報道発表

安倍総理による「イフタール」の主催

平成25年7月30日

  1. 1.7月31日夕刻,安倍晋三内閣総理大臣は,駐日イスラム諸国大使等を総理大臣官邸に招待し,「イフタール」(イスラム暦断食月(ラマダン)中に行われる,日没後の食事)を主催します。

    2.安倍総理によるイフタールの主催は,我が国とイスラム世界との相互理解を増進することを目的としています。

    3.このイフタールでは,駐日イスラム外交団から約40の国・地域の代表が参加する予定であり,各々の郷土料理が提供されます。
    また,イスラム教徒として,ラマダン中に大相撲名古屋場所にて勝ち越した大砂嵐関(エジプト出身,大嶽部屋)も招待されています。

    (参考)
    (1)宗教上の戒律によりイスラム教徒は,約1ヶ月続く断食月(ラマダン)の間,日の出から日没まで一切の飲食を断つ。日没後初の食事であるイフタールには通常よりも豪華な食事が供される。本年のラマダンは,7月9日頃から約1ヶ月間(開始日及び終了日は地域により若干異なる)。

    (2)参加する予定の国・地域は次の通り(アルファベット順)
    アフガニスタン,アルジェリア,アゼルバイジャン,バーレーン,バングラデシュ,ベナン,ブルネイ,エジプト,ギニア,インドネシア,イラン,イラク,ヨルダン,カザフスタン,クウェート,キルギス,レバノン,リビア,モルディブ,モーリタニア,モロッコ,モザンビーク,ナイジェリア,オマーン,パキスタン,パレスチナ自治政府,カタール,サウジアラビア,セネガル,スーダン,タジキスタン,チュニジア,トルコ,アラブ首長国連邦,ウズベキスタン,イエメン

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る