報道発表

堀井巌外務大臣政務官のフィジー,ナウル及びオーストラリア訪問

平成30年1月26日

1 1月28日から2月4日まで,堀井巌外務大臣政務官はフィジー共和国,ナウル共和国及びオーストラリア連邦のメルボルン及びシドニーを訪問します。

2 フィジーでは,政府要人に対して本年5月に開催される第8回太平洋・島サミットの成功に向けた意見交換を行うともに,二国間関係の強化を図る予定です。

3 総理特使として訪問するナウルでは,ナウル独立50周年記念式典に出席するとともに,バロン・ディバベシ・ワンガ・ナウル共和国大統領(H.E.Baron Divavesi WAQA, President of the Republic of Nauru)やその他の太平洋島嶼国首脳とPALM8の成功に向けた意見交換を行う予定です。

4 メルボルン及びシドニーでは,ビクトリア州及びニュー・サウス・ウェールズ州の政府要人とそれぞれ会談し,各州と我が国の関係強化を図るとともに,現地で企業が直面する課題などについて日本企業関係者と意見交換する予定です。

[参考1]堀井巌政務官出張日程
1月28日 羽田発(香港,ナンディ(フィジー)経由)
29日 スバ(フィジー)着
 スバ発(ナンディ経由)
30日 ナウル着
31日 ナウル独立50周年記念式典出席
2月1日 ナウル発(ナンディ経由)
 メルボルン着
3日 メルボルン発(シドニー経由)
4日 羽田着

[参考2]ナウル独立50周年記念式典
 本件式典には,太平洋島嶼国首脳の他,オーストラリア,ニュージーランド,インド,ロシア,英国等の代表が出席を予定。堀井巌政務官は,日・ナウル外交関係50周年を迎え,総理特使として独立50周年記念式典に出席する。


報道発表へ戻る