報道発表

APECビジネス諮問委員会日本委員による河野外務大臣表敬

平成29年10月25日

  • APECビジネス諮問委員会日本委員による河野外務大臣表敬1
  • APECビジネス諮問委員会日本委員による河野外務大臣表敬2
  • APECビジネス諮問委員会日本委員による河野外務大臣表敬3
  1.  本25日午前10時30分から約15分間,河野太郎外務大臣は,APECビジネス諮問委員会(ABAC)日本委員による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,大宮英明委員(三菱重工業取締役会長)から,河野大臣に対し,「APEC首脳への提言書」が手交され,地域経済統合や質の高いインフラ整備の促進,零細・中小企業のための取組等について,APECの活動に対する期待が述べられました。

    2 これに対し,河野大臣から,ABAC委員の貢献に謝意を表するとともに,提言を真摯に受け止めたい,自分も事情が許せばAPEC閣僚会議に出席したいと考えている,提言にある自由貿易や質の高いインフラについて,日本はリーダーシップを発揮していきたいと述べました。

    [参考]APECビジネス諮問委員会(APEC Business Advisory Council (ABAC))
     ABACは,1996年に設立されたAPECの公式諮問機関であり,各エコノミー首脳から3人を超えない範囲で指名される。日本の現在の委員は以下のとおり。(就任順)

    • 鈴木 裕之 野村総合研究所取締役副会長
    • 大宮 英明 三菱重工業株式会社取締役会長
    • 髙橋 規  三井物産株式会社顧問
    • 長谷川浩司 三菱重工業株式会社常務執行役員(代理委員)

     ABACは,ビジネス界が重視する課題についてAPECへ助言することが期待されており,毎年秋に開催される首脳会議に向けて提言を提出している他,この首脳会議においてはABAC委員とAPEC首脳との対話の場が設けられており,APEC関連の民間諮問機関として唯一首脳宛の提言を直接具申することが認められている。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る