報道発表

鈴木総理特使(外務副大臣)とメデルシ・アルジェリア外相との会談

平成25年1月23日

アルジェリアにおける邦人拘束事件に関し、アルジェリアの首都アルジェに出張中の鈴木俊一総理特使(外務副大臣)は、同地出張中の城内実外務大臣政務官とともに、本23日午後6時(現地時間同日午前10時)から、ムラド・メデルシ外務大臣(Mr. Mourad MEDELCI)と約30分間会談したところ、概要は以下のとおりです。

  1. 鈴木総理特使から、今回の事件において多くの無辜の人々の命が奪われたことは痛恨の極みである,我が国としてテロは断じて許さず,今回の極めて卑劣なテロ行為を断固として非難する旨改めて強調するとともに,無事が確認された日本人及び御遺体の政府専用機での帰国,並びに未だに安否が判らない日本人3名の安否確認について引き続きアルジェリア政府の最大限の協力を要請しました。
  2. これに対しメデルシ外相から,鈴木総理特使の訪問がその目的を達成できるよう最大限の協力を行う,安否が判らない3名の方の安否確認についても,引き続き最大限の協力を行う旨述べました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る