報道発表

日・アラブ首長国連邦租税条約交渉第2回会合について

平成19年3月23日


1.  3月20日(火曜日)から22日(木曜日)の間、日本とアラブ首長国連邦は、租税条約交渉の第2回会合をアラブ首長国連邦・アブダビにおいて開催した。我が方からは、伊藤秀樹中東アフリカ局参事官を交渉団長とし、中村信行財務省主税局参事官ほかが出席し、先方からは、フーリ財政工業省次官、ブスターニ同次官補、ナーセル同投資部長ほかが出席した。

2.  双方は、友好的かつ建設的な雰囲気の下、二国間の経済関係の強化において本租税条約が果たす重要性を確認しつつ、条約の主要な条項について議論を行った。

3.  双方は、次回会合を早期に東京で開催することを決定し、今後日程を調整していくこととした。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る