報道発表

マリ共和国大統領就任式への総理特使の派遣について

平成19年6月1日

  1. 我が国は、6月8日(金曜日)にマリ共和国の首都バマコで開催される予定のアマドゥ・トゥマニ・トゥーレ大統領就任式に西川公也衆議院議員を総理特使として派遣する。

  2. マリ共和国では、4月29日(日曜日)に大統領選挙が実施され、5月12日(土曜日)にトゥーレ現大統領の再選が発表されたことを受けて、今回の大統領就任式が開催されるに至ったものである。

  3. 今次大統領選挙が大きな混乱もなく平穏に実施されたことは、マリにおける民主化の定着を示すものとして重要である。また、我が国は2008年1月に在マリ日本国大使館の開設を予定しており、今回の総理特使の派遣は、緊密化しつつある日・マリ共和国両国間の友好・協力関係を一層強化していくとの観点から決定されたものである。

(参考)マリ共和国

          首都:バマコ

          面積:約124万平方キロメートル(日本の約3.3倍)

          人口:約1,390万人

          1人あたりGNI:約380米ドル(2005年世銀)

このページのトップへ戻る
目次へ戻る