外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆学校の詳細情報 (平成29年11月更新情報)

国・地域名 モンゴル
都市名 ウランバートル
学区
学校名 新モンゴル小・中・高等学校
Shine Mongol Secondary School
連絡先等 TEL:976-7777-5599
URL:http://shinemongol.edu.mn/
場所 在モンゴル日本国大使館から車で約5分
学校の形態・種類 2000年設立、私立/共学/通学制(6歳〜18歳)・2部交替制(小・中のみ)
小学校・中学校・高等学校
教育課程の認定  
 
学校の概要・特色 日本風の学習環境を整備する目的で設立され、日本との交流が多く、卒業後日本と関係を持つ生徒が多い。
授業方式・言語 方式:一斉指導  主な教授言語:モンゴル語
受験できる統一テスト 1年生、6年生、10年生が5月に進級のための国家試験が実施される。
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】
昨年度の12年生卒業生数は126名。うち120名が国内の国立大学、1名が私立大学、5名が海外の大学に進学している。
【日本人卒業生の進路状況】
2008年に1人の日本人が卒業した。
【進学の準備】
生徒たちは、それぞれ各自で準備している。放課後に学習塾へ通っている生徒もいる。授業後に先生による補習もあり。
卒業条件および発行される証明書 卒業試験に合格することが卒業条件。
外国人に対する言語特別指導 モンゴル語に不慣れな児童のために、課外に特別授業を行っている。
障害児受け入れ なし
就学段階別対象年齢・学年 小学校:6歳〜11歳(1年生〜5年生)
中学校:12歳〜15歳(6年生〜9年生)
高等学校:16歳〜18歳(10年生〜12年生)
小学校1年生の
年齢基準日
その年の9月1日までに満6歳になる者は、小学校の第1学年に入学することができる。
教職員数 教諭 91名(モンゴル人教師85名、外国人教師6名。うち日本人教師3名)
在籍児童生徒数 合計在籍児童数:1677名
小学校:710名、中学校:586名、高等学校:381名
在籍日本人児童生徒数 1人(中学生)
学校年度・学期制 2017年〜2018年度
新学期の時期 9月
【4学期制】
 小学部:          中学部:        高等部:
1学期:9週間      1学期:9週間      1学期:9週間
2学期:7週間      2学期:8週間      2学期:8週間
3学期:9週間      3学期:9週間      3学期:9週間
4学期:7週間      4学期:8週間      4学期:9週間
日課等 【始業・終業時刻】
時間割作成は、5年生までは低学年担当の教頭が、6年生以上は高学年担当の教頭が行うが、各教科担当者の意見を入れて変更することもある。
【授業以外の校内活動(課外・部活動等)】
34種類の部活動があり、課外授業として数学・日本語・英語等の授業を行う。
保護者負担経費 支払通貨名:Tugrug  通貨円レート:1円=21.54Tugrug
年度ごとに必要な経費/年額:
【授業料】
4,500,000〜4,700,000Tugrug 
スクールバスの有無・
通学方法
スクールバスあり。
昼食の形態 "給食プログラム"を実施中。
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】
4月と6月
【編入学申請受付時期】
随時
入・編入学の基準 【資格】
なし
【基準・選抜方法】
新入生に対して:IQテスト、言語発達
中学生に対して:モンゴル語、数学および理科の試験が実施される。
高校生に対して:モンゴル語、数学、英語などの試験が実施される。
【言語能力のチェックの有無】
特になし。
【高校段階での編入の可否】
可(高1のみ)
日本人入学の規制・条件 【日本人入学の規制・条件】
モンゴル語で面接試験を受ける。会話・読解・聴解
【予防接種の種類】
必要な予防接種は、特になし。
入・編入学に際しての必要書類 日本から持参する書類:
日本での成績証明書、入学申請書、保護者のパスポートなど
出願書類:
特になし
ウェイティング ウェイティング制度:
なし
学校への訪問について アポイント:

受付曜日時間:
月曜日〜金曜日 10:00〜16:00
連絡先:
976-7777-5599
学校から日本人に対するコメント等 高校3年生より、日本語で授業を受けることが可能。
地域の特色等
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan