報道発表

日韓電話外相会談について

平成19年8月31日
  1. 町村外務大臣は、8月31日午後2時15分から約20分間、宋旻淳(ソン・ミンスン)韓国外交通商部長官との間で日韓電話外相会談を行った。
  2. 冒頭、宋長官から町村大臣の就任に対する祝意を述べたのに対し、町村大臣から謝意を表明した。また、町村大臣より、アフガニスタンにおける人質19名全員の解放を嬉しく思う旨述べるとともに、犠牲者に対して改めて哀悼の意を表したのに対し、宋長官から、今回の事件に関する日本からの激励と支持に対する謝意の表明があった。
  3. また、町村大臣は、日韓両国は基本的価値を共有する最も重要な隣国であり、大局的見地から、両国の協力関係の一層の進展に向けて共に努力していきたい旨述べた。これに対し、宋長官よりも、未来志向の関係を共に構築していきたいと考えている旨述べた。
  4. さらに、町村大臣から、六者会合において「次の段階」、更には完全な核放棄の実現という目標に向けて協力していきたい、10月の南北首脳会談の成功を祈念する旨述べた。これに対し、宋長官は、来週モンゴルで開催される「日朝国交正常化のための作業部会」での前進を期待する旨述べ、両外相は、北朝鮮問題において今後とも緊密に意見交換を行い、協力していくことで一致した。
  5. なお、両外相は、9月6日に、APEC閣僚会合の機会にシドニーで日韓外相会談を行い、胸襟を開いて率直な意見交換を行うことで一致した。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る