報道発表

齋木外務審議官から程永華駐日中国大使への抗議

平成25年2月5日
  1.  本5日午前10時30分頃,齋木昭隆外務審議官は,岸田文雄外務大臣の指示に基づき,程永華(てい・えいか)駐日中国大使を外務省へ招致し,昨4日,中国国家海洋局所属公船2隻が尖閣諸島周辺領海に長時間侵入し,長時間徘徊等を行ったことについて,厳正な抗議を行いました。
  2.  齋木外務審議官からは,日中関係の改善を期待する双方関係者の意向に全く反する,中国公船によるこのような挑発的な行動の繰り返しに対する我が国としての強い遺憾の意を伝えつつ,中国側がこのような行為を二度と繰り返さないよう,改めて強く求めました。
  3.  程永華大使は,尖閣諸島に関する中国独自の主張を述べ,申入れは受け入れられない旨述べました。これに対し,齋木外務審議官から,中国独自の主張は受け入れられない旨繰り返し指摘した上で,当方からの抗議については本国に報告するよう求め,また,中国側が自制し,責任ある対応を行うよう,再度強く求めました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る