外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆国・地域の詳細情報 (平成29年12月更新情報)

国・地域名:中華人民共和国(香港)
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
Education Bureau
15/F, Wu Chung House, 213 Queen's Road East, Wan Chai, Hong Kong.
TEL:852 2891 0088  FAX:852 2893 0858
E-mailedbinfo@edb.gov.hk
http://www.edb.gov.hk
設置在外教育施設 香港日本人学校香港補習授業校                   
●現地の教育の概要と特色
学校制度 6・3・3・4制
義務教育期間 小学校は1年生から6年生まで、中学校は1年生から3年生まで。
学校年度 9月〜翌年7月
学期制 3学期制(学校によって異なる場合もある)
就学年齢基準日 その年の12月31日までに満6歳になる者は、同年の9月に小学生1年生となる。
教育概要・特色 ・2009年9月から学校制度が変更され、旧制度の6・5・2・3制から新制度の6・3・3・4制となり、2012年以降、大学進学を希望する学生は、高校3年間を経て、大学統一入学試験を受験。(2012年から2014年の間は、旧制度で大学に入学した3年制度の学生と新制度で大学に入学した4年制度の学生が同時に存在。)
・義務教育年限は、小学校6年間、中学校3年間。
・イギリス、アメリカ、カナダ系など多くの国際学校があり、400名以上の日本国籍児童生徒が、日本人学校以外の国際学校で学んでいる。
・大学は3〜4年制で、香港大学、中文大学、香港科学技術大学、香港理工大学、香港城市大学、香港バプティスト大学、嶺南大学、香港教育大学などがある。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
幼児教育は幼稚園と幼児センター2種類があり、義務ではない。幼児センターは育嬰園と幼児園の2種類がある。育嬰園の対象は生まれてから2歳までの幼児、幼児園は2歳〜3歳までの児童、幼稚園は3歳〜6歳の児童である。
2.義務教育
 
義務教育の学校段階
種類および就学状況
義務教育の学校段階:小学校6年間、中学校3年間。
就学義務の有無:有
カリキュラム・教授言語 (小学校)1年生〜6年生、6歳〜11歳
(中学校)1年生〜3年生、12歳〜14歳
(高等学校)1年生〜3年生、15歳〜17歳
授業は母語(広東語)で実施される。カリキュラムの中に英語と普通語(北京語)の授業あり。
義務教育段階の学費 公立の場合は無料
スクール
インフォメーション
制服:学校指定の制服がある。
給食:小学校は給食制、中学校は弁当持参(もしくは学校付近の食堂で昼食を取ることも可)
3.義務教育以降
学校段階・種類 【高等学校】
学齢:原則として満16歳から満18歳まで
学年:第1学年から第3学年まで
【大学】
学齢:原則として満18歳から
学年:第1学年から第4学年まで
進学状況 【大学】
進学率:17〜20%(香港教育局調べ)
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 教科書の配布状況を見ると、現在70名程度の日本人が現地校に通っているものと思われる。
外国人に対しての
特別な学費負担
特になし
外国人の就学義務 現地校への就学義務はない
外国人に対する
言語特別指導
なし
入・編入学手続き 香港教育局への申請
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan