報道発表

ペルーにおける地震災害:麻生外務大臣のお見舞いメッセージの発出

平成19年8月17日

15日18時40分(ペルー時間)、ペルーにおいて大規模な地震が発生し、同国イカ州及びリマ州南部を中心に被害が生じていることに対し、16日、在ペルー日本国大使館を通じ、麻生大臣よりガルシア・ベラウンデ外務大臣宛にお見舞いのメッセージを発出した。

 

(注1)

15日18時40分(ペルー時間。日本時間16日8時40分)、ペルー・イカ州沿岸部にてマグニチュード8.0の地震が発生した。ペルー政府の公式発表(ペルー時間16日13時30分)によると、少なくとも死者437名、負傷者829名、被災者総数16,669人が確認されている。

(注2)

16日、ペルー政府はイカ州及びリマ州カニェテ郡に対し、60日間の非常事態宣言を発令した。また、16~18日の3日間を服喪期間とした。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る