報道発表

V4+1援助協力ワークショップの開催について

平成20年1月31日
  1. 外務省は、V4(チェコ、ハンガリー、ポーランド及びスロバキア)の政府開発援助担当実務者(局長級)を招き、2月4日(月曜日)から8日(金曜日)まで、東京において、V4+1援助協力ワークショップを開催する。
  2. このワークショップは、昨年5月にドイツ(ハンブルク)で開催されたV4+1外相会合での合意に基づき開催されるものであり、近年、援助実施体制の整備と近隣地域への支援を積極的に進めているV4諸国の取組を支援することを目的とするものである。
  3. このワークショップでは、外務省より日本の政府開発援助に関する説明を行い、V4諸国と日本との今後の協力の可能性について意見交換が行われるほか、国際協力機構(JICA)、国際協力銀行(JBIC)、国際開発高等教育機構(FASID)や政策研究大学院大学(GRIPS)において、これら機関の役割・組織に関する講義等が行われる予定である。

(参考) V4(ヴィシェグラード4)とは、チェコ、ハンガリー、ポーランド及びスロバキアからなる地域協力の枠組み。1991年、ヴィシェグラード(ハンガリー)で、チェコスロバキア(当時)、ポーランド及びハンガリーにより創設された。4ヵ国とも2004年5月にEU加盟した。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る