報道発表

インフラ整備,防災,ダウェー開発に関する日タイ・ワーキンググループ第1回調整委員会会合の開催

平成24年9月24日
  1. 本24日(月曜日),バンコクのタイ外務省において,本年3月に東京にて行われた日タイ首脳会談のフォローアップの一環として,インフラ整備,防災,ダウェー開発に関する日タイ・ワーキンググループ調整委員会会合が開催されました。
  2. この会合には,日本側から外務省のほか,内閣府,総務省,経済産業省,国土交通省,在タイ日本大使館等の関係者が,タイ側から外務省,内務省,国家経済社会開発庁,情報通信技術(ICT)省,運輸省,科学技術省等の関係者が,それぞれ出席しました。会合では,日本側は,大鷹正人在タイ日本国大使館公使,タイ側は,トンチャイ・チャーサワット・タイ外務省東アジア局次長が議長を務めました。
  3. 会合において,双方は,タイにおける人工衛星,ICT,鉄道等のインフラ整備について,具体的な案件の実現に向けて引き続き協力していくことで一致しました。また,2011年のタイにおける洪水被害を踏まえ,洪水対策国際コンペについて意見交換を行うとともに,防災分野での協力の重要性につき一致しました。ダウェー開発に関しては,今後とも緊密に意見交換をしていくことで一致しました。
  4. ワーキンググループ関連の会合は,今後も双方の都合の良い時期に随時,開催される予定です。

(参考)ダウェー開発計画
 ダウェー開発計画は,ミャンマーのヤンゴンから南東400キロにあるダウェーの沿岸部の土地を経済特区とし,同地に深海港,工業団地,タイ国境に繋がる道路・鉄道等を建設するもの。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る