外務省: マラウイに対する無償資金協力(第二次ブワンジェバレー灌漑施設復旧計画)に関する書簡の交換について

報道発表

マラウイに対する無償資金協力(第二次ブワンジェバレー灌漑施設復旧計画)に関する書簡の交換について

平成20年6月18日
  1. 我が国政府は、マラウイ共和国政府に対し、「第二次ブワンジェバレー灌漑施設復旧計画」 (The Rehabilitation of the Bwanje Valley Irrigation System (Phase 2))の実施に資することを目的として、3,500万円を限度額とする無償資金協力を行うこととし、このための書簡の交換が、6月18日(水曜日)(現地時間、同日)、リロングウェ市において、我が方松本洋在マラウイ共和国臨時代理大使と先方チャールズ・ンチャチャ副財務大臣(Charles T. Mchacha, Deputy Minister of Finance)との間で行われた。
  2. 本計画の概要は次の通りである。

(1)本計画の内容

(2)本計画の必要性

(3)本計画の効果

(参考)  マラウイは約12万平方キロメートルの国土を有し、人口は約1,320万人、一人当たりGNI(国民所得)は約170ドルである。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る