外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆国・地域の詳細情報 (平成29年12月更新情報)

国・地域名:ベトナム
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
教育訓練省
49 Dai Co Viet,Hanoi
TEL:84-4-3869-3224  FAX:84-4-3869-3243
設置在外教育施設 ハノイ日本人学校ホーチミン日本人学校ホーチミン補習授業校                 
●現地の教育の概要と特色
学校制度 5・4・3・4(又は5)制
義務教育期間 6歳〜15歳(1学年〜9学年)
学校年度 9月第1週〜5月下旬(年・学校により、変動・相違あり)
学期制 【2学期制】
(年・学校により、変動・相違あり。)
1学期:9月第1週〜1月中旬
2学期:1月中旬〜5月下旬
就学年齢基準日 当該年の12月までに満6歳になる者は、その年の学校年度開始日(9月第1週)に義務教育の第1学年に入学する。
教育概要・特色 ベトナムにおける義務教育は、小学校から中学校課程終了の第1〜第9学年までであるが、ハノイなど都市部を除いた一部地方では、実態として小学校課程終了(第5学年)時点までとなっている。一方、都市部を中心として、教育施設が児童生徒数に対して大幅に不足していることから、子どもたちは午前組・午後組の2つの登校組に分かれ、同一教室を2回使用する2部制が採用されている。さらに、学区制がないため、評判のよい学校へ児童生徒が集中する結果となっている。ベトナムの学校は暖房設備が整っていないため、北部に所在する学校では、冬期の気温が低い日に学校閉鎖となることがある。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
小学校以前の教育は義務ではない。3歳で入園するベトナム人向け幼稚園は3年間の教育課程で、授業料は月額25USドル程度であり、1クラスの子どもの数が多く、一般的に教育環境はよくない。その他、外国人向けのインターナショナル幼稚園(英語環境)が複数あるほか、近年は、日本人幼児向けの私立幼稚園(日本語環境)も複数開園している。
2.義務教育
小学校は全国に15,052校、児童数は7,801,560人。中学校は全国で10,115校、5,235,524人の生徒が通学している(いずれも2016年の統計)。小学校は週休2日(土・日曜日が休み)だが、中学校は日曜日のみ休みとなる。
義務教育の学校段階
種類および就学状況
小学校:6歳〜11歳、1年生〜5年生、就学率98.6%
中学校:12歳〜15歳、6年生〜9年生、就学率90.4%
カリキュラム・教授言語 教授言語はべトナム語のみ。
義務教育段階の学費 【授業料】
無料〜110,000VND/月
【その他の費用】
教材費
スクール
インフォメーション
昼食は希望者のみ購入する。費用は1日当たり30,000ドン。 
3.義務教育以降
学校段階・種類 高校 16〜18歳、1〜3年生 就学率42.8%
大学 19〜22(又は23)歳、1〜4(又は5)年生
大学院生、22(又は23)歳以上
進学状況  
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 授業はすべてベトナム語で行われるため,実際に日本人を含めた外国人が入学することは困難。
ほとんどの日本人子弟は、日本人学校又はインターナショナルスクールに通学している。
外国人に対しての
特別な学費負担
 
外国人の就学義務  
外国人に対する
言語特別指導
 
入・編入学手続き 出生証明書、出願書
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan