報道発表

パレスチナ開発のための東アジア協力促進会合(CEAPAD)の開催

平成25年2月5日
  1.  我が国は,中東和平の実現に向けた取組の一環として,2月13日と14日の両日,「パレスチナ開発のための東アジア協力促進会合」(Conference on Cooperation among East Asian Countries for Palestinian Development (CEAPAD(シーパッド)))を,東京においてパレスチナと共催します。
  2.  同会議は,参加国間で,東アジア諸国の経済発展の経験や対パレスチナ支援の知見を共有し,効果的な協力関係のあり方を検討することでパレスチナの国家建設努力を後押しし,これにより,中東和平の推進及び地域の安定化に貢献することを主な目的としています。
(参考)
日程:
2013年2月13日(水曜日)夜 外務大臣主催レセプション
2013年2月14日(木曜日)終日 本会合
場所:
東京,三田共用会議所
参加予定者:
日本(主催),パレスチナ自治政府(共催)
東アジア諸国:インドネシア,韓国,シンガポール,タイ,ブルネイ,ベトナム,マレーシア
国際機関:アラブ連盟,イスラム開発銀行,世銀,国連,国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る