報道発表

イラクへの官民合同医療ミッションの派遣

平成24年9月27日
  1. 9月25日(火曜日)から27日(木曜日)まで,外務省,経済産業省及び民間企業等からなる官民合同医療ミッションがイラクのバグダッドを訪問し,イラク保健省関係者とのワークショップに参加したほか,バグダッド市内のメディカル・シティー病院を視察しました。
  2. 上記ワークショップにおいては,イラク側からイラク保健分野の現状や,必要な医療機材や医療技術等の具体的なニーズ,医療機材の入札スケジュール等について説明があり,日本側からは企業各社の概況や各々が扱う医療機材・技術について説明を行い,今後の本分野での日・イラク間ビジネスの活発化に向けた意見交換を行いました。
  3. 今回のミッションは,本年5月に行われた第1回日・イラク経済合同委員会において合意された,我が国の医療機器・サービス・技術等を活用したソフト面での協力の具体的なフォローアップとして派遣されたものです。
  4. こうした官民ミッションの派遣等を通じ,今後の日本企業によるイラクでのビジネス展開が加速化されることが期待されます。

【参考】官民合同医療ミッション構成
政府:福島洋・経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課長他
民間企業:医療機器メーカー等計6社,医師2名,他

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る