報道発表

山根外務副大臣とメイルーナス・リトアニア外務副大臣の会談

平成24年9月28日
(写真)山根外務副大臣とメイルーナス・リトアニア外務副大臣の会談-1 (写真)山根外務副大臣とメイルーナス・リトアニア外務副大臣の会談-2




本28日(金曜日)午前10時30分から約30分間,山根隆治外務副大臣は,エギディユス・メイルーナス・リトアニア外務副大臣(Mr. Egidijus MEILŪNAS, Vice-Minister ,Ministry of Foreign Affairs)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,山根副大臣はメイルーナス外務副大臣の訪日を歓迎し,本年2月のアンドリウス・クビリウス首相,同7月のエバルダス・イグナタビチュス外務副大臣訪日に続く継続的な要人訪日を通じた二国間関係の進展に触れ,今後もリトアニアとの協力関係を深化させたい旨述べました。これに対してメイルーナス外務副大臣から,両国は地理的な遠さを感じさせない重要なパートナーである旨述べました。
  2. 山根副大臣は,日EU双方の経済成長に資する日EU経済連携協定(EPA)の重要性を指摘し,2013年後半にEU議長国を務めるリトアニアから引き続き交渉開始への支持と協力を得たい旨述べました。また,日本産品に対する輸入規制に関して科学的データに基づいた対応を要請した他,欧州債務危機に関し,我が国の欧州金融安定ファシリティ(EFSF)債の購入や国際通貨基金(IMF)の資金基盤強化への貢献等の支援を説明した上で,情勢の安定化を期待する旨述べました。これに対し,メイルーナス副大臣は,リトアニア経済が厳しい改革努力の結果,EU内でも非常に高い成長を示していることに言及しつつ,リトアニアは日EU・EPAを支持しており,早期の交渉開始とリトアニアがEU議長国である期間における着実な進展を期待する旨応えました。
  3. メイルーナス副大臣から,リトアニアのエネルギー事情や同国において予定されている原発建設計画に関する国民投票について説明があり,山根副大臣から,我が国のエネルギー政策に関する最近の議論を紹介しました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る