地域名 ミクロネシア連邦
都市名 コロニア
学区
学校名 ポンペイ・セブンスデイ・アドベンティスト・スクール
Pohnpei Seventh-Day Adventist School(SDA)
連絡先等 TEL:+691-320-2564
E-mail:frankybedward@gmail.com
場所 日本大使館から車で約10分
学校の形態・種類 1970年設立
私立/共学/全日制
幼稚園・小学校・高等学校
【加盟機関】
全世界のSDAは,SDA協会(本部・米ワシントン)に加盟している。
教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
高校卒業後,アメリカ本土やハワイのSDA系列校へ進学する者がいる。
学校所在国の上級学校への進学資格:
高校卒業後,8割程度の生徒が当国で唯一の国立ミクロネシア短期大学(College of Micronesia)へ進学している。
学校の概要・特色 SDAは,キリスト教教育学校であり,学校方針とその規範の決定は,キリスト教に基づいているが,学生はキリスト教徒である必要はない。
同校で学ぶ生徒の国籍は,ミクロネシア,パラオ,マーシャル,米国,日本,フィリピン及び中国等で,外国籍の学生に対しては,放課後チューターによる補習が実施される。
教師は,全世界のSDA短期大学在学中の米国人,カナダ人,オーストラリア人,フィリピン人等により構成されている。
入学後のクラス分けテストにより,学生の能力に合致した授業を受けることが出来るように配慮されている。
校内では,英語のみを使用することとなっている。
授業方式・言語 方式:アメリカ 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト SAT(Scolastic Assessment Test):アメリカの大学進学希望者を対象とした共通試験が受験可能。
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】
約9割の卒業生がミクロネシア短期大学または米国に進学
【日本人卒業生の進路状況】
帰国しない者は,ミクロネシア短期大学又は米国に進学
【進学のためのカリキュラム】
TOEFL,SATを受験するための特別授業がある。
卒業条件および発行される証明書 25科目を了した者に卒業証書が発行される。
外国人に対する言語特別指導
障害児受け入れ
就学段階別対象年齢・学年 保育園:4歳
幼稚園:5歳
小学校:6〜14歳
高等学校:14〜18歳
小学校1年生の
年齢基準日
8月の入学時に満6歳になっている者
教職員数 教諭25名(プラスアシスタント7名)
在籍児童生徒数 保育園,幼稚園:24人,小学校:158人,高等学校:138人
在籍日本人児童生徒数
学校年度・学期制 学校年度:8〜6月
【2学期制】
前期:8〜12月
後期:1〜6月
日課等 【始業・終業時刻】
(月〜木)8:00〜15:00
(金)8:00〜12:00
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
希望者は放課後に音楽,スポーツ関係のクラブで活動している。
保護者負担経費 入・編入学時経費:
【登録料】
保育園:140
幼稚園:140(保育園からの進学者:135)
小学校:140(幼稚園からの進学者:135)
高等学校:150(小学校からの進学者:155)
年度ごとに必要な経費/年額:
【授業料】
保育園:75
幼稚園:75
小学校:75
高等学校:85
スクールバスの有無・
通学方法
無・徒歩あるいは家族が送迎
昼食の形態 持参あるいは購入(校内に売店あり)
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
随時
【編入学申請受付時期】
随時
入・編入学の基準 【資格】
対象年齢
【基準・選抜方法】
(入学)入学試験
(編入)学校長の判断で試験の要否が決定される(英語が母国でない者は編入試験が行われる)
【言語能力のチェックの有無】
入学/編入試験に含まれる
【高校段階での編入の可否】

日本人入学の規制・条件 【日本人入学の規制・条件】
特に無し
【予防接種の種類】
TOPV(ポリオ),DPT(三種混合(ジフテリア,百日咳,破傷風)),Td(二種混合(破傷風,ジフテリア)),HBV(B型肝炎),MMR(三種混合(麻疹,おたふく,風疹)),BCG(ツベルクリン),Smallpox(天然痘),Influenza(インフルエンザ),Hib(小児髄膜炎予防)
入・編入学に際しての必要書類 日本から持参する書類:
直近在籍校発行の成績証明書及び同英訳
出願書類:
(1)健康診断書
(2)予防接種証明
(3)出生証明書
(4)履歴書
(5)パスポート
ウェイティング ウェイティング制度:
無。
但し,通常ウェイティングは起こらないが,申し込みは早めに行う方が確実
学校への訪問について アポイント:
不要
受付曜日時間:
随時(開校中)
連絡先:
+691-320-2564(担当:Ms.Maurine EDWARD)
学校から日本人に対するコメント等 通常,編入手続きはスムースに行うことができますが,本校へ編入が決まり次第,早めの連絡をお待ちしています。
地域の特色等 学校所在地が奥まったところにあるため,周囲の環境が清閑である。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan