報道発表

ペルー共和国における地震災害に対する緊急援助について

平成19年8月17日
  1. 我が国政府は、8月17日(金曜日)、地震災害を受けたペルー共和国政府に対し、約1,600万円相当の緊急援助物資(テント、毛布、スリーピングマット)を供与することを決定した。
  2. ペルー共和国では、15日(水曜日)18:40(日本時間16日(木曜日)08:40)、太平洋岸イカ州沿岸部においてマグニチュード8.0の地震が発生し、同州及びリマ州南部を中心に死者437名、負傷者829名、被災者総数1万6,669名の被害(現地時間16日政府公式発表)をもたらした。
    現在、ペルー共和国では、上記2州を中心に被災者が不自由な避難生活を強いられている状況にあり、同国政府は、復旧のための自助努力を行なうとともに、国際社会に対し、緊急援助を要請している。
  3. 我が国としては、同国政府の要請を踏まえ、今回の災害による被災者に対する人道的支援の観点及び我が国とペルー共和国の友好関係に鑑み、同国に対し緊急援助を行うこととしたものである。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る