外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 台湾
都市名 台北
学区
学校名 台北アメリカン・スクール
Taipei American School
連絡先等 TEL:02-2873-9900
FAX:02-2873-1641
E-mail:admissions@tas.edu.tw
URL:http://www.tas.edu.tw/
場所 交流協会台北事務所から車で約30分
学校の形態・種類 1949年設立、私立/共学/通学制
幼稚園・小学校・中学校・高等学校
【加盟機関】
Western Association of Schools and Colleges/East Asian Regional Council of Overseas Schools /Interscholastic Association of Southern Asian Schools
教育課程の認定 当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学資格:
有(International Baccalaureate, Advanced Placement)
 
学校の概要・特色 全校児童生徒(2,318名)の約8割が中国系アメリカ人である。
 また、台湾を代表する企業や政府高官の子女が多い。校内での言語は英語となっているが、授業以外での会話は北京語や台湾語が使われている。
 教育の特徴としては、暗記への評価が低く、自分で考えて答を出すことが重視されている。宿題は多く、毎週学校から児童生徒の学力評価報告が家庭に届けられる。
 PTAの会議は、保護者が出席しやすいよう夜間に学校で開催される。
授業方式・言語 方式:米国方式 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト College Entrance Examination Board/Advanced Placement Examinations/International Baccalaureate
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】
高校を卒業した生徒のほとんどが、米国の大学に進学している。
【日本人卒業生の進路状況】
日本国内の中・高校、大学に進学するものが多い。
【進学のためのカリキュラム】
学校側では特に進学のための特別な対策は取っていないが、日本人子女で日本の大学への進学を希望する者は、民間の学習塾で国内向けの受験準備に取り組んでいる。
卒業条件および発行される証明書 卒業試験はない。卒業に際しては、卒業証書が授与される。
外国人に対する言語特別指導 小・中学レベルを対象にEALが設置されている。
入学前、英語能力評価テストを受ける。入学後、担当教諭及びEALチームが学習成果を評価する。
障害児受け入れ
就学段階別対象年齢・学年 Lower School:1年生〜5年生、6歳〜11歳
Middle School:6年生〜8年生、12歳〜15歳
Upper School:9年生〜12年生、16歳〜19歳
小学校1年生の
年齢基準日
その年の9月1日までに満6歳になる者は、同年の8月初旬に入学。
教職員数 教師250名、職員240名
在籍児童生徒数 2,318名
在籍日本人児童生徒数 62名
学校年度・学期制 新学期の時期:8月〜6月
【2学期制】
1学期:8月10日〜12月21日(2017年)
2学期:1月8日〜6月1日(2018年)
日課等 【始業・終業時刻】
小学校:7:45〜14:45
中学校・高等学校:7:45〜15:45
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
各種の文化、体育活動あり。
保護者負担経費 支払通貨名:新台湾ドル 通貨円レート:3.8
入・編入学時経費:
【申請料】
 10,000
【capital fee】
300,000
【Building Fee】
6,500
年度ごとに必要な経費/年額:
【授業料】
幼稚園〜5年 666,310
6年〜12年 738,965
【登録料】
50,000
【特別教育費】
小学校2年 2,710 3ー5年 7,720
中学校 8,800
【EAL】
 小学校・中学校 322,780
【スクールバス】
 22,000/片道、44,000/往復
スクールバスの有無・
通学方法
スクールバスあり
昼食の形態 給食(大食堂で食べる、メニューは週替わり)
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
 随時。但し、1学期から入学を希望する者は、5月1日までに入学手続きを終える必要がある。
【編入学申請受付時期】
随時。但し、2学期後半からの編入は認められない。
入・編入学の基準 【資格】
優先順:
(1)米国籍保有者
(2)台湾籍以外の外国人
(3)台湾籍
(4)中国籍
【基準・選抜方法】
書類審査及び面接
【言語能力チェックの有無】
有(高いレベルの英語力が必要)
【高校段階での編入の可否】
高校1年以上はEALがないので高いレベルの英語力がない限り編入は困難。
日本人入学の規制・条件 高い英語能力さえあれば、日本人の入学に規制や条件はない。
【予防接種の種類】
ポリオ、ジフテリア、破傷風、麻疹、肝炎等
入・編入学に際しての必要書類 日本から持参する書類:
過去2年間の学業成績表(英訳)
前在籍校の推薦状(学校の様式に記入)
出願書類:
1.編入学申請書
2.本人及び保護者の旅券(写)
3.写真
4.本人及び保護者の台湾の査証(写)
5.健康診断書(医師の発給したもの)
6.健康質問書(学校の様式に記入)
7.予防接種証明 (写)
ウェイティング ウェイティング制度:
有り
学校への訪問について アポイント:

連絡先:
Admissions Director 02-2873-9900 ext 328
学校から日本人に対するコメント等
地域の特色等
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan