報道発表

城内外務大臣政務官のニュージーランド訪問(概要)

平成25年2月22日
CTV跡地 ニュージーランド首相




 本22日,2月21日から23日までの日程でニュージーランドを訪問している城内実外務大臣政務官は,クライストチャーチ地震2周年追悼式典に出席するとともに,ジョン・キー首相(The Rt Hon John Key)と意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. クライストチャーチ地震2周年追悼式典
    城内政務官は,クライストチャーチ地震2周年追悼式典に我が国政府を代表して出席の上献花を行い,犠牲者の方々への哀悼の意を表しました。
    また,日本人の犠牲者が出たCTVビル跡地等においても献花を行いました。
  2. キー首相との意見交換
    追悼式典の終了後,城内政務官は,式典会場において,キー首相と意見交換を行いました。
    城内政務官から,震災犠牲者185名のご冥福を改めてお祈りするとともに,日本人犠牲者のご遺族に対する支援やニュージーランド政府の対応についての情報提供を引き続きしっかりと行っていただきたいと述べ,キー首相より,ご遺族への支援に尽力したい旨述べました。また,今後とも地域や国際場裡において,両国が引き続き協力を強化していくことで一致しました。
    この他,城内政務官からキー首相に対し,日本の調査捕鯨船団へのシー・シェパードによる妨害行為に対しては,寄港国として然るべく対処して頂きたい旨申し入れを行いました。
  3. サットン・カンタベリー地震復興院総裁との意見交換
    更に,城内政務官は,カンタベリー地震復興院本部において,ロジャー・サットン・カンタベリー地震復興院総裁とも意見交換を行い,大震災を経験した両国が,防災面で協力していくことで一致しました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る