報道発表

TICAD共催者代表による中根外務大臣政務官表敬

平成27年8月25日

  1. 本25日午後2時より約25分間,中根一幸外務大臣政務官は,TICAD(アフリカ開発会議)モニタリング合同委員会出席のため訪日中のTICAD共催者(アフリカ連合委員会(AUC),国連,国連開発計画(UNDP),世界銀行)代表による表敬を受けたところ概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,中根政務官から,次回TICAD首脳会合の開催国としてケニアが正式に決定されたことを歓迎しつつ,今回開催されるモニタリング合同委員会は,初のアフリカ開催となる次回TICADの成功に向けた重要な会合であり,引き続きTICADプロセスへの各共催者の協力を要請しました。

    2 これに対して,各共催者代表からは,アフリカの開発におけるTICADプロセスの重要性が強調されるとともに,日本のアフリカ支援への高い評価が述べられました。また,明日26日に開催されるモニタリング合同委員会での議論も含め,今後とも次回TICADの成功に向け協力していく旨述べられました。

    (参考)表敬参加者(各機関団長)
    AUC:アルバート・ランガナイ・チンビンティAU常駐委員会(PRC)議長,駐エチオピア・ジンバブエ大使
    国連:ラウル・アントニオ・デ・メロ・カブラル国連アフリカ担当特別顧問室(UNOSSA)調整・アドボカシー・プログラム開発ブランチ長
    UNDP:アヨデレ・オドゥソラ・アフリカ局戦略分析チーム部長
    世銀:塚越保祐駐日代表
     

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る