報道発表

運転免許試験の一部又は全部の相互免除に関する日本国政府とハンガリー共和国政府との間の交換公文の署名について

平成20年3月17日
  1. 3月17日(月曜日)、東京において日・ハンガリー外相会談が行われた際、高村正彦外務大臣とゲンツ・キンガ・ハンガリー共和国外務大臣との間で、運転免許試験の一部又は全部の相互免除に関する日本国政府とハンガリー共和国政府との間の交換公文への署名が行われた。
  2. ハンガリー共和国に1年以上滞在する場合には、我が国運転免許からハンガリー運転免許への切替えが必要となるが、切替えに際し、ハンガリー国内法令に従い試験が課される。そのため、ハンガリーの在留邦人から、切替申請及び手続の簡素化が強く要望されていた。
     このような状況の下、我が国政府は、ハンガリー共和国政府と運転免許試験の一部又は全部の相互免除に係る国際約束の締結に向けた交渉を行ったところ、このほど、切替えに際して実技試験及び筆記試験を相互に免除する交換公文の案文につき最終的な合意に至ったものである。
  3. この交換公文の発効により、ハンガリーにおける在留邦人の便益の増進及び経済活動の円滑化が図られ、日・ハンガリー間の経済的・人的交流が一層促進されることが期待される。
  4. この交換公文は、署名・交換後、両国がそれぞれ必要な国内手続を了した後30日目に効力を生ずる。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る